リアルETの英語学習 高校入試&TOEIC

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ドレミの歌」(4) 淀かほるさん編

<<   作成日時 : 2017/08/04 17:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

前回は「ドレミの歌」を紅白歌合戦で歌ったことがあるのは,
「ドーナツのド」を自分で作詞したペギー葉山さんではなく,
宮城まり子さんだったことを書きました。しかも,歌詞は・・・
「ド あまーいドロップのド」(岩谷時子作詞)でした!

今日の別バージョンは「ドーナツ」でも「ドロップ」でもありません(笑)。

もともと「ドレミの歌」はミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」の
劇の中で歌われた1曲。

前回の宮城まり子さんの「ドレミの唄」もそのミュージカルから
日本語に岩谷時子さんが訳したもの。(映画公開前の話です。)

ブロードウェイのミュージカルですが,日本では1965(昭和45)年1月
東宝ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」として日本公演
が始まりました。(映画はこの5カ月後に日本公開。)

会場は芸術座で,主演は淀かほる・高島忠雄の2人
画像


そして,公演とほぼ同時期の2月に淀かほるさん歌唱「ドレミの歌」
(日本コロムビア)が発売されました。
画像


このとき歌われた「ドレミの歌」の歌詞は若谷和子(わかやかずこ)氏
によるもの。若谷さんは昭和18年生まれの児童文学作家。
画像


気になる歌詞ですが・・・


ドはドラムのド
レはレンズのレ
ミはミルクのミ
ファはファンファーレ
ソはソファーのソ
ラはランプのラ
シは白い花
・・・


ついに「ド」は「ドーナツ」「ドロップ」の食べ物から離れました。

シの「白い花」はおそらくこれも劇中歌の「エーデルワイス」のこと
なんじゃないかと,勝手に想像しています。
画像



つづく・・・


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

 このポスター、うっすらと記憶があるのですが、モノクロっぽい記憶なので、雑誌の記事かなんかだったのかもしれません。歌詞の方はまるっきり初見です。
あきあかね
2017/08/05 08:30
あきあかねさん
おはようございます。東宝が進めたミュージカルではオリジナルなものが作られ,若谷和子さんが担当したようです。
すでに「みんなのうた」のペギー葉山版はNHKとの関係もあったのでしょうか。また「ドはシカ,メスのシカ」と歌っても意味が分かりません(笑)。そこでオリジナルなものになったのでしょうか。
早速ですが,次の記事も公開します。コメントありがとうございます。
リアルET
2017/08/05 09:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ドレミの歌」(4) 淀かほるさん編 リアルETの英語学習 高校入試&TOEIC/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる