ノック 「どちら様ですか?」は英語で?

現在,中学2年生に教えている教科書の最後はSF小説です。
タイトルは Can You Hear Me?
これは作家,星新一さんのショートショートが元になっています。
原作は「おーい でてこーい」
新潮文庫の「ボッコちゃん」などで読むことができます。

星新一さんの代表作に「ノックの音が」があります。
この本に収められている短編15作品はすべて
「ノックの音がした。」で始まります。

英訳本も出ています。
画像


英語のノック knock動詞であり,名詞であり
「こつこつ」「トントン」というノックの音も表します。
通常は knock, knock と重ねて表します。
画像


今日の話は,自宅の家をノックされたときに言う
「どちら様ですか?」を英語でどう言うか,です。

単純に「誰ですか?」と考えて・・・

× Who are you?

とは言いません。

これは「あなた」が目の前にいて限定されるとき。
まあ,人に対して「君は何者だ?」とは失礼な言い方ですが。

ノックされたとき,通常はこう言います。

 Who is it?

it を使うところがおもしろいところです。

辞書によっては,この it を
「ノックや足音を聞いて,姿の見えない人をさす」とあります。

まあ,人なのかどうかもわかりません。
もしかすると,イヌかも,宇宙人かも,風で何かがあたったのかも


では,先ほどの「ノックの音が」の英訳ではどうなっているでしょう。

「夢の大金」 (DREAMING OF BIG MONEY) から

「はいはい,いま開けますよ。どなたですか

→ "All right, all right. I'll open it. Who is it?"




「職務」 (THE JOB) から

どなですか
 こんな時間に訪れる者の心当たりはない。(中略)
あたしよ。ラ・メールの明子」  *ラ・メールは喫茶店の名前。

→ "Who is it?" He had no idea who could be visiting him at such an hour.
  "It's me. Akiko from La Mer."


it で聞いているのですから
答えるときも it で答えます。


でも,次の場面では Who are you? を使っています。
それは,ドアを開けて,相手を目の前にしているからです。

「財産への道」 (THE WAY TO WHEALTH) から

 彼女がドアを開けると,小さなカバンを下げた青年が立っている。三十歳ぐらいだろうか。(中略)恵子は聞いた。
どなたでしょうか
「あの,ぼく原口秋夫というものですが,(以下略)」


→ She opened the door, and there stood a young man holding a small bag. He was around thirty....
  "Who are you?" Keiko inquired.
  "Er...my name is Akio Haraguchi...."


当然,答えるときは自己紹介として
My name is ... とか I'm ... のようになります。




電話では this をよく使います。教科書ではこんな風に出ます。

A: Hello?
B: Hello.
This is Kevin. Is this Mrs. Jones?
A: Yes, it is.
B: May I speak to Becky, please?
 

自分にも相手にも this を使っているところがおもしろいです。



最新入試問題(H27宮城県公立後期選抜)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
選択問題。初級問題。(H27宮城公立後期選抜)

空欄に入る語を選びなさい。

Mike: Have you ever been (  ) Australia?
Ichiro: No, I haven't. But I want to go there someday.
 

ア over
イ by
ウ on
エ to



ヒント
「あなたはこれまでオーストラリアに(  )ことがありますか。」
「いいえ。でも,いつか行きたいです。」

現在完了形の決まった言い方です。



正解は 
Have you ever been ( to ) Australia?  エ 
「あなたはオーストラリアに(行った)ことがありますか。」

have been to ~ 「~に行ったことがある」です。


↓よろしければブログランキングにご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
自分のこと
次回もノックの話の予定です。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

2015年03月10日 11:02
星新一さん、大好きです。何回読んでも飽きることがありません。英訳本もあるのですね。読んでみたいです。
2015年03月11日 06:41
夢佳さん
おはようございます。私も中学時代から何度か読んでいます。自分でも書けそうで書けないのが彼の小説です。
今日の記事も星さんつながりです。
2015年03月15日 00:39
こんばんは。私も星さんのショートショートに一時期ハマって読んでました。原作を元に映像化されたのも見たのですが、それも面白かったのに題名忘れちゃいました~。
( ̄~ ̄;)
2015年03月15日 07:52
うきさん
おはようございます。
そう言えばテレビで数年前にドラマ化していたような気がします。他にもあると思います。以前,ダウンタウンの松本さんと放送作家の高須さんがラジオで星新一さんのショート・ショートで何がおもしろかったかをトークしていました。よくオチをあんなに考えたものだと感心します。

この記事へのトラックバック