リアルETの英語学習 高校入試&TOEIC

アクセスカウンタ

zoom RSS Haiku in English on Sunday (246) 汽罐車の煙鋭き夏は来ぬ

<<   作成日時 : 2017/05/07 08:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 2

日曜日は俳句の紹介と英訳。
今年は5月5日のこどもの日が立夏でした。暦の上では夏です。
確かに,ゴールデンウィークには半袖でもいい日がありました。

俳句の季語としては「立夏」「夏立つ」「夏に入る」「夏来(きた)る」
などがあります。気象学的には6月からが夏だとか。

現在,毎週木曜日にNHKラジオ第2放送のカルチャーラジオで
「俳句の変革者たち 正岡子規から俳句甲子園まで」を聞いています。
画像


正岡子規によって提唱された「俳句」がどのように発展し,
時代を刻んできたのか,毎回おもしろく聞いています。

先日5月4日の放送では,山口誓子が都市の情景を切り取った
連作「大阪駅構内」が取り上げられました。

その中の一句です。

汽罐車の煙鋭き夏は来ぬ  山口誓子
(きかんしゃのくむりするどきなつはきぬ)

山口誓子を取り上げるのは4度目になると思います。
東大法学部卒。明治,大正,昭和,平成を生きた俳人。
画像


ラジオのテキストで取り上げられた連作「大阪駅構内」の句は・・・

夏草に汽罐車の車輪来て止る
汽罐車の煙鋭き夏は来ぬ
汽罐車の車輪からからと地の旱(ひでり)
夏の川汽車の車輪の下に鳴る


最も有名なのは最初の「夏草に汽罐車の車輪来て止る」で
小学校や中学校の国語でも取り上げられます。

過去に一度記事にしたことがあります。 → こちら
(おかげさまでアクセスが1000を越えました。)

さて,今日の一句ですが,昭和8年の作です。
作者は大阪駅にいました。

駅に煙をはきながら汽罐車が入ってきました。
(「機関車」は蒸気,電気,ディーゼルなどで走る鉄道車両。
「汽罐車」は蒸気で走る機関車。)
画像


汽罐車の煙鋭き夏は来ぬ

春は「かすみ」や「おぼろ」という言葉で形容されるように,
空気がはっきりしません。

でも,作者は汽罐車の煙の輪郭が「鋭く」「はっきり」見えたところに
「夏」を感じました。


誓子の一見何気ない表現に隠れている観察眼に脱帽です。


では,英訳してみます。

汽罐車の煙鋭き夏は来ぬ  山口誓子

Shape of a cloud from
A steam locomotive is clear
Summer has come!



半袖,だそうかな。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

 「汽罐車」も、「steam locomotive」の訳語としてよく言い当てているなあ、と感心しています。

 今日あたりは半袖でもよいかもしれませんね。
 毎朝着てゆくものに迷うような季節になりました。
あきあかね
2017/05/08 08:21
あきあかねさん
こんばんは。返事が遅くなりました。
昼は半袖でも過ごせますね。さすがに夜は寒いですが。ただ油断するとまた寒さが戻ります。それに梅雨もあるしなあ。
リアルET
2017/05/10 00:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
Haiku in English on Sunday (246) 汽罐車の煙鋭き夏は来ぬ リアルETの英語学習 高校入試&TOEIC/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる