人名 James 考(5) まとめ

4回にわたって James という名前が,なぜ「ジェームズ」と「ジェームス」という2通りの日本語表記があるのか考えてみました。

そもそも,James の正しい発音はどうなっているのでしょうか。



[jaymz](ジェイムズ)のように発音しています


教科書ではどのように表記されているのでしょうか?

これはイングランド王 King James Ⅰ

james20.jpg

山川出版の世界史は現地発音主義ですが,やはり「ジェームズ1世」となっています。

james12.jpg


最後に・・・
日本では「ジェームス・ディーン」と呼ばれていますが,日本語版 Wikipedia の見出しでは「ジェームズ・ディーン」です。

でも,なぜか歌手の「ジェームス・ブラウン」の見出しは「ジェームス」ですが,記事の中では「ジェイムズ」でゆらぎがあります。

さらに・・・
日本語版Wikipedia にはこんな文が。

ジェームズ
ジェームズ、ジェイムズ、ジェームス、ジェイムス (英語: James) は、ヤコブに由来する、英語圏ではポピュラーな姓で特にスコットランドやアイルランドなどのケルト系に多い男性名である。規範的には /ˈdʒeɪmz/ のように最後の子音は有声音だが、/ˈdʒeɪms/ のように無声化して発音されることもある(方言、個人的癖、発音する環境、それぞれの名前によって、など理由は様々)。


「ジェイム」のように発音されることもあると書いてありますが,理由は様々って,そんなあ。

英語版では [dʒeɪmz] の発音しか載っていないので,「ジェームス」は日本語表記にみられる特徴かもしれません。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

この記事へのコメント