Haiku in English on Sunday (408) 靴買へば米買ひかねつ梅雨の雲

日曜日は俳句の紹介と英訳。
暦の上では立春から135日目が「入梅」で,今年は6月10日が入梅でした。
気象庁の発表でも日本列島の多くがちょうどそのころ梅雨に入ったようです。

こちら仙台(東北南部)は6月11日に梅雨入りしたと見られ,これは昨日の河川敷の様子。
今にも降り出しそうな雲が広がっています。

tsuyukumo.jpg

これも昨日の写真で,近所のアジサイも色づき始めました。

tsuyuajisai.jpg

もちろん「入梅」「梅雨入」(ついり・つゆいり)「梅雨に入る」はこの時期の時候を表す季語です。

靴買へば米買ひかねつ梅雨の雲  加藤 楸邨
(くつかえばこめかいかねつつゆのくも)

加藤楸邨の句について書くのはおそらく5度目です。

加藤楸邨.jpg

句集「野哭」(1948年)より。
句集の名前は杜甫の詩の一節からとられたそうです。

野哭.jpg

靴を買ってしまったら,米を買うことができなかった,という句ですが,この句集が戦争末期から戦争直後の句を集めたものと知れば時代背景がわかります。

どうして食べる米を買わずに靴を買ってしまったのでしょう?

その答えは下五の「梅雨の雲」。
梅雨に入って毎日路面が濡れているのでしょうか。
もしかすると,靴底あたりに限界が来ているのかもしれません。


靴って思いつきではあまり買わないような気がします。
どうしても新しい靴が必要な理由があったのでしょう。
靴か米か・・・。


では,英訳してみます。

靴買へば米買ひかねつ梅雨の雲  加藤 楸邨

Bought a pair of shoes
Not a bag of rice
Clouds of rainy season


戦後,楸邨は東京でどんな形で米を買っていたのかわかりませんが,袋売りとして,a pair of と a bag of を対比させてみました。

楸邨には「梅雨」と「米」で,こんな句もあります。

梅雨の月明日食ふ米を問ひてねむる  加藤 楸邨


追記のような形で申し訳ないのですが,昨日新聞で俳人の鍵和田秞子先生が11日に亡くなったことを知りました。
私にはNHKの番組の出演者という印象が強いです。

私は1句だけですが,鍵和田先生に角川の俳誌で佳作をいただいたことがあります。

遠雷に子どもの消ゆる遊具かな  リアルET

鍵和田先生のご冥福をお祈りいたします。

最近,自作の句の発表の場になってすみません。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2020年06月14日 09:15
おはようございます。

 「a pair of」と「 a bag of」の使い方、大変勉強になりました。なるほど、こうすれば、「新しい靴」と「一握りの米」の対比が明確になりますね。

 ちなみに、闇市で米は量り売りでした。米を買ってくるときは、布製の「米袋」を持参しました。小売りの形態の1升入りや5升入りの布袋を流用することもありましたが、手拭などを縫い合わせて作った米袋を使う事もありました。私の子供時代には、まだこの布製の「米袋」は大抵の家庭で使っていました。
2020年06月14日 13:58
こんにちは!
>遠雷に子どもの消ゆる遊具かな  リアルET先生

良い句ですね👏 遊具かな・・で情景が解りますね
今まで遊んでいた子が雷で一目散に逃げて行った後に
遊具の滑り台や みなとは、ブランコだと思いました。
取り残されて かすかに揺れているブランコが見えました。

簡潔で良い句です。みなとならくどくど説明が省けなくて
駄句になります(/ω\) 見習いたいです。

鍵和田秞子氏88歳でしたね。ご冥福をお祈り申し上げます(._.)
  


2020年06月15日 06:24
あきあかねさん
おはようございます。
私も闇市のイメージがあったので袋にしました。もしかして升売りなのかなあとも思ったのですが。
今日は一転して暑くなりそうです。
2020年06月15日 06:27
みなとさん
拙句,ほめていただきありがとうございます。
俳人の方が亡くなっても,選をいただいたというつながりが心の中に残ります。俳句の世界ってそんな師弟関係もまた魅力だなあって思います。
今回調べて,そう言えば鍵和田先生から選頂いたような気がして載せました。