翻訳におけるクルマの名前

毎週日曜日の夜に聞いているラジオ番組があります。
NHKラジオ第2の「英語で読む村上春樹」です。
10月からは彼の短編「眠り」の原文と英訳を比較しています。





その第3回,10月18日(日)放送(再放送は24日)では
こんな文章がありました。

原文 「彼は朝の八時十五分にブルーバードに乗って・・・」

英訳 He drives his Sentra ...


また

原文 「私は私専用の車として中古のホンダ・シティを持っている。」

英訳 I have my own car, a used Honda Civic.



翻訳では意図的に内容を変えることはいけませんが
固有名詞については,そのままでは通じないことがあるのでしょう。

特に自動車の名前は日本国内と海外では
異なる名前で販売されることが多くあります。


その理由としては,現地ですでに同じような名前の車が売られていたり
現地ではその言葉の響きがあまり良くないなどの理由があるようです。


今回の小説の中の車は・・・

日本では日産ブルーバード Bluebird
画像


アメリカではSentra
画像
  

日本ではホンダ・シティ City
画像


アメリカではCivic
画像


また,番組内で紹介されていたのが・・・

日本では日産マーチ March
画像


アメリカではMicra
画像


日本ではトヨタ・マークⅡ Mark Ⅱ
画像


アメリカではCressida
画像


日本では三菱パジェロ Pajero
画像


イギリスではShogun 将軍!
画像


日本ではスバル・ドミンゴ Domingo
画像


イギリスではSumo 相撲!
画像


最後の SUMO 相撲ですが,
スバルは「相撲」「力士」を積極的に広告,宣伝に起用しているようです。
画像


このスバルのCM,笑っちゃいます。




笑っていいのかな?



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント

2015年10月25日 14:24
スバルのCM、めっちゃツボりました。
(≧∇≦)/

実際の車にお相撲さんが付属してきたら、、、怖過ぎます(笑)
2015年10月25日 20:22
うきさん
こんばんは。ゲームの世界でもストリートファイターⅡのように力士は強いイメージなのでしょうか。でもなんか誤解されそうですね(笑)。
カナダに行ったとき,現地の先生の旦那さんがスバルに乗っていて,スバルはいい車だと連呼していました。発音もしっかり「スバルー」と発音していました。

この記事へのトラックバック