xのジジョウ?

まず,みなさんはこの数式を何と呼びますか?

x2.jpg

一般的には「xの2乗」(xのニジョウ)と読むのではないでしょうか。

教科書でも「2乗」と書いています。

x21.jpg

なぜ,こんなことを書いたかというと,先日ある授業で数学の先生がこんなことを言ったんです。

「昔の先生は,これを『xのジジョウ』という人もいたんですが,今は言いません」

えーーー,自分が中学の頃の先生は『xのジジョウ』って言ってた気がする!

私は「xのニジョウ」とも「xのジジョウ」とも読みます。
同僚に確認したら「xのジジョウ」と読みました。

広辞苑を見てみましょう。

に‐じょう【二乗】
①〔仏〕
㋐声聞乗(しょうもんじょう)と縁覚乗(えんがくじょう)。また、その人。小乗のこと。菩薩乗(大乗)に対していう。
㋑大乗と小乗。また、その人。
②〔数〕同一の数(文字・式)二つを掛け合わせること。



まあ,これは思った通り。
では「ジジョウ」を見てみましょう。

じ‐じょう【自乗・二乗】
〔数〕
⇒にじょう。


一応,「ニジョウ」に同じとして載っています。

でも,私はここで自分の間違いを知るのです。

「ジジョウ」は漢字で「自乗」

私は2の意味で「次乗」と書くと思っていました。(T_T)
「次乗」「三乗」「四乗」・・・


やっと記事の更新ができました。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント

2020年07月11日 08:53
おはようございます。
 相変わらずご多忙のご様子ですね。

 私も「じじょう(自乗)」で教わった派です。私の頃はまだ、「自乗」という漢字も使われていました。今の教育現場では避けるようにしているのですね。それも有りかと思います。その方が発展性がありますので。つまり、「自乗」もべき乗の一つだという事で…

 ところで先生、、、「”次”乗」だと意味が全然違ってきますよ(笑)。「次」は順番を表す漢字ですので。

 ちなみに、「数」の3要素ってご存知ですか?
①物・物事の順番を表す
②物・物事の量を表す
③物事の回数を表す
です。数(数値)は、この三つの異なる意味を持っています。
 「二乗」の「二」は③の「回数」を表す数漢字ですが、「次乗」の「次」は①の「順番」を表す数漢字ですね。
 で、「自乗」の「自」は、「自ら」という意味ですので、「自分自身を掛け合わせる」という、べき乗の概念の初期の言葉ですね。これはそろそろ捨てても良い言葉なのかもしれません。

 と、いうことで、数学の先生がおっしゃっていた
「昔の先生は,これを『xのジジョウ』という人もいたんですが,今は言いません」
と、いう事は、私は正しい教育姿勢だと思います。
2020年07月11日 09:53
こんにちわ!

二女、二男は「じ」と読みますけど、「に」とは読まないですね。
これは偶然でしょうが、化学で「ジ〇〇」は「2〇〇」の意で使いまね。

なので、「2乗」は「じじょう」の方が便利な面もある気がします。


2020年07月11日 21:17
あきかねさん
こんばんは。なんとか記事を書くことができました。
「次」が順番を表すことはわかっていたとは思いますが,私は次男坊で中学時代は「次」は「二」の代用でよく使われると認識していたと思います。
「次席」「次点」など。おそらく「三乗」「四乗」もあることから「次乗」と思い込んでいたんじゃないかなと思います。まあ基本的に思い込みの激しい性格です。
2020年07月11日 21:28
わけいさん
こんばんは。確かに「二女」「二男」は「次女」「次男」とも書きますが「二」のままでも「じ」ですね。子どものころ,「一姫二太郎」のことを「一人娘と二人の息子」という意味だと思っていました。となると「次女」「次男」の書き方のほうが誤解は少ないかも。
ただ,宮城県では昔仙台に公立の女子高が3つあってそれぞれ第〇女子高と言いました。「一女」「二女」「三女」とよく略称されたのですが,「二女」はさすがにこの意味では「にじょ」でした。(今は共学化され,別の名前になっています。)