ロックダウン,クラスター,オーバーシュート?

新型コロナウィルスについて学校現場はその行方が気になっています。
4月がやって来るというのに,ここ数日,宮城でも急に患者さんが増えています。

毎日のニュースを見ていて,よく言われていることですが,英語表現が多すぎるのが気になっています。
外国語の使い過ぎは,ニュースの本質をわかりにくくします。

以下は小池都知事の記者会見より。

2koike.jpg

東京都ホームページ
小池知事「知事の部屋」/記者会見(令和2年3月23日)より

一昨日、専門家の皆様方をお招きいたしまして、意見交換会を行わせていただきました。そして、専門家の皆様方からのご指摘で、世界各地で都市が封鎖されている、いわゆるロックダウンをされているところで、海外から多くの在留邦人が帰ってこられるという状況がございます。こうした方々を起点とするクラスターが形成されるおそれがあるとのことで、そのクラスターの連鎖や、大規模なメガクラスターになったときには、感染者の爆発的な増加、いわゆるオーバーシュートが発生しかねないということでございます。そうなりますと、強力な社会的な隔離策をとる以外に、逆に選択肢がなくなるということでございます。

ロックダウン,クラスター,オーバーシュートの3語が気になります。
会見文中に説明されているものもありますが,原義を見てみましょう。

lockdown
a situation in which people are not allowed to enter or leave a building or area freely because of an emergency:

(緊急事態のため人々が自由に建物や地区に立ち入ったり,そこから出ることが許されない状態)

例文
The school has been placed on lockdown this morning while authorities investigate a bomb threat.
(当局が爆破予告の捜査をする間,今朝学校は封鎖の状況に置かれている。)


cluster
1 a group of things of the same kind that are very close together

(非常に近い状態で同じ種類のものの集団)
2 a group of people all in the same place
(全員同じ場所にいる人々の集団)

例文
A cluster of children stood around the ice cream van.
子どもたちの集団がアイスクリーム販売車を囲んで立っていた。)


overshoot
1 to accidentally go a little further than you intended:

(意図したよりもうっかり行き過ぎること)

例文
The plane overshot the runway and plunged into a ditch.
(飛行機は滑走路を行き過ぎて水路に突っ込んだ)

2 to spend more money than you had intended:
(意図したより多くの金を使うこと)

例文
The school has overshot its cash limit.
(学校は予算を超えて支払った。)


overshoot の過去形,過去分詞は overshot です。


不要不急の英語使用を避けるために日本語を使うとすると,ロックダウンは「都市封鎖」,クラスターは「感染者の集団」でいいと思うんですが,「オーバーシュート」だけはなんか変です。

「オーバーシュート」を「感染者の爆発的増加」という意味で使っていますが,そのような意味はないそうです。
金融や統計で使われることがあっても,医学的には使われないとか。

まあ,危機感を訴えるためにあえて使った言葉かもしれません。

でも,「爆発的な増加」と日本語で言われた方が危機感を感じるように思えます。


*このブログが新しくなってから,英文が自動改行されずに単語の途中で改行されてしまうのが残念です。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年03月31日 08:46
おはようございます。

 先生のご意見に全く同意します。こなれていない外来語を多用するのは本質を曖昧にし、誤解を生みます。

 言語学者の金田一先生だったか、誰かが言っていたのですが、日本語に言い換えが出来る言葉を、あえて外来語で話すのには二つの理由があるのだそうです。ひとつは、その意味をぼかす為、つまり、拡大解釈の隙をあえて残すためであり、もうひとつは、その言葉の意味に権威付けをするため、つまり、学術用語の様な装いをさせて重要性を強調する為なのだそうです。
 さ~て、小池さんのはどっちなのでしょうね。


 話は変わりますが、今朝のニュースで青葉まつりの中止が報じられていました。8月の仙台七夕もその開催を検討中との事です。今年は未曽有の一年になりそうですね。
2020年04月02日 06:17
あきあかねさん
おはようございます。返事が遅れてすみません。
仙台での感染拡大のニュースに危機感をいだいています。これからは正しくてわかりやすい情報がますます必要ですね。マスクはどうやったら手に入るのでしょう? そもそも「自粛を要請」という言葉には矛盾があり,一人一人が「自粛」しないともうマズいんじゃないかと思います。
志村さんのニュースにも驚いています。