Haiku in English on Sunday (412) 美しい数式になるみずすまし

日曜日は俳句の紹介と英訳。 前々回,数学の「xの2乗」について書きましたが,「数式」という言葉を用いた数学的な俳句もあります。 美しい数式になるみずすまし  中山 美樹 (うつくしいすうしきになるみずすまし) 中山美樹氏は1947年新潟生まれ。1990年紫の会入会。1995年「紫」新鋭賞受賞。1997年「紫」山紫賞受賞。…
コメント:0

続きを読むread more

local news(3) ホテルメトロポリタン仙台イースト その後

短い記事です。 5月にJR仙台駅東口にあるホテルメトロポリタン仙台イーストの壁面について書きました。 このホテルは新型コロナウイルス感染拡大の影響で臨時休業中で,5月12日から客室のカーテンの開閉で,宮城県の観光PRキャラクターのむすび丸を描いていました。 これは私が5月15日に撮った写真。 これがむすび丸。…
コメント:2

続きを読むread more

xのジジョウ?

まず,みなさんはこの数式を何と呼びますか? 一般的には「xの2乗」(xのニジョウ)と読むのではないでしょうか。 教科書でも「2乗」と書いています。 なぜ,こんなことを書いたかというと,先日ある授業で数学の先生がこんなことを言ったんです。 「昔の先生は,これを『xのジジョウ』という人もいたんですが,…
コメント:4

続きを読むread more

映画「カセットテープ・ダイアリーズ」

昨日の日曜日,緊急事態宣言解除後,初めて映画館に行きました。 映画館はポン・ジュノ監督の「パラサイト」を2度見て以来でしょうか。 映画館はシネコンではなく,どちらかというとマイナーな映画を上映している「フォーラム仙台」。 原田マハさんの小説「キネマの神様」に出てくるような映画館です。 マスクをして中に…
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (411) 飛石のごとくに蓮の浮葉かな

日曜日は俳句の紹介と英訳。 現在は郡市によっては感染対策の一定の基準を満たせば部活動の練習試合が可能です。 昨日は福島県との県境のある中学校に練習試合に行ってきました。 その帰り道には蓮池があります。 蓮はインド原産の多年草。仏教では極楽に咲くとされます。 中には蓮の花が咲いているところもありました。 「蓮の…
コメント:2

続きを読むread more

local news(2) 神割崎に倒木

前回に続きローカルの話題です。 宮城県に神割崎という,まさに神が岩を2つに割ったような名所があります。 これは2013年の6月4日に私が撮った写真です。 この神割崎は石巻市と南三陸町の間にあり,その裂け目が行政区の境ということになります。 この名所に先月21日に珍事が発見されました。 岩の間に松と思われ…
コメント:4

続きを読むread more

local news(1) 資福寺のアジサイ

7月に入って何とか記事を毎日更新しようと思ったのですが,睡眠優先で日が開いてしまいました。 書きたいことはたくさんあるのですが,とりあえずローカルニュース。 「ローカル」は「ユニーク」や「ナイーブ」と同じように日本語の意味が本来の英語と微妙に違う言葉です。 日本語では「地方の」「いなかの」の意味で使われることが多いのですが…
コメント:4

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (410) 髪洗ふ静かに暮らすとはこんな

日曜日は俳句の紹介と英訳。 このシリーズもお陰様で410回目を迎えますが,この時期は梅雨やアジサイの俳句に偏り気味です。 ということで,これまで扱ったことがないと思われる季語の句について書いてみます。 髪洗ふ静かに暮らすとはこんな  夏井 いつき (かみあらうしずかにくらすとはこんな) 「俳句発想法 歳時記 夏…
コメント:6

続きを読むread more

人名 James 考(5) まとめ

4回にわたって James という名前が,なぜ「ジェームズ」と「ジェームス」という2通りの日本語表記があるのか考えてみました。 そもそも,James の正しい発音はどうなっているのでしょうか。 [jaymz](ジェイムズ)のように発音しています。 教科書ではどのように表記されているのでしょうか? こ…
コメント:0

続きを読むread more

人名 James 考(4) ジェームス・ディーン

前回,ジェームズ・スチュアートの名前の表記が1955~1956年あたりに映画のポスターの日本語表記が変わったことについて書きました。 一方,今日はジェームス・ディーンについてです。 彼は一般的に「ジェームス」とよく表記されます。 彼は数作の映画に出演しましたが,残念ながら24歳の若さで交通事故のために亡くなってしまいました…
コメント:2

続きを読むread more

人名 James 考(3) ジェームズ・スチュアート

記事の更新が遅れていますが,前回はアメリカ人俳優のジェームズ・スチュアートの日本語表記について書きました。 ケーリー・グラントと並んでヒッチコックの映画に最多出演しているジェームズ・スチュアート。 その4作の日本語ポスターを時代順に見てみます。 「ロープ」(1948年) ジェームス・スチュアートと表記して…
コメント:0

続きを読むread more

人名 James 考(2) ジェームズ

人名 James は「ジェームズ」か「ジェームス」か? 前回,ジェームズ・コバーンとジェームス・ディーンの俳優について,ポスターで見てみました。 ポスターなどは表記としてしっかり残るので検証には有効です。 今日はもう少し「ジェームズ」について見てみます。 映画監督にジェームズ・キャメロンがいます。 …
コメント:4

続きを読むread more

人名 James 考(1) ジェームズ? ジェームス?

先々週,dreams の発音の日本語表記が「ドリームズ」と「ドリームス」があることを書きましたが,そのときに気になっていたことがありました。 それは,人名の James が「ジェームズ」と表記される人と「ジェームス」と表記される人がいます。 映画俳優の中で・・・ 「ジェームズ」と言って思い浮かぶのが,ジェームズ・コバーン。…
コメント:4

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (409) 紫陽花のきのふの色を捨てにけり

日曜日は俳句の紹介と英訳。 今日は6月の第3日曜日で「父の日」,そして1年でいちばん昼が長い「夏至」です。さらに,最も昼が長いにちなんで,最も首が長い動物キリン について注目してほしいとキリン保全財団によって2014 年に制定された「世界キリンの日」なんだそうです。 せっかく夏至と日曜日が重なったので夏至の一句と思ったの…
コメント:2

続きを読むread more

仙台上空の飛行物体

今週は激務と暑さのために,帰宅して気づけば朝という日が続きました。 そんな中,17日の水曜日,仙台でUFO騒ぎがありました。 10時頃,職員室にいた私は,同僚が「何か白いものが浮かんでいる」と言うので上空を見上げると,本当に白いものが上空に浮かんでいる。 最初,距離感がよくわからず,コンビニの白い袋が風に飛ばされているのか…
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (408) 靴買へば米買ひかねつ梅雨の雲

日曜日は俳句の紹介と英訳。 暦の上では立春から135日目が「入梅」で,今年は6月10日が入梅でした。 気象庁の発表でも日本列島の多くがちょうどそのころ梅雨に入ったようです。 こちら仙台(東北南部)は6月11日に梅雨入りしたと見られ,これは昨日の河川敷の様子。 今にも降り出しそうな雲が広がっています。 これも昨日…
コメント:4

続きを読むread more

After school...

6月に入って授業が再開していますが,聞こえてくる話では,市町村や県,学校種によってその授業内容や部活動への取り組みは様々なようです。 私が勤めている学校では,これまでの2週間が慣らし期間ととらえ,来週から通常に戻っていきます。 この慣らし期間は実質新学期で新鮮な気持ちで取り組んでいたと思うんですが,6月の暑さには子どもも教師もち…
コメント:2

続きを読むread more

dreams 「ドリームス」?「ドリームズ」?

前回,映画 Field of Dreams について書きましたが,この映画の邦題は「フィールド・オブ・ドリームス」。 一方,こちらはおなじみ「ドリカム」こと Dreams Come True。カタカナ表記は「ドリームズ・カム・トゥルー」。 あれ?  deam の複数形,dreams の発音は「~ス」?「~ズ…
コメント:2

続きを読むread more

If you build it, he will come. 

前回,原田マハさんの小説について書きましたが,その中で映画「フィールド・オブ・ドリームス」について触れました。 フィールド・オブ・ドリームス [DVD] - ケビン・コスナー, エイミー・マディガン, ジェームズ・アール・ジョーンズ, フィル・アルデン・ロビンソン ケヴィン・コスナー主演のこの映画,ケヴィン演じるレイ・キンセ…
コメント:0

続きを読むread more

「キネマの神様」読了

読み始めはもう忘れたくらいなんですが,週末にいっきに読んで読み終えた本があります。 原田マハさんの「キネマの神様」です。 キネマの神様 (文春文庫) - 原田 マハ もちろん映画の話なんですが,何気ない話や登場人物が,最後に進むにつれて伏線が回収され,最後の大団円に向かっていきます。 まあ,ケヴィン・コスナーの「フィ…
コメント:0

続きを読むread more