リアルETの英語学習 高校入試&TOEIC

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ドレミの歌」(1) ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・ティ?

<<   作成日時 : 2017/07/31 20:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 2

1カ月ほど前に書こうかと思っていたことを書きます。
それは「ドレミの歌」にまつわる様々なこと。
映画「サウンド・オブ・ミュージック」を見た人ならわかると思いますが,
山上での「ドレミの歌」のシーンはとても印象的です。
画像


以前音楽の先生とこの映画の話をしていて,
「あちこち逃げながら,歌を歌う映画でしょ」と言ったら,
あきれかえられました(笑)。

映画は1965年公開ですが,もともとは1959年のミュージカル作品
「ドレミの歌」(Do-Re-Mi)を含めた名曲の数々。
オスカー・ハマースタイン2世作詞,リチャード・ロジャース作曲。
画像


こちらは映画での場面。主人公を演じるジュリー・アンドリュースが
子どもたちに「ドレミ」(Do-Re-Mi)を教えます。



Let's start at the very beginning
A very good place to start
When you read you begin with
A-B-C
When you sing you begin with do-re-mi
Do-re-mi
Do-re-mi
The first three notes just happen to be
Do-re-mi
Do-re-mi
Do-re-mi-fa-so-la-ti
Oh, let's see if I can make it easier


ものごとは最初から始めるのがいいわね。
読み方の最初は・・・ABC。
歌い方の最初は・・・ドレミ。
最初の3つの音階はドレミ。
ドレミファソラシ・・・
もっと簡単に覚えられるかも。

(Do) Doe, a deer, a female deer
(Re) Ray, a drop of golden sun
(Mi) Me, a name I call myself
(Fa) Far, a long long way to run
(So) Sew, a needle pulling thread
(La) La, a note to follow sew
(Ti) Tea, I drink with jam and bread
That will bring us back to do
.

ドはシカ。メスのシカね。
レは光線(レイ)。輝く太陽のしずく。
ミは私(ミー)。自分を呼ぶときの名前。
ファは遠く(ファー)。走っても長い長い道。
ソは縫い物(ソー)。針と糸。
ラはソの次ね。
シは紅茶(ティー)。ジャムを塗ったパンのお供に飲むの。
さあ,ドに戻るわよ。



ここで「あれ?」と思う人もいるはず。

「ドレミファソラド」なのに「Do Re Mi Fa So La Ti Do」になっています!

もともと音階を「ドレミ」で表すのはイタリア語やフランス語です。

日本語では音階を「ハニホヘトイロハ」で表記します。
英語では「CDEFGABC」で表記します。

オーストラリア人のALTに学生時代に音階をどう習ったか聞きました。
すると・・・
「ドレミの歌は知っているけど,学校では音階はドレミを使わない。
音階はCDEF・・・で表す」
と言っていました。

イタリア語ではこのように表します。

Do (ド) Re (レ) Mi (ミ) Fa (ファ) Sol (ソ) La (ラ) Si (シ) ・・・

Wikipedia の「音名・階名表記」にはこう書いてあります。

「sol(ソ)とsi(シ)がともにsで始まるため,頭文字での略式表記が不便である。そのため英語ではsiをtiとする。これにより,ドレミファソラシの頭文字だけをdrmfsltと略して書くことが可能になる。」

「ソ」と「シ」がともに「s」で始まるため,
「シ」を「ティ」にしたほうが好都合なんですね。



さて,「ドレミの歌」と言えば,どんな歌詞を思い浮かべますか?

♪「ドはドーナツのド・・・」ですか?
でも,日本語のドレミの歌はそれだけなんでしょうか?

次回以降に続きます!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

 日本では「Cm(シー・メジャー)」を「ハ長調」と言いますね。あと、「ト音記号」とか…
あきあかね
2017/08/01 08:30
あきあかねさん
こんばんは。あるピアノの先生は小さい子どもに「ドレミ」ではなくて「ハニホヘト・・・」で教えていたので,このほうがゆくゆくは役に立つのかなあなんて思っていました。
リアルET
2017/08/02 00:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ドレミの歌」(1) ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・ティ? リアルETの英語学習 高校入試&TOEIC/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる