「悪どい」は誤変換?

新涼やはらりと取れし本の帯  長谷川 櫂

みなさんは本についている帯をどうしていますか?

大学のときの友人に,本を買うとすぐに帯を捨ててしまう人がいました。
私はカバーも帯も後生大事に取っておく人間なので信じられませんでした。

本の帯にはとても魅力的な宣伝文句が書いてあります。
中には「○○氏推薦!」なんて言葉が。

又吉直樹氏推薦!
カズレーザーさんおすすめの1冊!


なんて言葉はよく見ますし,思わず手に取ってしまいます。

この本も,「三浦しをんさん推薦!!」の言葉に手に取り,買ってしまった本。
この手の本は思わず買ってしまうのですが,これがまたいい本!

8kokugo.jpg

この本の特徴は,誤用か誤用でないのか,その境界線上の何とも言えない言葉をたくさん集めているところ。

例えば・・・

「あくどい」って言葉ありますよね。
著者の神永暁さんはスマホで「あくどい」と打とうとして「悪どい」が出てきて驚きます。

私は「悪どい」が出てきても驚かず,そのままスルーしたことでしょう。

「あくどい」は「悪どい」ではない!?

私のスマホでも「あくどい」と打つと「あくどい」とともに「悪どい」が出てきます。
でも,ワープロソフトの一太郎やワードでは「あくどい」しか出ません。

と言うことは「悪どい」は誤変換?

辞書を見てみると・・・

大辞林

あくど・い (形)
〔「あく」は灰汁(アク)の意,「どい」は接尾語。あくが強い,の意〕
(1)色などがくどくて,いやな感じだ。どぎつい。「立て看板の―・い絵」
(2)やり方が度を超していて,たちが悪い。「―・い手口」「―・い広告」


「あく」は「灰汁」!


明鏡国語辞典

あくど・い 〘形〙 
① 物事のやり方や性格などがどぎつくて、たちが悪いさま。
「やり方が━」
「━(=あくの強い)物言いで論敵をなじる」
② 色や味などが、くどくてしつこいさま。どぎつい。
「━色のネクタイ」

◆注意 俗に「悪どい」とも書くが、誤り。


大辞林と明鏡では意味の順位が逆転していますが,いずれにしても「たちが悪い」「どぎつい」の意味としています。

明鏡国語辞典では「悪どい」は誤りとしています。


青空文庫で検索してみると,有名作家でも「悪どい」と表現している作品が結構見つかります。

ちなみに,「灰汁」は・・・

大辞林

あく【灰汁】
(1)灰を水に溶かして,うわ澄みをすくった汁。炭酸・アルカリなどを含み,媒染剤・絹の精練・漂白などに用いる。
(2)食品中に含まれる,渋み・にがみ・えぐみ・不快臭など,不要で好ましくない成分の総称。「筍(タケノコ)の―を抜く」「スープの―を取る」
(3)(普通,仮名で書く)人の性質・言動や表現などに感じられる,しつこさ・しぶとさ・どぎつさなど。「―の強い文章」



語源は「灰汁」(あく)のようですが,意味的には「悪」の要素が強いので,このようなことになっているのでしょうね。

8aku.jpg



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年09月23日 08:33
おはようございます。

 今は帯も残しておくようになりましたが、学生時代は購入するとすぐに帯を外して捨てていましたね。特に文庫本はそうでした。学生服のポケットに文庫本を入れて持ち歩いていたからです。カバーもつけませんでした。

 「灰汁どい」という表記、明治時代に刊行された本にはよく見かけます。本来の意味を知ったのもそういう本からでした。

 灰(木灰や藁灰等)は、私が子供の頃には雑貨屋さんでも置いてあったのですが、最近のスーパーではタケノコが出回る季節ぐらいにしか見かけなくなりましたね。母は茶道のお点前で使う灰をお茶道具屋さんを通じて購入していました。
2020年09月23日 14:29
こんにちわ!

私は「あくどい」を使うときは、わざと「悪どい」と書きます。
「あくどい出来事・あくどいやつら」に「灰汁どい~」を使った場合、こちら側が「どういった」感じを伝えたいのかがハッキリしないためです。
それにそもそも「灰汁」ってどんな感じなのか自分で理解し難いです。

語源は辞書に書かれている通りかもしれませんが、それはあくまで語源であって、使用法や伝えようとしている意味ではないからです。

※辞書は実際の使用状況からかなり遅れて反映されるので、生きている間に改訂されるかどうかわからないので、待っていられません。
現代の文章を書いたり解読する場合には、辞書は参考に使う程度で、ネット上での使われ方を参考にしてあとは自分で考えたりしています。
2020年09月26日 05:35
おはようございます。
返事が遅れてすみません。記事の更新もできていません。
青空文庫からこんな小説を見つけました。

豊島与志雄作「白日夢」
・・・翌朝、明け方に一寸眼を覚したが、宿酔めいた灰汁どい気持のうちに、凡てがもやもやと夢のように入乱れた。それからまたうとうとと眠った。

帯もカバーも取ってしまうなんて貧乏性の私にはできません(笑)。「この初版本,帯がついていたら5万円なんだけどねえ」なんて考えるのは,なんでも鑑定団の見過ぎですね。


2020年09月26日 05:39
わけいさん
おはようございます。返事が遅れてすみません。
辞書と地図は新しい方がいい,と言われますが,古くなると実用性はなくなります。
意味が逆転している言葉なんてたくさんありますし,語源にこだわるのは意味をなさない場合が多いですね。その辺をうまく解説してくれる辞書がいい辞書かなあ。