Haiku in English on Sunday (59) 月に行く漱石妻を忘れたり

日曜日は俳句の紹介と英訳。
中秋の名月は終わりましたが,月を詠んだ一句。
しかも,夏目漱石の不思議な一句です。

月に行く漱石妻を忘れたり  夏目漱石
(つきにいくそうせきつまをわすれたり)

そのまま読むと
「楽しい月旅行に行く漱石は妻がいることすら忘れてしまった」
または
「漱石は妻を家に置き忘れたまま月に出かける」

などと考えられます。
この句は明治30年(1897年)の作
アポロ11号が人類初の月面着陸をする72年前の作品です。

日本には「かぐや姫」がありますが
そんな時代に「月に行く」なんて表現を考える
漱石の発想の豊かさに脱帽です。
画像


でも,ユーモア,滑稽さはもともと俳句が俳諧といわれていたころから
俳諧の常道であり,俳諧の心なのです。

この句には
「妻を遺して独り肥後に下る」
という前書き
があります。

松山の教師に続き,この頃
漱石は第五高等学校(現熊本大学)の教授をしています。

新婚ですが,妻を鎌倉に置いて
単身赴任をしなければなりませんでした。


実は奥さんが流産し鎌倉で静養中だったので
熊本には連れて行けなかったのです。


それを考えると
「肥後(熊本)の月の美しさにひかれて
おれ漱石は行くよ。
君のことはすっかり忘れて出かけるから
君も僕のことを心配しなくていいんだよ」


と,妻を気遣った逆説のような意味とも考えられます。
画像


では,英訳してみます。

月に行く漱石妻を忘れたり  夏目漱石

Soseki has left his wife
And goes to the moon
It is me


難しいです。

英語教師時代の漱石と月のエピソード1つ。

I love you.」を生徒が「我君ヲ愛ス」と訳したとき
夏目漱石は「月が綺麗ですね」としなさい
と言ったとか。


いい話だなあ。
確かに明治の男は「君を愛してます」なんて言わないでしょうね。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
今日の書き換え問題。初級問題。(H13仙台市内共学私立高)

You must not forget all I said.

→ (  ) forget all I said.


ヒント
「私が言ったこと全てを忘れてはいけない。」
→「私が言ったこと全てを忘れ(  )。」

別の表現を用いるパターン。
must not は「~してはいけない」。禁止を表します。
それを一語で言います。


正解は 
( Don't ) forget all I said.
「私が言ったこと全てを忘れ(るな)。」

Don't +動詞 で「~するな」という否定の命令文です。

↓よろしければブログランキングにご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
自分のこと
今日TOEIC受けてきます!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • Haiku in English on Sunday (86) 追憶のぜひもなきわれ春の鳥

    Excerpt: 日曜日は俳句の紹介と英訳。 これまで,何人か小説家などの俳句を紹介してきました。 月に行く漱石妻を忘れたり(夏目漱石) 青蛙おのれもペンキぬりたてか(芥川龍之介) 秋田より菊の隠密はいり候(宮.. Weblog: リアルETの英語学習 高校入試&TOEIC racked: 2014-04-06 08:30