「探偵!ナイトスクープ」 ♪クリスマスキャロルな?

私が欠かさずに見る番組でこれまでも何度か取り上げている「探偵!ナイトスクープ」。 こちら仙台では4月2日の深夜に放送された回ですが,もともとは大阪の朝日放送テレビでは3月5日の深夜の放送のようです。 その回では竹山隆範探偵の「爆笑!小ネタ集」が放送されたのですが,大阪府男性・41歳から「稲垣潤一は何と言っている?」 という依頼が…
コメント:3

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (455) 藤棚の真下どちらが揺れてゐる

日曜日は俳句の紹介と英訳。 先週あえて初蝶の句を書いたと思ったら,その後,黒いアゲハチョウを見ました。 「蝶」が春の季語に対して,「揚羽蝶」は夏の季語。 先日5月5日は立夏,確実に季節は進んでいます。 ですから今日は夏の句,とも思ったんですが,昨日はきれいな藤の花をたくさん見ました。 「藤」「藤の花」「藤棚」は…
コメント:0

続きを読むread more

白詰草(シロツメクサ)の「詰める」は何のこと?

昔のことです。テレビ番組の「探偵ナイトスクープ」で,四つ葉のクローバーを瞬時に見つけることができる少女が出ました。 彼女は四つ葉のクローバーが読んでいる声が聞こえるんだそうです。 これは今日撮ったクローバー,和名「白詰草」(シロツメクサ)の写真です。 私には四つ葉のクローバーが呼ぶ声は聞こえませんでした。 さて,…
コメント:2

続きを読むread more

「ごぼう抜き」ってどういう意味?

先月「きんぴらごぼう」の「きんぴら」について書きましたが,今日は「ごぼう」の話。 「ごぼう」を用いた慣用句と言えば「ごぼう抜き」だと思うのですが,みなさんはどのような意味で使っていますか? たぶん,一番よく聞いたり使ったりするのは,駅伝などで選手が数人をまとめて抜いたときの「一気にごぼう抜き!」なんていう言い方ではないでしょうか…
コメント:2

続きを読むread more

「キャプテンサンダーボルト」 聖地巡礼

GWも今日で終わりですが,GW中に読み終えた本についてです。 その本は「キャプテンサンダーボルト」(新潮文庫・新装版)です。 書いたのは,山形県東根市出身,芥川賞作家の阿部和重さんと仙台在住の作家の伊坂幸太郎さん。 4年を費やして完成した夢のような合作。 どのようにして合作したのかは,文庫本の最後に収めら…
コメント:2

続きを読むread more

JR松本駅のアナウンスを聞いてみませんか

GWとはいえ,このご時世,旅行はちょっとはばかられます。 しようがないので,萩原朔太郎の詩でも・・・。 旅上 ふらんすへ行きたしと思へども ふらんすはあまりに遠し せめては新しき背廣(背広)をきて きままなる旅にいでてみん。 汽車が山道をゆくとき みづいろの窓によりかかりて われひとりうれしきことをおもはむ …
コメント:3

続きを読むread more

「ザリガニの鳴くところ」(ネタバレなし)

前回,入院をした話を書きましたが,その間はひたすら本を読んでいました。 ほぼ1日で読み切ったのが本屋で見かけて買っておいた「ザリガニの鳴くところ」。 そもそもこの本を買ったのは去年だったか,今年に入ってからか。 きっかけは「2019年 アメリカで一番売れた本」という帯。 しかもミステリー小説の要素もあるようだ。 …
コメント:0

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (454) 初蝶やわが三十の袖袂

日曜日は俳句の紹介と英訳。 日曜も夕刻になります。記事の更新が遅くなったのは実は今週入院をして今日退院しました。 病室での点滴の様子です・・・。 病室からの風景。ひたすら本を読んでいた数日間。 何より健康第一。 今更20代には戻れないけど,人生の最高の時期って20代後半から30代にかけてなんじゃないかと…
コメント:4

続きを読むread more

竣功? 竣工?

先日,名取大橋という仙台市太白区の名取川にかかる大きな橋でこんな表示を見ました。 「昭和38年3月竣功」 見たときに思った素朴な疑問。・・・竣功? よく見聞きするのは「竣工」という言葉。 「竣工式」とか,看板なんかでもよく見ます。 これはどちらかが正しいのか,何か違いがあるのか? 広辞…
コメント:3

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (453) 蒲公英や三番打者は女の子

日曜日は俳句の紹介と英訳。 春の花のイメージは個人的に梅→桜→菜の花→タンポポの順でやってきます。 もちろん他にも,木蓮や都忘れも毎年楽しみな花です。 これは少し前になりますが4月10日の仙台市太白区袋原の風景。 遠くに見えるのが蔵王連峰。 そんな蔵王連峰に負けずと立派に対峙している道端のタンポポ(…
コメント:3

続きを読むread more

「コーヒー牛乳」ともう呼べない

久しぶりに書きます。 先日4月20日は「コーヒー牛乳の日」(「珈琲牛乳の日」)だったそうで,語呂合わせにもなっていないのになぜなのか? ラジオで聞いた話から。 これは,日本で初めて「珈琲牛乳」(コーヒー牛乳)を製造・販売した神奈川県平塚市の守山乳業株式会社が2015年(平成27年)に制定し,日本記念日協会に正式にみとめ…
コメント:2

続きを読むread more

きんぴらごぼうの「きんぴら」って?

いきなりですが,ごぼうの話です。 ごぼうを食べるのは日本人だけだそうです。 漢字では「牛蒡」と書きますが,中国では薬草として用いられることはあっても,食用のために栽培しているのは日本だけなんだとか。 ごぼうの食べ方としては「きんぴらごぼう」はおいしいですよね。 こんなおいしいものを食べているのは日本だけだなんて・…
コメント:3

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (452) 朝刊の匂ひをひらく菜種梅雨

日曜日は俳句の紹介と英訳。 昨日はかなり激しい春の雨が降りました。 これは私がとった菜の花畑の写真ですが,菜の花が咲くころの4月の長雨のことを俳句の季語で「菜種梅雨」と言います。 朝刊の匂ひをひらく菜種梅雨  井上 雪 (ちょうかんのにおいをひらくなたねづゆ) 「俳句発想法 歳時記 春」(草思社文庫)より。 …
コメント:2

続きを読むread more

「元彼の遺言状」 ミステリー小説の傾向と対策

最近書いた「ほら吹き男爵の冒険」や「嘘ばっかり」の本は,どちらも今年に入ってからラジオで聞いて読んでみたものです。 ついでに今年に入ってもう1冊,著者にインタビューしたラジオ番組を聞いてから購入して読んだミステリー小説があります。 それは,最近本屋さんでよく並んでいる新川帆立著「元彼の遺言状」。 元彼の遺言状 - 新川帆立…
コメント:2

続きを読むread more

ジェフリー・アーチャー「嘘ばっかり」

10日ほど前に「ほら吹き男爵の冒険」について書きましたが,「ほら」というのは周囲も「まあ,嘘だろうけど」という共通認識があるような気がします。 ほら吹き男爵の冒険 (光文社古典新訳文庫) - ビュルガー, 酒寄 進一 「ほら」と「嘘」の違いは? ほ‐ら【法螺】 ①法螺貝に同じ。 ②大言を吐くこと。また、その話。虚言…
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (451) ふるさとの訛にもどる花菜径

日曜日は俳句の紹介と英訳。 この週末は春らしい日になりそうです。 散り始めた桜もありますが,仙台は満開の桜もまだ見られます。 これは10日ほど前の仙台市太白区生出の一本桜。 こちらは昨日の同じ桜。 あれ,前回行ったときには前面に植えられていた菜の花がすっかり刈られています。 少しだけ残る菜の花。 …
コメント:2

続きを読むread more

コーンフレーク ひとかけらに13万円!

新年度の忙しさに,記事の更新をしていませんでしたが,週末は少しだけ余裕があります。 書きたいことは多少あるのですが・・・ラジオで聞いた話から。 コーンフレークって好きですか? 私はご飯派なので,まず食べることはないんですが,ミルクボーイの漫才でけっこう話題にもなりました。 実は,この写真のコーンフレー…
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (450) 満開のふれてつめたき桜の木

日曜日は俳句の紹介と英訳。 こちら仙台は桜が満開です。3月末に暖かい日が続き,例年にない早さなのではないでしょうか。 これは3月31日の西公園の桜。 普段なら提灯が吊るされ,花見客でにぎわうところですが,コロナ禍の中,今年は鑑賞するのみで,夜もひっそりしています。 これは翌日,4月1日の仙台市太白区,生出の一本桜…
コメント:4

続きを読むread more

ほら吹き男爵の冒険

年度末年度初めのあわただしい1週間を過ごしていました。 以前はもう少し余裕があったのですが,今は転任する人も31日まで前任校で働いて,4月1日には新しい勤務校へ赴任するといった感じでしょうか。 4月1日と言えばエイプリルフールですが,現実は嘘のようなコロナ禍の宮城県です。 まあ,嘘とはちょっと違った「ほら話」というのがあり…
コメント:4

続きを読むread more