リアルETの英語学習 高校入試&TOEIC

アクセスカウンタ

zoom RSS ドーナツの話(1) doughnut? donut?

<<   作成日時 : 2018/06/19 06:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4

大阪の地震については職場で知り,驚きました。
被災された方々に心からお見舞い申し上げます。
今週のために書きためておいた記事をそのままアップします。

今週はドーナツのことについて書こうと思っています。
ドーナツはそれほど好んで食べるわけではありませんが,
食べたくなったときは,お土産を口実に数種類買って帰ります。
画像


最近,中学2年生の教科書を見ていて,ふと思ったことがあります。
これは落語の「まんじゅうこわい」を英語版にした「ドーナツこわい」
画像


「ドーナツ」を donut と表記していますが,
もう1つ doughnut という書き方もあります。

donut と doughnut の違いは何でしょう?

ロングマン英英辞典を見てみましょう。

doughnut
a small round cake, often in the form of a ring
(小さくて丸い菓子,多くは輪の形をしている)


donut  especially American English
another spelling of doughnut
(特にアメリカで, doughnut のもう1つのつづり)


これを見ると,一般的には doughnut,
アメリカ英語で, donut
ということになります。

教科書はアメリカ英語中心に編集されています。
ですから,イギリスやオーストラリアからのALTはときどき
文句を言っています。

もう少し,ネット上から英語の文章で見てみましょう。

The dictionary-approved spelling for the ring-shaped cake made of dough and fried in fat is doughnut. The shortened donut has been around since the late 1800s, but it wasn't popularized until the late 20th century, when the successful American doughnut chain Dunkin' Donuts made it ubiquitous. Today, writers outside the U.S. still favor doughnut by a wide margin. Donut appears about a third of the time in published American writing.

パン生地(dough)で作られ,油で揚げたリング状の菓子を表す,辞書が認めたつづりは「doughnut」です。それを短くした「donut」は1800年代の後半から見られるようになりましたが,アメリカのドーナツ・チェーンのダンキン・ドーナツが成功をおさめ,あちこちで見られるようになった20世紀の後半までは一般的ではありませんでした。今日,アメリカ以外では,今でも「doughnut」と書く人のほうがかなりの差をつけて多くいます。「donut」という書き方は,アメリカの出版物では約3分の1の頻度で見られます。


なるほど。ダンキン・ドーナツの成功が donut というつづりを
広めるのに,一役買った
のですね。
画像


ただ,残念ながら1998年にダンキン・ドーナツは日本から撤退。
後発のミスタードーナツに市場を奪われたのです。
画像


ミスタードーナツも donut を使っています。

他にも見てみると・・・

これはシカゴにあるドーナツ屋の店舗。(doughnut)
画像


カナダ。(doughnut)
画像


オーストラリア。(doughnut)
画像


コペンハーゲン。(donut)
画像


結局は,doughnut が伝統的で主流だけど,
アメリカの大手が donut を使って世界に広めたということでしょう。

オーストラリア人のALTはオーストラリアではどちらもよく使うと
言っていました。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

 ニュース映像で見たあの事件現場、崩れたブロック塀の下には、通学路の緑のペイントがしてありました。昭和53年の宮城県沖地震の教訓が生かされていないことに驚愕しました。
 さきほどの朝のニュースでは、かくいう仙台でも、まだ危険なブロック塀が50か所余り残っていることが報じられていました。行政というものはなかなか前に進まないものなんですね。

 話変わって、ドーナッツ。昔は好きでよく買って帰ってきたのですが、最近は1年に2〜3回かな?
 ドーナッツの綴りの違いには気づいていませんでした。勉強になりました。
あきあかね
2018/06/19 08:33
大阪北部地震は直下型地震の典型ですね。エネルギーは阪神淡路地震の何十分の一とか。どちらも我が家の近くでは震度4でした。余震、というか本震というかここ1週間ほどが怖いです。
のぶちゃん
2018/06/19 13:14
あきかあねさん
おはようございます。私もあの宮城県沖地震を思い出しました。そんな危険なブロック塀がまだ存在していたことに驚きます。あの教訓はなんだったのでしょうか。
今週はドーナツの話を書いていきます。
リアルET
2018/06/20 06:41
のぶちゃんさん
おはようございます。
最初にのぶちゃんさんのことが頭に浮かびました。(大阪の地理はよくわからないのですが)
連絡いただいてありがとうございます。ご無事で何よりです。余震にお気をつけください。
リアルET
2018/06/20 06:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドーナツの話(1) doughnut? donut? リアルETの英語学習 高校入試&TOEIC/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる