写楽の大谷鬼次の手は何をつかまえようとしているの?

3日前に北斎の浮世絵について書きましたが,自分はどうして浮世絵に興味があるんだろうと考えると,思い当たるのが学生時代に夢中で読んだ高橋克彦さんの著作群があります。 これは江戸川乱歩賞を受賞した「写楽殺人事件」をはじめとする私の蔵書。 東洲斎写楽はその実態は謎が多く,創作期間は1年にも満たず,その間に多くの役者絵を描きまし…
コメント:5

続きを読むread more