ハーメルンの笛吹き男(2) The Pied Piper of Hamelin

前回はドイツのグリム兄弟が1816年に書いた「ドイツ伝説集」から「ハーメルンの笛吹き男」について書きました。 本来は「ハーメルンの子どもたち」という名前ですが,日本では前述の名前でよく知られています。 一方,英語圏ではロバート・ブラウニングが1849年に書いた「詩」の 「ハーメルンのまだら色の服を着た笛吹き」 The Pie…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ハーメルンの笛吹き男(1) グリム童話

ヤーコブとヴィルヘルムのグリム兄弟はドイツに伝わる昔話をまとめ,1816年と1818年に「ドイツ伝説集」全2巻を出版しました。 第1巻に収められた第245話は日本では「ハーメルンの笛吹き男」という名前でよく知られています。 これは私の夏休みの自由研究として(笑),図書館から借りた本と私が持っている本です。 このお話について…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

マッチとライター どちらが先?

先週,いわゆる旧盆には実家へ帰り仏壇に線香をあげました。 線香にはろうそくで火をつけるのがマナーのようです。また宗派によって線香を立てる,寝かすとか,折る,折らないとかいろいろあるようです。 ろうそくに火をつけるのはマッチ,ライターどちらでもいいのでしょうか? あるいは風の強い日のお墓ではどうしたらいいのでしょう? まあ,…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (365) 秋風や書かねば言葉消えやすし

日曜日は俳句の紹介と英訳。 猛暑は続いていますが,暦の上で秋を過ぎると,虫も鳴くし,今朝あたりは朝の空気は秋を感じさせるものがありました。 あと数日で新学期や授業再開の学校もあります。 今週は白川郷に行ったことを書きましたが,こんな一句があります。 秋風よ菓子をくれたる飛騨の子よ  野見山朱鳥 ただ,お菓子をも…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

ちょっとだけモン・サン・ミシェル

世界遺産の富士山と白川郷について今週書いたので,ついでに世界遺産のことを書きます。 私がこれまで行ったことがある世界遺産は(後に登録されたものも含めて)・・・ 法隆寺地域の仏教建造物,姫路城,古都京都の文化財,白川郷・五箇山の合掌造り集落,原爆ドーム(負の世界遺産),厳島神社,古都奈良の文化財,日光の社寺,平泉,富士山,明治日本…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

福島県 大内宿

前回は世界遺産に登録されている白川郷について書きました。 行く前は,山の奥深い集落に合掌造りの家屋が建ち並んでいるのかと思いましたが,そういうわけでもなく,庄川という1つの川を隔てて昔ながらの集落を守っているという印象でした。 江戸時代や明治期に建てられた茅葺き屋根の合掌造り家屋は,それはもう見事で,その内部もまた素晴らしい…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

世界遺産 白川郷

前々回,いろいろな富士山の風景について書きましたが,富士山は2013年に世界遺産に登録されました。 今回は念願かなって,もう1つの世界遺産に行くことができました。 その目的地とは,早い段階から世界遺産に登録された岐阜県「白川郷」。 駐車場までの渋滞は大変でしたが,1度車を置いてしまえば,あとは散策。 白川郷観光の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

飛騨古川 ちょっとだけ「君の名は。」聖地巡礼

前回書いた,甲府を後にして向かったのは岐阜県飛騨古川(飛騨市古川町)。 次の目的地の途中にあるので,立ち寄りました。 これは2016年公開の映画「君の名は。」。劇場で見ました。 君の名は。 実はこの飛騨古川の景色は「君の名は。」で多く使われているんです。 詳しくは,そのようなサイトを立ち上げている人にお任せするとして,…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

富嶽六景

前回の記事の写真に富士山が写っていましたが,休日を利用して家族に富士山を見せに行きました。 というのは,数年前に富士山を見せようと旅行に出かけたときは,富士五湖を巡ろうが,5合目まで登ろうが,静岡側でも1泊しようが,全く富士山は雲に隠れて姿を見せなかったからです(笑)。 今回はそのリベンジです。 遊園地についたときは,富士山は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「絶叫マシーン」クイズ

今、祝日を含む連休を利用して遠出しています。 昨日はある遊園地でいわゆる絶叫マシーンを楽しみました。 いきなりですが、クイズ(なぞなぞ)です。 下の絶叫マシーンは8人乗りです。 この中で「助けて~!」と叫んだのは何人でしょう? わかりますか? 答えはこの下。 答えは・・・ 「助けて~」と叫ん…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (364) 天の川由々しきことに臍がある

日曜日は俳句の紹介と英訳。 4度にわたり宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」について書いてきましたが,この物語は先生のこんな質問で始まります。 「ではみなさんは,そういうふうに川だと言いわれたり,乳の流れたあとだと言われたりしていた,このぼんやりと白いものがほんとうは何かご承知ですか」 これは「銀河」とも呼ばれる「天の川」の正体は何か?…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

2つの「銀河鉄道の夜」(4) 初期形と最終形

現在市販されている宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の文庫本には様々なバージョンがあり,それは賢治が改稿を重ねた結果であることを書きました。 一般的には第一次稿から第三次稿までを「初期形」,第四次稿を「最終形」と呼んでいます。 この本には2つの「形」が入っているようです。 おや,「初期形」に「ブルカニロ博士篇」とあります。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2つの「銀河鉄道の夜」(3) 新潮文庫編

宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」は名作であることには違いないのですが,どの本で読んだかによって印象は異なってくると思います。 現在,多くの書店ですぐに手に入る文庫本が新潮文庫ではないかと思います。 でも,新潮文庫には2つの「銀河鉄道の夜」が収められています。 1つは「新編 銀河鉄道の夜」,そして「ポラーノの広場」です。 「新編…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

2つの「銀河鉄道の夜」(2) なぜ複数の版?

前回,宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」が新旧の角川文庫において内容が異なることを書きました。 では,他の文庫本ではどうなっているのか,とりあえず私が持っている本について見てみます。 まずは前回の2つの角川文庫から。 それぞれ何を底本として用いたかを見てみます。 表紙に人の絵がかいてあるほうの旧版は昭和44年初版。 解…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2つの「銀河鉄道の夜」(1) 新旧角川文庫

仙台では今年も月後れの七夕祭りが開かれています。 三越ティファニーのショーウィンドー前にも手作りの飾り。 七夕は中国を起源とする星祭です。 星祭と言えば宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」は星祭の日の物語です。 序盤にこんな文章があります。 ジョバンニが学校の門を出るとき,同じ組の七八人は家へ帰らずカムパネルラをまん中にして…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

この島には1日おきに船が来る!?

いきなりですが,次の文はそれぞれどんな意味でしょう? ①このパネルは1秒おきに画像が変わる。 ②電車は1分おきに来る。 ③この島には1日おきに船が来る。 ①と②はそれぞれ「1秒ごと」つまり「毎秒」,「1分ごと」つまり「毎分」という意味でとらえた人が多いのではないでしょうか。 (②は画像がちょっと強引です…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「ぐっすり」の語源は Good Sleep ?

暑く寝苦しい夜が続いています。25度を下がらないと「熱帯夜」と呼ばれます。 そんな中でも,扇風機やエアコンをうまく使えば「ぐっすり」眠ることができます。 ところで,この「ぐっすり」,語源が英語の good sleep だという説があるようですが,本当でしょうか。 確かに I had a good sleep. …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (363) 人間に火星近づく暑さかな

日曜日は俳句の紹介と英訳。 8月に入って暑い日が続いていますが,間もなく8日には立秋を迎えます。 ということはこんなに暑いのに,今年最後の夏の句でしょうか。 人間に火星近づく暑さかな  萩原朔太郎 (にんげんにかせいちかづくあつさかな) 詩人・萩原朔太郎の句について書くのは2度目だと思います。 「萩原朔太郎全集」所収…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「天地無用」ってひっくり返していいのか,いけないのか?

前回,「四字熟語」について書きましたが,「天地無用」という言葉があります。 これは確かに漢字4字でできていますが,厳密には四字熟語ではありません。 業界用語だった言葉が昇格?し,岩波国語辞典をはじめ多くの辞書が載せています。 この本によると,運送業界の流通用の箱に書かれていたり貼られていたこの言葉,辞書にまで載っているのは…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「四字熟語」という四字熟語

前回「竹馬之友」という中国の故事にちなむ「四字熟語」について書きました。 じつは「四字熟語」という言葉は一般的な国語辞典に載っていないって知っていましたか? これは代表的な国語辞典「岩波国語辞典」。 「よじげん」と「よしず」の間には「よじじゅくご」はありません。 同じ岩波でも広辞苑には載っていますが,やっと第6版…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more