Haiku in English on Sunday (410) 髪洗ふ静かに暮らすとはこんな

日曜日は俳句の紹介と英訳。
このシリーズもお陰様で410回目を迎えますが,この時期は梅雨やアジサイの俳句に偏り気味です。

ということで,これまで扱ったことがないと思われる季語の句について書いてみます。

髪洗ふ静かに暮らすとはこんな  夏井 いつき
(かみあらうしずかにくらすとはこんな)


「俳句発想法 歳時記 夏」(草思社文庫)より。

夏井いつき先生はテレビでもおなじみ。このシリーズではおそらく4度目。
こちらは2015年に夏井先生が私の勤務校で夏休み中に俳句教室を開いてくださったときの様子。

natsui.jpg


髪の毛は年中洗いますが,「髪洗う」は夏らしい季語です。
梅雨のじめじめした時に髪を洗ったり,1日の汗を流しながら髪を洗うのは気持ちのいいことです。

夏の1日を終え,髪を洗うことは静かな幸せ。
そんなちょっとしたことを切り取りました。


「こんな」で終わっているところがこの句の面白いところでしょう。

髪洗ふ静かに暮らすとはこんな(生活)
髪洗ふ静かに暮らすとはこんな(ことなのよ)


「こんな」で切ったことで,読む人に最後を預け,余韻を残しました。

現在の夏井先生はお忙しく「静かに暮らす」ことは難しくなっているかもしれませんが,それでも髪を洗われているときは無心で静かなひと時かもしれません。


では,英訳してみます。

髪洗ふ静かに暮らすとはこんな  夏井いつき

Washing my hair
A quiet life is
Just like this



2015年の俳句教室(句会ライブ)のあとに少し夏井先生とお話が出来ました。
先生の著書を読んでいたので,そのことを話しました。

句会では私の句を優秀句5句に選んでいただき「才能アリ」をいただいたことは励みになりました。
そのときの句です。

大夕焼妻を見舞ひて帰りけり  リアルET
(おおゆやけつまをみまいてかえりけり)

俳句の世界では「夕焼け」を「ゆやけ」と読ませる強引さがあります。
ちょっと個人情報が入っている句ですが・・・。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年06月28日 08:53
おはようございます。

 奥様が御病気? 先生の句がすでに過去の事であることを願っています。
2020年06月28日 09:28
ちょっと気になったものですから追記します。

 不勉強なものですから、「髪洗う」という季語があるのを初めて知りました。きっと古い時代のものなのでしょうね、
 現代(いま)は毎日でも髪を洗えますし、髪だけを洗う、というよりも、お風呂に入ったついでに洗髪する、というのが一般的ですが、昭和の中頃まではそうではありませんでした(特に髪の長い女性の場合)。洗髪は単独で行うのが常でした。
 長い女性の髪を洗う場合は、大量のお湯と洗髪剤が必要な訳ですが、どちらも潤沢に使えるようになったのは、ここ数十年の事です。昔の女性たちは”心して”髪を洗ったものでした。ですので、頻度もひと月に一回とか、二十日に一回とかでした。
 ちなみに、江戸の町の銭湯では洗髪はご法度でした。男も女もです。洗髪は家で行っていました。縁側や井戸端で洗髪をする浮世絵が多数残っています。
2020年06月28日 11:45
もうひとつ思い出しました。

 七夕の日に髪を洗うと美しい髪になる、という俗説があって、若い娘たちが川に集まって髪を洗う風習が近年(昭和20年代)までありました。そこから「髪洗ふ」が夏の季語なのですね。
 ちなみに、この風習の写真は私の本棚の写真集にも載っています。
2020年06月28日 13:47
あきあかねさん
こんにちは。見舞いの句へのお気遣いありがとうございます。
あの句会は2,015年で,最初に詠んだのはもっと前です。お陰様で元気ですので逆にご心配をおかけしてしまい申し訳ありません。家族のことなので記載をやめようかとも思ったのですが,夏井先生との思い出の句なので載せてみました。
どの歳時記を見ても「髪洗う」は比較的新しい季語ではないかと思います。「夏は他の季節より洗う回数が多い」と書いているものもあり,その程度なのかとも思ってしまいます。圧倒的に女性が詠んだり,女性の「洗い髪」を詠んだものが多いのですが,「その内に男の洗い髪で名句が登場するかもしれない」と書いている歳時記もあります。俳句の歴史に名を残すなら,この手があるかもしれません(笑)。
江戸の銭湯の洗髪の話や七夕の髪洗いの風習は初めて知りました。銭湯で髪が洗えないなんて! 

2020年06月29日 09:22
お早うございます(#^.^#)
夏井先生が、リアルET先生の学校に入らしたことは
前にお聞きしましたが この添削風景は初めて見ました。
いつき先生の句も初めてでした。
ET先生も夏井先生の才能あり選に・・おめでとうございます。👏👏👏

みなとは、俳句初めてからの夏井先生の追っかけです(苦笑)
一度最優秀賞でコンポを頂きました(笑)
夏井先生主催の句会には、今数えましたら7、8ケ所に
ネット投稿しています。
ユウーチューブでもいつき先生と息子さんとの俳句チャンネル毎週木曜日8時から放送しています。
2020年07月01日 06:06
みなとさん
おはようございます。返事が遅れてすみません。
みなとさんが夏井先生ファンなのは記事のあちこちから知っています(笑)。
コンポをいただいたなんてすごいですね!
夏井先生と会話ができたことは今でもいい思い出になっています。
今回恥ずかしながらその時の句を書いてみました。