いじくりこんにゃく!?

短い記事です。
前回「こずむ」という言葉を使って,周囲にそんな言葉はない,と言われたというラジオの投稿の話を書きました。

同じ番組内では,また同じように「いじくりこんにゃく」という話も出ました。

これは奥さんがネコをふざけて触りまくっていたので

「そんなにいじくりこんにゃくしないの」と言ったら
「何それ?」と言われたという話。

その人は実家の母親がその言葉を普通に使っていたので,子どものころから,しつこく触りまくることを「いじくりこんにゃく」というものだと思っていたそうです。

母親は福島県の出身だそうですが,隣県の私は聞いたことがありません。

これは2009年に訪れた福島県大内宿の写真。

ouchi2.jpg
ouchi3.jpg

そのラジオでは,「いじくりこんにゃく」が紹介されると,福島県出身の人から我が家でも使っています,というメールが次々と届きました。

検索してみると,福島県の一部や茨城県の一部で使われる言葉のようです。

サザエさんも旅の途中で「いじくりこんにゃく」を聞いたかもしれませんね。

3sazae.jpg




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント

2020年03月13日 09:13
おはようございます。

 私も福島生まれですが、この言い回しは知りませんでした。面白い言い回しですね。こんにゃく作りの工程からの例えなんでしょうね。
 福島弁は、大きく「浜通り」、「北中通り」、「南中通り」、「会津」の4つに分けられるのですが、語彙に関してはさらに細かい地域によって異同があります。極端なことを言えば、村落によっても違うくらいです。
 しかしながら、アクセントやイントネーション、発音体系が北関東や宮城県南部と共通のところもあって、結構複雑です。
 私は信達地方(北中通り)の生まれですので、浜通りや会津の方言には疎いです。
2020年03月14日 08:18
あきあかねさん
おはようございます。
同じ福島でも限られているんですね。確かにこの言葉はいわき市などでよく使われるようで,すると浜通り特有なのかもしれません。画像の大内宿はいわきから離れているので,サザエさんも旅の途中で,と言葉を濁しました(笑)。