Haiku in English on Sunday (56) あかあかと日はつれなくも秋の風

日曜日は俳句の紹介と英訳。
こちら仙台は残暑が収まり,朝夕の空気に秋を感じます。
今日はそんな,「いつの間にか秋の気配」という一句です。

あかあかと日はつれなくも秋の風  松尾芭蕉

「おくのほそ道」から。

「途中吟」とあるので,金沢・小松間ということになりますが
異説もあるようで,金沢で詠んだという説が有力のようです。
画像


あかあかと」から真っ赤な残暑の夕景が思い浮かびます。

つれなくも」は原句では「難面も」。
ここでの「つれない」は「素知らぬ顔をしている」こと。

季節は秋になったのに
太陽は依然とそしらぬ顔で赤々と照りつけている。
そんな夕方の風景を明らかに秋の風が吹いている。


いまだに厳しい太陽と忍び寄る秋を運んできた風。
まさに季節の変わり目を詠んだ一句です。

これは,この句を詠んだとされる金沢の兼六園内の句碑
文字はほとんど読めないほど風化しているとか。
画像


秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる

芭蕉は当時最高の知識人。
この藤原敏行の和歌を踏まえていることは言うまでもありません。
画像


では英訳してみます。

あかあかと日はつれなくも秋の風  松尾芭蕉

The sun in deeply red
Pretending not to know the season
Autumn wind


むずかしいです。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
今日の書き換え問題。中級問題。(H14仙台市内女子私立高)

The places were Tagajo and Matsushima.
Matsuo Basho visited the places.

→ The places (  ) Matsuo Basho (  ) (  ) Tagajo and Matsushima.


ヒント
「その場所とは多賀城と松島でした。
松尾芭蕉がその場所を訪ねました。」
→「松尾芭蕉が(  )場所は多賀城と松島(  )。」

2文を1文につなぐパターン。
上の文では the places が重なっています。
下の文ではその2つをつなぎます。


正解は 
The places ( which または that ) Matsuo Basho ( visited ) ( were )
Tagajo and Matsushima.
「松尾芭蕉が(訪ねた)場所は多賀城と松島(でした)。」

関係代名詞の which または that を使います。
「おくのほそ道」のことですね。

↓よろしければブログランキングにご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
自分のこと
2020年にオリンピックが再び東京に来ますね。
英語やフランス語のプレゼンテーション素晴らしかったです。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック