Haiku in English on Sunday (392) はるさめかなみだかあてなにじみをり

日曜日は俳句の紹介と英訳。
夜に激しい雨の音で一度目が覚めました。雪ならばそのまま眠っていることでしょうが,春らしい出来事です。
雨はいったん止みましたが,先ほどもまた降りました。

「春雨」「春の雨」は歳時記によっては艶のある季語と書いているものもありますが,その使い方によっては様々な情を表すことができる季語だと思います。

はるさめかなみだかあてなにじみをり  瀬戸内 寂聴

「俳句発想法 歳時記 春」(草思社文庫)より。

瀬戸内寂聴さんはご存知,小説家で天台宗の僧侶。現在97歳。

4jakucho1.jpg

恥ずかしながら寂聴さんが俳句をされるのは今回初めて知りました。

4jakucho.jpg

句集も出されています。

句集 ひとり - 寂聴, 瀬戸内
句集 ひとり - 寂聴, 瀬戸内

さて,今日の一句ですが,すべてひらがなと言うユニークな一句です。
あえて,漢字で意味をとってみると・・・

春雨か涙か宛名滲みをり

となるでしょう。それをひらがなと言う柔らかいタッチで表現しました。
寂聴さんの句には一般的な漢字混じりの表現もあれば,他にもひらがなのみの句もあるようです。

例えばこんな句があります。

かきくわりんくりからすうりさがひとり  瀬戸内 寂聴
(柿榠樝栗烏瓜嵯峨一人)

表記の使い分けの基準はわかりませんが,ひらがなもまた「味」のひとつなのでしょう。

今回の一句に戻りますが,ある日誰かから手紙か葉書を受け取りました。

おや,私への宛名がにじんでいる。
今日は晴れているから,きっと出した日ににじんだものだろう。

出した日は春雨が降っていたのか,またはこの人は泣いていたのだろうか?


ちょっと演歌やフォークソング的なところもありますが,日常のちょっとした出来事で相手を思う作者の心情。
それが季節感と一緒になって俳句に昇華しました。


このすべてひらがなの表記は,寂聴さんの照れ隠しのような気もします。


では,英訳してみます。

はるさめかなみだかあてなにじみをり  瀬戸内 寂聴

My name on this letter,
Was it blotted with spring rain
Or her tears?



いただいた郵便物は「手紙」として,書いたのを女性としました。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年02月23日 12:14
寂聴さん句集まで出されていたとは、知りませんでした。
瀬戸内晴美さんの小説が好きで良く読んでいました。

ひらがなばかりの句は、
相手を思う作者の心情があらわれていますね
優しさを感じられ切なくなります。
きっと!春雨とは、思っても居ない作者。。
出されたお相手の涙で自分の宛名が
滲んでいた胸の内を理解しのでしょうね。
2020年02月24日 07:25
みなとさん
コメントありがとうございます。
文章中に演歌やフォークソング的と書きましたが,この涙で文字がにじむという表現で最初の思い浮かぶのが因幡晃さんの「わかってください」です。

これから淋しい秋です ときおり手紙を書きます
涙で文字がにじんでいたなら わかって下さい

ある女優さんは泣くシーンで「右目ですか,左目ですか?」と自由に泣けるそうです。関係ない話になりました。
<(_ _)>