リアルETの英語学習 高校入試&TOEIC

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ドレミの歌」(10) 7つの日本語バージョン総まとめ

<<   作成日時 : 2017/08/11 15:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4

これまで「ドレミの歌」の日本語版について9回書いてきましたが,
せっかくなので,まとめてみます。
(Wiki---にも間違いや足りないところがあるようです。)

では,以下がまとめです。敬称などは省略します。

1959年11月16日
ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」(The Sound of Music )ブロードウェイ公演開幕。リチャード・ロジャース作曲,オスカー・ハマースタイン2世作詞,ハワード・リンゼイ,ラッセル・クラウス脚本。メアリー・マーティンとセオドア・ビケル主演。
画像


物語はオーストリア出身のマリア・フォン・トラップによる自叙伝「トラップ・ファミリー合唱団物語」(The Story of the Trapp Family Singers)をもとにしている。

「エーデルワイス」,「私のお気に入り」,「すべての山に登れ」,「ドレミの歌」,表題曲「サウンド・オブ・ミュージック」など劇中の多くの曲がスタンダードとなっている。

「ドレミの歌」はその中の1曲。元々の歌詞は以下のとおり。

(Do) Doe, a deer, a female deer
(Re) Ray, a drop of golden sun
(Mi) Me, a name I call myself
(Fa) Far, a long long way to run
(So) Sew, a needle pulling thread
(La) La, a note to follow sew
(Ti) Tea, I drink with jam and bread
That will bring us back to do.


ドはシカ。メスのシカね。
レは光線(レイ)。輝く太陽のしずく。
ミは私(ミー)。自分を呼ぶときの名前。
ファは遠く(ファー)。走っても長い長い道。
ソは縫い物(ソー)。針と糸。
ラはソの次ね。
シは紅茶(ティー)。ジャムを塗ったパンのお供に飲むの。
さあ,ドに戻るわよ。



1960年(昭和35年)
ペギー葉山がブロードウェイで「サウンド・オブ・ミュージック」を観劇。感銘を受け,劇場の売店で譜面とオリジナルLPを購入。ホテルで1番の訳詞を手がけ,日本に持ち帰る。

1962年(昭和37年)
NHKの「みんなのうた」で使用される。
同年7月10日には東京少年合唱隊のバックコーラスがついたペギー葉山再録音版が「ドレミのうた」の曲名でシングル「大人とこども」(キングレコード)のB面曲として発売される。
画像


ドはドーナツのド
レはレモンのレ
ミ−みんなのミ
ファ−ファイトのファ
ソは青い空
ラはラッパのラ
シはしあわせよ
・・・


同じころ,宮城まり子歌唱「ドレミの唄」(岩谷時子日本語訳)がLP「まり子のミュージカル」に収録される。
第13回紅白歌合戦で宮城まり子が「ドレミの唄」を歌唱。なお,ペギー葉山は「トゥナイト」(ウェストサイド物語)を歌唱。

1963年(昭和38年)
7月,宮城まり子版「ドレミの唄」(ビクター)がシングルカットされる。
画像


ド あまいドロップのド
レ れんげの花
ミ みなさんのミ
ファ 部屋のソファー
ソ その次はラ
ラ ライオンです
シ これでおしまいさぁ はじめのドからよ
・・・


1965年(昭和40年)
1月に開始された東宝ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」の日本公演では,若谷和子訳が使われる。会場は芸術座,主演は淀かほる・高島忠雄。公演とほぼ同時期の2月に淀かほるの歌唱による「ドレミの歌」(日本コロムビア)が発売される。その後,キャストを変えて再演が繰り返される。
画像


映画版「サウンド・オブ・ミュージック」はこの年3月2日に全米公開。
アメリカから約3か月後の6月に日本公開。

これは,映画の中の「ドレミの歌」のシーン。
画像


この年10月頃に発売されたビクターミュージックブック「サウンド・オブ・ミュージック」と題されたソノシートで,A面にはロミ山田歌唱「サウンド・オブ・ミュージック」と鈴木雅彦歌唱「エーデルワイス」,B面には田代美代子の歌唱による「ド・レ・ミの歌」が収録。これも若谷和子による日本語詞で東宝ミュージカルと同じ歌詞。
画像


淀かほる,田代美代子バージョン

ドはドラムのド
レはレンズのレ
ミはミルクのミ
ファはファンファーレ
ソはソファーのソ
ラはランプのラ
シは白い花
・・・


10月,九重佑三子歌唱「ドレミのうた」(萩原芳子日本語訳)が発売。シングル「チム・チム・チェリー」(東芝)のB面曲。
画像


ドはどこまでも
レはれんげ草
ミはみずうみの
ファはファンタジー
ソは空遠く
ラはラララララ
シは白い雲
きのう見た夢〜


11月,ペギー葉山歌唱「ドレミの歌」(キングレコード)発売。映画が公開されたために再録音した。B面には同じ「サウンド・オブ・ミュージック」から「ひとりぽっちの羊飼い」を収録。
画像


1972年(昭和47年)
フジテレビの番組「オールスター家族対抗歌合戦」でオープニングテーマにこの曲が使用されたが,歌詞は番組オリジナルの日本語詞。
画像


ドはどんな家族でも
レは練習して
ミはみんな楽しく
ファはファイトでね
ソは空高く
ラはララララと
シは幸せに
家族と共に〜
さあ,歌合戦・・・


1974年(昭和49年)
宮城まり子のために日本語歌詞を書いた岩谷時子は,深い友情で結ばれた越路吹雪のために別の「ドレミのうた」を書く。9月の日生劇場・ロングリサイタルの1曲として書いたもので,歌詞は食べ物にこだわった歌詞になっている。
この「ドレミのうた」は越路吹雪のLP「ようこそ劇場へ −越路吹雪ロング・リサイタル−」(東芝)に収録される。
画像


ドはドーナツのド
レはレモンのレ
ミはミルクのミ
ファはファンタのファ
ソはそらまめ
ラはラムネのラ
シはしあわせ
・・・


1977年(昭和52年)
映画版でマリアを演じたジュリー・アンドリュースが来日コンサートで「ドレミの歌」を歌った際,途中からペギー葉山版の日本語詞を披露

この動画の開始6分くらいから約1分間です。
本家が歌う日本語版「ドレミの歌」と会場の反応をお楽しみください!


1988年(昭和63年)
春風ひとみの主演で宝塚歌劇団が上演。(歌詞については不明)

1991年(平成3年)
世界名作劇場「トラップ一家物語」の主題歌にペギー葉山版「ドレミの歌」が使われる。
画像


こちらが,その主題歌。



1992年(平成4年)
この年からのミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」日本公演では,宮本亜門による新たな日本語詞が使われる。大地真央による主人公マリア役が定着。
1999年ライブCD発売。大地真央,古谷一行,今陽子主演,宮本亜門訳詞によるミュージカル。
画像


ドはドラム(雷はドラム)
レはレモンシャーベット
ミはミー そう,アイマイミー
ファはファンファーレ
ソ 広がる空
ラ 吠えるライオン
シ 白いエーデルワイス
・・・


2007年(平成19年)
劇団スイセイ・ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」初演。ペギー葉山が修道院長役で出演し,はじめてペギー葉山版の歌詞が使用される
ポスターの修道院長がペギー葉山さんですね。
画像


2010年(平成22年)
劇団四季「サウンド・オブ・ミュージック」上演でペギー葉山版の歌詞が使用される。
この劇団四季のCM動画には「ドレミの歌」のシーンもありますよ。



2015年(平成27年)
5月2日に発売された「サウンド・オブ・ミュージック 製作50周年記念版 ブルーレイ・コレクターズBOX」<5枚組>(5,000セット完全数量限定)と「サウンド・オブ・ミュージック 製作50周年記念版」ブルーレイにはテレビ放映版も含めた全ての吹替が収録されている。
製作50周年記念版は製作40周年記念版から主要キャスト3名の吹き替えを置き換えたもの。

50周年記念版の主人公マリアの吹き替えは平原綾香
「ドレミの歌」はペギー葉山版です。



最後にまとめです。

替え歌の「オールスター家族対抗歌合戦」のオープニング曲を除く,
歌手で7名,作詞家では5名のそれぞれの「ドレミファソラシ」を
まとめたものです。(クリックで拡大)
画像



長かったこのシリーズ記事にお付き合いいただきありがとうございました。

残るはあと1つのおまけ記事です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
リアルET先生、すごいです!これだけの情報をおまとめになるとは!私はペギー葉山さんバージョンしか知りませんでしたので、勉強になりました。
夢佳
2017/08/11 20:45
夢佳さん
こんばんは。毎回記事を書きながらワープロソフト上に年代順にコピペしておいたり,またはその逆をやったりして,少しずつ書いてきました。
今回はジュリー・アンドリュースさんが日本語で歌った動画を見つけたときは嬉しかったです。彼女が世界に広めたこの歌が,この日本でこんなに愛されています。
これまで読んでいただき,ありがとうございます。おまけの記事は明日公開します。(もう書き終わっているのですが。)
リアルET
2017/08/11 21:04
おはようございます。

 今回のシリーズ、大変勉強になりました。
 これだけ長い事愛されているミュージカルなんですね。それに、いま上演しても決して古さを感じさせない。名作だと思います。
あきあかね
2017/08/12 08:44
あきあかねさん
こんにちは。映画が名作なのはもちろん、二年前に劇団四季のライオンキングを見に行ったときの写真に「サウンド・オブ・ミュージック」の旗(幟?)も写っていました。ぜひ、舞台も見てみたいです。
リアルET
2017/08/12 12:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ドレミの歌」(10) 7つの日本語バージョン総まとめ リアルETの英語学習 高校入試&TOEIC/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる