現在完了形にまつわる2人の先生の発言

前回の続き。現在完了形の話です。
中学では現在完了形「継続」「経験」「完了」の3用法を学習します。
でも根本的に大切なのはそのイメージです。
今日は2人の先生の言葉からそのイメージをつかんでみましょう。

まずは,ある予備校カリスマ講師の関正生先生
画像


これまで彼のDVDは何作か見ています。
ビデオの中で彼は次のようなことを言っていました。

現在完了形・・・そもそも日本語にないものを
日本語で説明すること自体が間違いなんだ。


確かに。ですからイメージをつかむことが大事なんですね。
また書籍の中でも彼は現在完了形についてこう述べています。

世界一わかりやすい英文法の授業
中経出版
関 正生


Amazonアソシエイト by 世界一わかりやすい英文法の授業 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



現在完了形=過去+現在

過去→→→→現在
すべて現在までの矢印で考える!

現在完了形はムリに用法を分ける必要はない

「どの訳になるか?」って考えるのではなく,イメージを優先。

そのイメージとは・・・
過去の状態(過去分詞)を所有(have)している

この過去の状態を have しているイメージってわかりやすいですよね。
これと似た表現を書籍の中で書いているのが田尻悟郎先生です。
画像


田尻先生は島根県の公立中学校で長年英語を教え
現在関西大学の教授をしています。
NHK「テレビで基礎英語」にも出演しています。
彼の著書から現在完了形について一部紹介します。

英文法 これが最後のやり直し! (DHCライブ講義シリーズ)
ディーエイチシー
田尻悟郎


Amazonアソシエイト by 英文法 これが最後のやり直し! (DHCライブ講義シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この本は値段の割に講義CDが3枚もついて楽しいです。
現在完了形の3用法がきちんと説明されているほかに
キーワードに頼ることに警句を与えています。

例えば
I have lived in Japan for three years.

普通に考えれば「継続」ですが,他の意味にだってとれます。

継続「私は3年間日本にずっと住んでいます。」
経験「私は3年間日本に住んだことがあります。」
完了「私は3年間日本に住んでいたんだなあ。(明日故郷に帰るけど。)」


付録のCDの中で関先生と同じようなことを話していました。

現在完了形は過去の事実(過去分詞)を現在 have している!

やはり,3用法に共通することはこのイメージなんですね。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
今日の書き換え問題。中級問題。(H18仙台市内共学私立高)

Yumi ate all the oranges. There aren't any oranges now.

→ Yumi (  ) (  ) all the oranges.


ヒント
「ユミはオレンジを全部食べた。今オレンジは1つもない。」
→「ユミは全部のオレンジを(  )。」

2つの文を1つにするパターン。
上の文は過去の文と現在の文が混じっています。
つまり下の文は現在の地点から過去を見つめている文と
考えましょう。


正解は 
Yumi ( has ) ( eaten ) all the oranges.
→「ユミは全部のオレンジを(食べてしまった)。」

全部のオレンジを食べた事実を現在持っているというイメージが
できたでしょうか。
厳密に言えば「完了」なのでしょうが
それより大切なのが現在完了形本来のイメージです。

eat の活用は eat   ate   eaten です。

↓よろしければブログランキングにご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
自分のこと
田尻悟郎さんの「テレビで基礎英語」は当初発音中心でしたが
おもしろいですよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2012年07月02日 11:29
おはようございます。
UFOの正体はっきりと分かりませんね。結局うやむやになってしまうのでしょうか?話は変わりますが、類句の問題です。主宰者級、同人級の作者でさえ、類句を作ります。一文字違いどころか、全く同じ句も有ります。そのような場合、誰も指摘しません。類句の存在が当たり前のようです。一派内の作者同士なら余り問題は起こりませんが、賞等が発生するコンクールでは文句が付けられる場合が有ります。私自身も季語以外は同じ句を作ったことがあります。これは偶然の一致かと思われます。
フレーズが平凡でしたので、他の作者でも発想可能でした。俳句の世界に棲んでいますと、良い事と不快な事と両方有りますね。きれい事ばかりでは済まされない事が有ります。又、ブログ訪問します。長文失礼致しました。
2012年07月03日 05:36
花田さん
おはようございます。 UFOは気長に待ちましょう(笑)。
類句について貴重な情報ありがとうございました。勉強になります。句作をするものにとっては一度は通る道なのでしょうか。昔だれかがもうデータベース化しかないと言っていました。特にコンクールを主催する側は本当に必要なことかもしれません。
結社に所属していると人間関係や役割分担など結構気も遣うし,今は自由に俳句を横から眺めています。
ありがとうございました。

この記事へのトラックバック