踏切の名前の謎(1) 「第1勘太踏切」の勘太って誰!?

ある踏切を通るたびに気になっていたことがあります。
その踏切の名前は「第1勘太踏切」

4kanta1.jpg

勘太って誰? 通るたびに思っていました。
まさか,昔々の駅長さんの初孫の名前を踏切につけたとか(笑)?

検索してみると「第2勘太踏切」があることがわかりました。
と言うことは,駅長の初孫の名前説はないなあ。

この辺だろうとあたりをつけて探してみるとありました,第2勘太踏切
人1人くらいしか通れない狭い道の踏切でした。

4kanta2.jpg

勘太とはいったい誰なんだと,家族とたわいもない話をしていたら,「駅前にかん太という居酒屋さんがあるでしょ」ということに。

そうだ,確かにある,「かん太」

4kanta3.jpg

となると,これはこの周辺の・・・地名か?

実は最近この本を読みました。
ゆかいな珍名踏切 (朝日新書)
ゆかいな珍名踏切 (朝日新書)

なぜ読んだかと言うと,作者の今尾恵介さんがゲストで出たラジオ番組を聞いたからです。
彼の話では,関東大震災をはじめとする震災後の区画整理や〇丁目表記によって,昔ながらの「字」「子字」の地名が失われているとのこと。

この踏切は仙台市青葉区なんていう仙台駅前と同じ区の名前をいただいているが,もしかすると「勘太」はこの地域の名前なのではないか?

さらに検索すると,この地は昔は宮城県宮城郡宮城町の「勘太」と呼ばれていたことがわかりました。
しかも,その名前は近くの公園にも残っていました。

4kanta4.jpg

日本のすべての踏切には名前がついていて,町名や字名は消えても,踏切にはその名前が残っているものがたくさんあるんだそうです。

しかも,なぜその名前がついたのか不思議な踏切も全国には多くあります。
次回からは,そんな踏切の名前の謎の話です。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年01月29日 09:39
おはようございます。

 宮城町って、懐かしい名前ですね。仙台市が区制を敷く前の町名ですね。現在は青葉区愛子(あやし)や白沢になっている辺りだったと思いました。この「勘太」という地名は当時でも小字だったはずです。渓流釣りをしていた時代に2万5千分の1地形図で見た記憶があります。当時は渓流釣りのポイントを地図上で探し回っていましたので。

 踏切の名前は古い地名が残っていることがあって、それも小字がつけられていることが多いので、私も注意して見ています。
 面白そうなシリーズが始まりますね。楽しみにしています。
2020年01月30日 05:42
あきかねさん
おはようございます。
ちょっと忙しくて続きが書けないでいます。
宮城県から宮城町がなくなったのは寂しい気もします。渓流釣りをされていたのですね。○丁目表記はわかりやすくするために始まったそうです。皇居に近い方が1丁目だとか順番のつけ方に法則があったり。でも,その結果古い字名は消えてしまいました。落語家や役者を町名で呼ぶ文化ももうないんでしょうか。
そこで古い地名が残っているのが学校,公園,そして踏切のようです。書きたい踏切はいくつかあるんですが・・・。