Haiku in English on Sunday (514) なんとけふの暑さはと石の塵を吹く

日曜日は俳句の紹介と英訳。 昨日は本当に暑い1日で,群馬県では40度を超えたところもあるようです。 今日もまた暑くなるそうで,熱中症には要注意です。 これって6月の気温ですか!? なんとけふの暑さはと石の塵を吹く  上島鬼貫 (なんときょうのあつさはといしのちりをふく) 「よくわかる俳句歳時記」より。…
コメント:2

続きを読むread more

スマホの復活

短い記事です。 自分が使っているスマホ(アンドロイド)が充電できなくなりました。 コードを代えても,いろいろやってもダメです。 どうしようもないので,とりあえず電源を切りました。 すると,今度は電源が入りません。 どこを押してもうんともすんとも言いません。 打つ手がない,これはショップに持っていくしかないとあ…
コメント:0

続きを読むread more

赤ちゃん用 紙おむつの名前の秘密?

先日,NHKのラジオの「高橋源一郎の飛ぶ教室」を録音して聴いていました。 この番組は作家の高橋源一郎さんが「ヒミツの本棚」というコーナーで気になっている本を紹介するのですが,先日はちょっと長いタイトルの本を紹介しました。 それは川原繁人氏の「音声学者、娘とことばの不思議に飛び込む〜プリチュワからカピチュウ、おっけーぐ…
コメント:2

続きを読むread more

伊達政宗と茶碗

これは仙台の何気ないスナップ写真。 木と建物の間に何か見えませんか? 拡大すると,全面覆われた青葉城址の伊達政宗像が見えます。 ネット上の写真ではこうなっています。覆いの上に政宗の兜が見えますね。 最近も石川県で震度6の地震がありましたが,こちらも3月16日深夜の地震により,伊達政宗騎馬像の馬…
コメント:2

続きを読むread more

中学の教科書に alright

今日も教科書からの話題です。 言葉は時代とともに変化していくものですが,教科書にもその傾向を見ることができます。 現在の中学3年生の英語の教科書に,英語の詩は韻を踏むことの説明に,ビートルズの A Hard Day's Night の歌詞が紹介されています。 alright は all right を短くし…
コメント:2

続きを読むread more

英語の新常識(3) 「インターネット」の英語表記

4月初めに書いた記事の続きですが,先延ばしになってしまいました。 これは令和3年から使われている中学校の英語の教科書から。 「インターネット」は小文字で internet。 ところが,それ以前までの教科書では大文字で始まる Internet でした。 これはどういうことかというと,「インターネット」と…
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (513) 分け入つても分け入つても青い山

日曜日は俳句の紹介と英訳。 前回,現在の中3の英語の教科書に俳句と芭蕉が好きなALT,マイク・ベーカー先生が登場することを書きました。 一方,国語の教科書では現代俳句5句と芭蕉の「おくのほそ道」が学習内容として入っていて,英語とリンクした形になっています。 新しい国語 3 [令和3年度] (中学校国語科用 文部科学省検定済…
コメント:2

続きを読むread more

教科書は楽し 人物再登場

現在,多くの学校で採用されていると思われる東京書籍の英語の教科書 NEW HORIZON の話。 NEW HORIZON English Course 3 [ (中学校外国語科用 文部科学省検定済教科書) 中3の教科書に新しいALTとしてマイク・ベーカー先生が登場します。 中3から登場するなんて,珍しいケースですが・・・。…
コメント:2

続きを読むread more

松川温泉と地熱発電

前回まで八幡平の絶景,ドラゴンアイについて書きましたが,ドラゴンアイを見た後は,八幡平樹海ラインを下り,松川温泉に行きました。 松川温泉の日帰り入浴が今回のもう1つの目的です。 松川温泉はたぶん3つ有名な温泉があるのですが,これが松川荘。 こちらが,今回日帰り入浴を楽しんだ峡雲荘。 白濁したお湯がこの…
コメント:2

続きを読むread more

絶景 八幡平ドラゴンアイを求めて(7) ニュースから

先週11日に「ドラゴンアイ」は開眼し,それを見ることはできました。 私は朝早い時間帯でしたが,観光客はものすごい数で,渋滞も起きたことでしょう。 これは6月13日のニュース映像。 ドラゴンアイ散策の様子を動画で見ることができますよ。 また,これはこちらの地元紙から。 「開眼」したドラゴンアイ。周縁部の水面が…
コメント:0

続きを読むread more

絶景 八幡平ドラゴンアイを求めて(6) 四たびの訪問

前回,開眼間近のドラゴンアイにスノーボーダーたちが進入したことを書きました。 何してんだ,という思いですが,これを聞いて居ても立ってもいられなくなり,先週の土曜日,ついに四度目の訪問をしてきました(笑)。 というか「開眼」したかどうか見たかっただけですが。 八幡平を車はのぼる。 道路沿いの雪はかなり解…
コメント:2

続きを読むread more

絶景 八幡平ドラゴンアイを求めて(5) 謎の闖入者たち

先月3度も絶景「ドラゴンアイ」を求めて八幡平を訪ねたことを書きました。 ドラゴンアイは岩手と秋田にまたがる八幡平山頂付近の鏡沼のことで,その雪解けの様子が「龍の目」に見えることからついた名前です。 そんな完成間近のドラゴンアイに先月末にショッキングなニュースが入ってきました。 複数のスノーボーダーたちが進入禁止のロ…
コメント:0

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (512) 山法師風を小出しに雨催

日曜日は俳句の紹介と英訳。 これは昨日ある場所で撮った街路樹「やまぼうし」。 「やまぼうし」は「山法師」と書き,季語としては「山法師の花」または「山帽子」と表記し,夏の季語になっています。 山野に自生しますが,街路樹にも多く植えられています。 四弁の花に見える様相を,法師の頭と頭巾に見立ててこの名前がついたとか。…
コメント:2

続きを読むread more

ゴミ袋の不良品

短い記事です。 最近書きたいことはあるのですが,平日はなかなか厳しいです。 これは仙台市の家庭ごみ指定袋。(10枚入) 家族が1枚使おうと広げてみてビックリ! 下が縫い合わされていない! 切れている! (左側の袋) これじゃあ,どんなごみを入れても,下に落ちてしまいますね。 なんか,そんな…
コメント:1

続きを読むread more

安部公房「砂の女」の話

前回,山形県にある2つのナンバープレートのうち「山形」について書きましたが,もう1つは「庄内」ナンバー。 県西部の海岸線には庄内砂丘があり,実はここはある有名な小説の舞台のモデルとされています。 一般的な「三大砂丘」には入っていないようですが,地元では三大砂丘の1つとしたり,日本一長い砂丘なんだそうです。 この庄内…
コメント:2

続きを読むread more

山形の不思議な話(2) 「山形」のナンバープレート

前々回に続き山形県の不思議な話。 山形県の車のナンバーは2種類。庄内ナンバーと山形ナンバーです。 その内,今日は山形ナンバーについて書きます。 「山」で始まる県は3つ,山形,山梨,山口。 それぞれに車のナンバーがありますが,かつて「山」ナンバーがありました。 それは山口県。確かに錦帯橋に行ったときに,廃車のような「山」…
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (511) 天瓜粉しんじつ吾子は無一物

日曜日は俳句の紹介と英訳。 パソコンが電源も切れないような状態が続き,放電という作業の果てに復活しましたが,今度は外付けハードディスクを読み込まなくなりました。困ったものです。 短く書きます。 前回,山形のことを書きましたが,山形出身の俳人と言えばこの人。 鷹羽狩行(たかはしゅぎょう)さん。俳句を作るために生まれたような人で…
コメント:4

続きを読むread more

山形の不思議な話(1) そば屋にラーメン

最近,岩手と秋田の話を書いたので,同じ隣県の山形の話です。 山形はサクランボだけでなく,果物は何でもおいしく,そば(蕎麦)も有名。 大石田町の七兵衛そばのことは何度か書いたことがあります。 それに鶴岡の琴平荘(こんぴらそう)のラーメンのことも以前書きました。 → 山形県鶴岡市 琴平荘のラーメン(中華そば) …
コメント:4

続きを読むread more

Z世代とは?

前回,自分は仮面ライダー世代かなあ,と書きましたが,最近の若い人をよく「Z世代」というのを聞きます。 私はてっきり日本のマスコミがつけた名前と思っていたら,もともとは英語 Generation Z の和訳だったんですね。 自分の認識としては生まれたころからデジタル機器,ネットが当たり前のスマホ世代といった感じです。 …
コメント:2

続きを読むread more

シン・ウルトラマンとシン・ガリガリ君

先週,映画「シン・ウルトラマン」のことを書きましたが,1つ残念だったのはパンフレットが売り切れで購入できなかったことです。 パンフレットは買えなかったけど,偶然スーパーでこんなアイスを見つけました。 「シン・ガリガリ君 ウルトラチョコミント」 パッケージではカラータイマーのないシン・ウルトラマンとガリガリ君…
コメント:2

続きを読むread more