入試問題も筆の誤り see 人 do(ing)

今日,仙台では多くの私立高校で入学試験が行われました。
受験生の皆さんは,どうだったでしょうか?
第一の収穫は,受験の雰囲気を味わうことができたことでしょう。

高校の先生が作る入試問題は何度も見直しをしているのでしょうが
ときどき,間違いもあります
印刷後に気づく場合もあるのでしょう。

ある高校で,かつてこんな問題が出ました。
日本語に合うよう,(  )に適語を入れる問題です。


私は子どもたちが庭で遊んでいるのを見るのが好きでした。

I like to see children (  ) in the yard.


画像



I like to see children (  ) in the yard.

この英文には,少なくとも3つの問題があります。

1.「好きでした」という日本文なのに,英文は現在形 (like)。
2.(時制を抜きにしても)答えが2つ考えられる。
3.中学校では習わない文法が答え。


中学校では習わないのですが,
「・・・が~するのを見る」は2通りの言い方があります。

see 人 do

または

see 人 doing


したがって,考えられる正しい答えは2つあります。
like は liked に直しておきます。

I liked to see children ( play ) in the yard.

I liked to see children ( playing ) in the yard.

「遊んでいるのを見るのが好きでした」という日本語から考えると
下のほうの playing を書かせたかったのでしょうか。

「庭で遊んでいる子どもたち」ととらえて
現在分詞の後置修飾とも考えられます。

であれば,なぜ「子どもたちが庭で遊んでいるのを見る」
にしたのか?



see 人 do と see 人 doing にはこんな違いがあります。

I saw them walk across the street.

私は彼らが通りを横切るのを見た。


この言い方は,彼らが渡り切ったことを意味します
画像


しかし,これはどうでしょう?

I saw them walking across the street.

私は彼らが通りを横切っているのを見た。


これは,彼らが歩いている動作を見ただけで,
渡り切ったかどうかは不明
です。
画像


もしかすると,途中で引き返したかもしれない(笑)。
画像



辞書によってはこんな例文もあります。

I saw her drowning, and I rescued her.

(私は彼女がおぼれれているところを見て,彼女を助けた。)

この文では,drown は不可です。
おぼれて亡くなった人を「助けた」とは言いません。


中学校の教科書も数年に一度変わります。
高校の先生が中学生の実態を把握して問題を作るのは
けっこう大変なことなんじゃないかと思います。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック