ボノボの能力 カンジ,妹のパンバニーシャ,その息子ニョタ

前回から日にちが開いてしまいました。忙しい1週間でした。
前回の続きで,前回のテレビ番組から7年後の2000年に放送された番組から。

番組名は「カンジとパンバニーシャ 天才ザルが見せた驚異の記録」
(この動画がいつまでアップされているかはわかりません。)

この番組では前回取り上げた類人猿ボノボで英語を理解するカンジ,その妹パンバニーシャ,そしてパンバニーシャの息子ニョタが登場します。

左からスー博士,カンジ,妹のパンバニーシャ。

2Kanzi_Panbanisha_Sue_2054.jpg


人間に最も近いボノボが行うことは人類がどのように進化してきたのかを教えてくれます。

今回は,言葉の理解,石器づくり,そして想像力がキーワードでしょうか。

ただ,動画は48分くらいあるので,以下がおおよその内容です。
興味を持たれた方はそこからご覧になってください。

はじまり
パソコンのゲームをするパンバニーシャ(15歳)。

10分
他人の考えを読み取る実験。自分以外の考えを読み取ることができるのか。

14分
息子ニョタの誕生。ハサミを使って毛繕いするパンバニーシャ。
息子がハサミでケガをするかもしれないと予測するパンバニーシャ。

18分
カンジは石器を作れるかの実験。

27分
チョークで文字(?)を書くパンバニーシャ。

30分
パンバニーシャが過去・現在・未来を認識するかの実験。
鏡を割らなければ森に連れて行ってもらえるという条件でとった行動。
未来を想像することができるのか?

38分
カンジの19歳の誕生日。吹いても消えないローソクのいたずら。
スー博士のやりすぎ(笑)にどう対処したのか。

45分
1歳のニョタ,英語を理解していると思われる様子。
人間の同年代と同等の能力を持つニョタ。


こちらが動画です。




スー博士はこの番組の中で言っています。

2kanji2.jpg

言葉(英語)の習得は無理に教えないこと。
人の言っていることに興味を持たせること。
いったん興味を持てば自然に覚えていく。


英語教育の大ヒントがここに隠されています。


最後に,ボノボの寿命は50歳ぐらいにようですが,カンジは現在39歳
約5歳年下の妹パンバニーシャは2012年26歳で亡くなりました

スー博士は73歳。
最新の研究がどうなっているか,特集してくれないかなあ。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年03月28日 11:29
おはようございます。

 示唆に富んだ動画でした。大変興味深く拝見させていただきました。
 私的に「面白い」と思って見たのは石器作りのシーンでした。しっかり形と機能を理解していますね。目的を持って形を選んでいます。とても興味深いです。
 ただ、ちょっと気になったのは、結果の評価を人間が言葉で与えている事です。「good job !」とか、「excellent !」とか、言葉をかけています。頑迷な学者からは突っ込まれそうに思えます。
 ま、それが習得を促進しているとも言えるのですが。

 この動画を通して考えさせられたのは、やはり、言葉は知能の発達や文化の形成を促進させる、という事でした。言葉の抽象性がそうさせるのでしょうね。
2020年03月29日 07:37
あきあかねさん
おはようございます。
この時期の雪は確かにありますが,暖冬だっただけにこのままいくと思っていましたが・・・。
石器の映像は私もこれで初めて見たので驚きました。ヒトがどのように進化してきたのか,ボノボを通して様々な研究が行われているようです。
m&m(チョコ)をあげて行動を促すようなシーンもあったので,私もちょっと気になることはありましたが,まあ人間の赤ちゃんももらうとうれしいでしょうから同じかなと思ったり。
ボノボはうれしいと歯を見せて笑います。人間の赤ちゃんが笑うのは自分では生きていけないから笑顔で周囲の関心をひきつけるための本能だとか。様々な環境の中で生きのびることは大変なことのようです。
2020年03月29日 23:44
時間のたつのも忘れて
全部見ました。
愉しい企画を本当に有難うございました(#^.^#)

博士の最新の研究がみたいですね~