修正液? 修整液?

最近,雑誌の「サライ」を買いました。辞書研究家で「広辞苑」や「大辞林」などの校正も担当する境田さんのインタビュー記事がありました。

サライ 2020年 8月号 [雑誌] - サライ編集部
サライ 2020年 8月号 [雑誌] - サライ編集部

その中で,書類などの誤字を訂正するのに使われる文具の表記についての話題がありました。

「修正液」か「修整液」か?

例えば1960年の「三省堂国語辞典」初版では「修整液」だったそうです。
でも2001年の第5版からは「修正液」になったそうです。

それはなぜか?

はじめはタイプライターの文字を直すのに開発された商標名 Liquid Paper が日本にも入ってきました。

9liquid.jpg

国内でも1970年代に「ミスノン」という国産商品が売り出され,「修正液」と商品に明記されると,その名称は一気に「修正液」となりました

9shusei2.jpg

刷毛タイプ(うすめ液なんてのもありました),ペン先タイプ,テープ式,いろいろあります。

ちなみに,「修正」は広い意味で使われ,「修整」は主に写真に対して使われるようです。

9shusei1.jpg

広辞苑では「しゅうせいえき」は次のようになっています。

9shuseikojien.jpg

しゅうせい‐えき【修正液】
インクなどで書いたものを書き直すために、上から塗って用いる液体。ホワイトなど。修整液。


「修整液」という言い方も併記しています。
また確かに「ホワイト」という人もけっこういました。

もちろん,英語で white と言っても,この意味では通じません。

英語では一般的には correction fluid(まさに「修正液体」)というようで,または商標名で Liquid PaperWite-Out と呼ぶようです。

9wite.jpg

一応英語の white には動詞でこんな意味があります。

white
to cover something written on paper, especially a mistake, with a special white liquid so that it cannot be seen any more
(見えなくするために特別な白い液体で,紙に書かれたもの,特に間違った個所を塗ること)



今から20年以上前ですが,オーストラリア人のALTが「コレクターない?」と聞いてきたのですが,何かを集めている人のことかと思ったら,collector ではなく,corrector(修正液)かとわかるのにちょっと時間がかかりました(笑)。




"修正液? 修整液?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。