リアルETの英語学習 高校入試&TOEIC

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ニホニウム」「ナトリウム」

<<   作成日時 : 2017/07/27 12:56   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 2

昨年,113番元素が正式に認められ,発見国の日本にちなみ
「ニホニウム」と名付けられました。
日本だけではなく,アジア初の快挙だそうです。
画像


こちらは記者会見をする九州大学森田浩介教授。
嬉しそうです。
画像


候補としては,賭けの対象なども含めるといろいろあったそうで,
「ジャパニウム」「ジャポニウム」「アマテラシウム」「ゴジリウム」
ではなく,「ニホニウム」に落ち着きました。

元素を発見した国を見てみると,
圧倒的にアメリカを含める西洋がその中心だということがわかります。
画像



ここからは,私の勤務校の話。

理科の先生が,この「ニホニウム」の話をすると・・・
一人の生徒が言いました。

「先生,じゃあナトリウムは名取の人が見つけたんですか?」

おそらく宮城県の人しかわからないと思います(笑)。

宮城県には仙台に隣接する「名取市」があります。
画像


「ナトリウム」はご存知11番元素。
画像


もちろん,「ナトリウム」と「名取市」は無関係です(笑)!
画像



最後に豆知識をかねた英語学習です。

「ナトリウム」はドイツ語です。英語では sodium と言います。
画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

 「ナトリウム」を名取市に結び付けるあたり、さすが仙台の中学生だなあ、と…(笑)

 たしか、「ナトリウム」も「ソディウム」も、ラテン語由来だったと思うのですが、英語の「ソディウム」の方は、「苛性ソーダ」や「炭酸ソーダ」等の日本語の由来になっていましたね。
 ただし、ちょっと似た発音の「サイダー」は、リンゴ酒を意味する英語の「cider」からでしたけど。
あきあかね
2017/07/28 08:35
あきあかねさん
おはようございます。
「ナトリウム」の話は聞いたとき笑ってしまいました。
Sodiumが一般的な名前のようですね。イギリス人が発見したのに,なぜドイツ語から元素記号が「Na」になってしまったのでしょう? 日本の学生にとってはナトリウムの「Na」というのは覚えやすいですが。
リアルET
2017/07/29 06:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ニホニウム」「ナトリウム」 リアルETの英語学習 高校入試&TOEIC/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる