踏切の名前の謎(4) 夕張のファッション通り踏切

先週から書いてきた踏切の名前の話ですが,キリがないし,この本のネタバレになるので,今日を最後にします。
興味を持たれた方はぜひ,2020年1月30日発刊の今尾恵介著「ゆかいな珍名踏切」(朝日新書)をご購読することをお勧めします。

ゆかいな珍名踏切 (朝日新書) - 今尾 恵介
ゆかいな珍名踏切 (朝日新書) - 今尾 恵介

踏切の名前には住所表示変更で消えてしまった地名やかつてそこにあった店の名前がついている例を見てきましたが,今日は町自身の歴史を感じさせる踏切の話です。

夕張市は北海道で最も人口減少の多い都市の1つ。
炭坑都市として賑わった最盛期の昭和35年には人口11.7万人を記録し,道内7位を誇りました。

この写真はその昭和35年(1960年)の夕張,斜面には炭鉱住宅がびっしり。

4yubari.jpg

現在では最盛期の7パーセントの人口で,1万人を割っています。
夕張市には石勝線の夕張支線がありましたが,鉱山閉山後は貨物輸送は廃止され,去年の平成31年4月1日付で廃止されています。

そんな線内の鹿ノ谷~夕張間にあったのが「ファッション通り踏切」
プレートには「通り」も「踏切」も省略され,ただ「ファッション」と。

4fashion1.jpg

炭坑のイメージとは少しかけはなれたネーミングですが,今尾さんが取材中に歩いていたご婦人に尋ねたところ,かつてこの近くに「ドレメ」があったとのこと。

「夕張ドレスメーカー女学院」は洋裁学校として昭和26年に開校
生徒数は多い年で170名を超えました。

また,市内には昭和54年には和洋裁学校が3つありました。
それだけ町は賑わい,若い女性が和洋裁を学びに通っていたんですね。

これが「ファッション通り踏切」(跡)。
夕張ドレスメーカー女学院は左上すぐ近くにあったそうです。

4fashion2.jpg

かつては若い娘さんたちが近くの手芸屋さんで糸や材料を買い,学校に向かう姿をよく見かけたそうです。
夕張最後のドレメは平成に入ってほどなく休校しましたが,建物はしばらく残っていました。

でも平成24年にその建物もまた解体されたそうです。
廃線となったこの踏切もまたいつかはなくなってしまうのでしょう。

最後に,教員になりたての頃,夕張市から転校してきたO君という生徒がいました。
そのころ,よくテレビのドキュメンタリーで夕張市の炭坑閉鎖が取り上げられ,夕張の中学生が会話している場面で「Oも転校しちゃったし」という会話がありました。

もしかすると転校してきたO君のことではないか,と思ったものでした。

夕張と言うと,そのことを今でも思い出します。

(写真はネット上からお借りしました)


"踏切の名前の謎(4) 夕張のファッション通り踏切" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。