Haiku in English on Sunday (413) 校庭に映画はじまるまでの蝉

日曜日は俳句の紹介と英訳。
映画音楽の巨匠モリコーネ氏のことについて書いてきましたが,私は映画は総合芸術だと思っていますし,今でも娯楽の王様ではないかと思うのです。

でも,昨今のコロナ禍でその営業は厳しいものがあるのではないかと想像できます。

そんな中,密を避けるために,屋外のドライブイン・シアターが見直されているようです。
(写真はネット上から)

drivein.jpg

世界初のドライブインシアターは1933年にアメリカのニュージャージ州で誕生したそうです。
1950年代には全米で4000(!)を超え,今でもこの形態の営業は残っているそうです。

日本では1961年,神奈川県小田原市のトヨペット小田原サービスセンター内の「ドライブイン野外劇場」が最初だとか。
日本のピークは1990年頃で全国で20か所程度だったそうです。

私は仙台郊外の名取というところにあったドライブイン・シアターに1度行ったことがあります。
誰と何の映画を見たかも思いだせません。

しかし,2010年に神奈川の大磯ロングビーチのドライブインシアターを最後に,日本ではすべて営業を終了してしまったそうです。
ただ,その後,イベントで復活したり,今回のコロナ禍を受けて,各地でこの形態での上映が行われているようです。


時代はさかのぼり,私が中学生の頃は学校で映画上映会が開かれました。

私は経験がないのですが,あるいは時代はもっとさかのぼるのか,夏休みなどは「納涼映画」として校庭などで映画会が行われたようです。
イベントなどで,今も行われているところもあるようで,ネット上ではポスターや写真も見つかります。

drivein1.jpg

「納涼」自体が季語ですが,「納涼映画」を詠んだ句も見つかりますが,今日の句もそんな映画会なんでしょう。


校庭に映画はじまるまでの蝉  大牧 広
(こうていにえいがはじまるまでのせみ)

大牧広氏は東京生まれの俳人(1931-2019)。
「馬酔木」「鶴」に入会後,1971年,「沖」に入会し能村登四郎,林翔に師事。
1989年,「港」を創刊・主宰。門人も多く輩出しています。
2009年,第64回現代俳句協会賞受賞。
2019年,「朝の森」で第53回蛇笏賞受賞。

drivein2.jpg

今日の句は納涼映画を詠んだのでしょうが,もちろん季語は「蝉」になります。

校庭に映画を見に子どもや大人が集まってきます。
セミが鳴いています。

でも,セミが鳴くのも夕方まで。映画の邪魔はしません。
もちろん,人の多さにセミもどこかに行ってしまうのでしょう。



では,英訳してみます。

校庭に映画はじまるまでの蝉  大牧 広

Cicadas' song
Until a movie starts
In the schoolyard



今日の句は季節的には少し早いです。でも,今年は夏休みはほとんどないのが学校の現状でしょうか。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年07月19日 09:13
おはようございます。

 そういえば、名取にドライブインシアターがありましたね。あれ、何年ぐらい続いたのだろう? そんなに長い期間じゃなかったような記憶なのですが…

 「納涼映画」、私は小学生の時に経験があります。地元の町の中学校の校庭でした。そこは町の盆踊りの会場にもなっていた所でした。
 どんな映画が上映されていたのかは忘れてしまったのですが、最初は子供向けにチャンバラ映画が上映され、9時過ぎぐらいからは大人向けの世話物だったような記憶です。真夜中ぐらいまで続いていました。
 スクリーンは校舎の窓と窓に張ったロープに取り付けられ、映写機は校庭の中ほどまで移動した指揮台にセットしていました。時折風でスクリーンが波打つので、主人公の顔がゆがんだり、拡声器からの音声も聞き取りにくくなったりします。
 隣町には小さな映画館があったのですが、子供達ばかりか大人たちも結構喜んでいました。
2020年07月19日 21:00
ドライブイン・シアター懐かしいですね。結婚する前に夫と行ったのを覚えています。Mr.ビーンでした!
2020年07月19日 22:26
あきあかねさん
こんばんは。名取の国道4号線沿いにあったドライブイン・シアターは横を通るたびに気になっていて,1度行った記憶があります。薬師丸ひろ子さんがでていた国内映画だったか,邦画だったか洋画だったかも思い出せません。
画面はスクリーンに出ますが,音声はカーラジオのFMだったか。そうなるとエンジンはかけたままなので,別のラジオか何かを貸してくれたのか。あいまいですが,行ったなあという記憶だけはあります。
校庭で映画を見た記憶はありませんが,平成の初めころまで映画鑑賞会をしていた中学校もあったと思います。私も16mm映写機の資格を取りました。その後,映像教材はビデオになりDVDになり,今やネットです。もはや技術や資格はいりません。
昔は劇場の映画も隅にマークが出ると技師さんが次のフィルム(映写機)に代えたはず。技師さんたちは今はどうされているんだろう。
2020年07月19日 22:32
夢佳さん
こんばんは。ドライブイン・シアターはアメリカの映画などで知っていましたが,狭い日本でもできるんだあと思いました。
車の中だといくら笑ってもいいし,話してもいいし,そういうところはよかったのですが座席は映画館のほうがよかったかな。
今でもアメリカの映画館の1.5%はドライブイン・シアターだとか。