「す」のローマ字表記(3) チャゲ&飛鳥,そして・・・

前回は,ノーベル物理学賞を受賞された益川敏英教授が自分の英語論文における名前の表記を Masukawa ではなく Maskawa としていることを書きました。

益川氏の名前は「マ・ス・カ・ワ」というよりは「マス-カワ」という風に一気に発音され,「ス」については Maskawa という表記のほうが理にかなっている気がします。

これは前回書いた「母音の無声化」と呼ばれるもので,詳しくは前回の記事を参照。

安川電機(Yaskawa),益川氏(Maskawa)に続き,他にないかと考えるときに思い浮かぶのが,このユニット「チャゲ&飛鳥」
(現在は事実上解散状態。)

デビュー当時は日本語表記「チャゲ&飛鳥」(1979-88)。

8chage.jpg

そして,CHAGE & ASUKA(1989)。

8chage&asuka.jpg

CHAGE & ASKA(1990-2000)。ここで「す」の U が消えました。

8chage&aska.jpg

CHAGE and ASKA(2001-)。

8chageandaska.jpg

はじめは ASUKA と表記していたのに ASKA となったのは母音の無声化の基づいて,実際の発音に近い表記にしたのではないでしょうか。


最後にプロ野球の松坂大輔投手
彼は大リーグではボストン・レッド・ソックスなどで活躍しました。

彼のローマ字表記は Daisuke Matsuzaka

8diceK2.jpg

でも,これだと「ダイス~ケ」と呼ばれそうです。

彼が大リーグに渡ったとき,「ダイスケ」という発音に近づけて,よく Dice K という表記を見ました。

8diceK.jpg

K には「三振」の意味がありますが,dice「サイコロ」には意味はないと思いますが,正しい発音に近づけた結果なのでしょう。


このシリーズ終わります。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2020年11月08日 09:25
おはようございます。

 「 Dice K」はちょっと可愛そうな気も(笑)…

 
 日本語のローマ字表記でいつも迷うのが長音なのですが、、、
 例えば、「とうとう(等々)」を「toutou」のように、日本語の表記規則をそのままローマ字に当てはめて書いても、英語話者は正しく発音しないだろうなあ、と…
2020年11月09日 20:06
あきあかねさん
こんばんは。Dice K はともかく,野茂投手がトルネードで話題になった背景には Nomo という名前がいいというのもあったようです。
日本語のローマ字表記はヘボン式を基本とするのが一番いいと思っています。まあ英語圏の人に対してですが。
促音や拗音は何とかなるんですが,やはり問題は長音だと思います。パスポートではHを用いるのは任意にしていると思いますが,これでは「大野」さんと「小野」さんは同じ表記になる人が出てしまいます。
でも,それは自分は何と読むのかを相手に伝えればいいだけで,Onoが「大野」だろうが「小野」だろうがそれを無理やりアルファベットで表す必要があるのかとも思います。そもそもアルファベットで世界のすべての言語を表すことはできないですし。