数字が3つ入った四字熟語

前回,五風十雨という数字の「五」と「十」が入った四字熟語について書きました。 他にも数字が入った四字熟語ってけっこうあります。 「一石二鳥」とか「七転八倒」とか数字が2つ入るものはけっこうありますが,数字が3つ入った四字熟語があると,あるラジオで聞きました。 何か思い浮かぶものありますか? ラジオで紹介していたのは,…
コメント:2

続きを読むread more

五風十雨

GWのここ3日間は半袖でもいい天気だったのですが,最終日は雨の音で目を覚ましました。 これは今朝の様子。水たまりができています。 半月ほど前にラジオで聞いたこんな四字熟語があります。 五風十雨 広辞苑より ごふう‐じゅうう【五風十雨】 5日に一度風が吹き、10日に一度雨が降ること。転じて、風雨その時を得て…
コメント:4

続きを読むread more

新「ランチパック はちみつ&マーガリン」出た!

非常事態宣言が延長されましたが,もし休校中の中学生がここにたどり着いたのなら,トップページや各記事の右側にある「テーマ別記事」から「書き換え問題」をクリックしていただくと,書き換え問題がついた記事に行くことができます。 まあ,今日はあまり英語には関係のない話です。 前回は「ファンタルロ」という新製品について書きましたが,その…
コメント:4

続きを読むread more

ファンタ 世界のおいしいフレーバー ルロ

一昨日に続き,昨日もまた夏のような1日で,半袖でじゅうぶんでした。 こんなときは冷たくておいしい飲み物がほしくなります。 基本的には炭酸飲料は飲まないことにしているのですが,例外は「ファンタ 世界のおいしいフレーバー」シリーズ。 去年の9月にそのシリーズ第一弾「ソカタ」について書きました。 → 「ファンタソカタ」って…
コメント:4

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (402) 黒服の春暑き列上野出づ

日曜日は俳句の紹介と英訳。 私にとっては昨日から実質のGWですが,今年はコロナ感染症予防対策のため部活動の練習試合があるわけでもなく,出かけるわけでもなく家で過ごすことになるでしょう。 これは1年前のGWのスカイツリーを撮った写真。 たった1年で状況はすっかり変わってしまいました。 昨日仙台は30度を超え,観測史…
コメント:2

続きを読むread more

ダジャレの看板!?

前回に続き看板の話です。 しばらく撮りだめていた写真からダジャレ? とつっこみたくなる写真からです。 ダジャレの看板と言えば,電話番号に読み仮名(振り仮名)を振ったものがあります。 これは仙台市青葉区にある石工屋さんの看板。 「1114」イイイシ(いい石)使ってますよ~という宣伝ですね。 下の石屋さ…
コメント:2

続きを読むread more

何かが違う看板

今日から5月ですが,今年の3月に「一文字看板をさがせ!」という5回シリーズの記事を書きました。 これは街で見かける「薬」とか「本」とか,その職種などを1文字で表した看板について書いたものです。 そして先日,こんな看板を見つけました。 店は閉じていましたが,おそらくはんこ屋さんだと思われます。 また看板について気に…
コメント:4

続きを読むread more

青空文庫に見る日本の9月入学

このコロナ禍の中,私が住んでいる宮城県の知事が現在の4月入学から9月入学へシフトする一案を表明したことがネットやニュースで取り上げられたりしています。 昨日は都知事まで考えるに値するようなことを話していました。 よく言われるのは,外国への留学や留学生を受け入れるのに海外の多くの新学期の9月に合わせたほうがいいという理由。 …
コメント:2

続きを読むread more

「とき」だけでない 接続詞の when

先週土曜日に手づくりマスクのことを書いたときに,こんな英文を書きました。 Why buy shop-bought yoghurt when you can easily make your own? (君は簡単に自分で作れるというのに,なぜ店で売っているヨーグルトを買ったりするのか?) Why は直後に動詞の原形を…
コメント:2

続きを読むread more

なぜ? アクセス解析

短い記事です。 このウェブリブログは去年の夏に大幅リニューアルしましたが,残念なのは記事ごとのアクセス数がカウント(表示)されなくなったことです。 正確には,「アクセス解析」の「サマリー」から「ブログ全体」「前日アクセス数」「前日訪問者数」を知ることはできるんですが,「アクセス解析」の「ページ別」は1日単位でしかアクセス数を…
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (401) 山門のぺんぺん草や安養寺

日曜日は俳句の紹介と英訳。 昨日,一冊の本を読みました。村上春樹氏の新刊です。 猫を棄てる 父親について語るとき - 村上 春樹 書名には副題もあり「猫を棄てる 父親について語るとき」。 私が買ったものにはこんな帯がついています。 村上春樹氏が親戚を含めて家族について実名を出し,語ったことがこれまであったで…
コメント:5

続きを読むread more

手づくりマスク handmade と homemade

マスク不足が叫ばれて久しいのに,いつになったら解決するのでしょうか。 最近は手づくりと思えるマスクをしている人をよく見ます。 スーパーのペコちゃんも手づくりマスクをしていました。 そんな中,札幌に住む義理の妹が手づくりのマスクを送ってくれました。 彼女は昔から裁縫が得意で,以前からよく手づくりの布製品を送ってくれるん…
コメント:6

続きを読むread more

ランチパックにまつわる企業の危機管理

これは昨日買った山崎製パン「ランチパック はちみつ&マーガリン」。 左下にある「YSE」の文字は山崎製パン仙台工場を意味します。 「すっきりとした甘さのはちみつゼリーとマーガリンをサンドしました。」と包装袋には書いてあります。 このシリーズは昼食に限らず,いつ食べてもおいしい。 でも,今日は味の話ではなく,パッケ…
コメント:4

続きを読むread more

Scrap and Build スクラップ・アンド・ビルド

コロナ禍の臨時休校中でも,全国の学校の現場は日ごとの状況に対応して,その学校の現状に対応して勤務を続けていることでしょう。 ただ,新学期の授業をいつ始められるのか,何度も延期になって,一度決めたことが中止になることがその都度繰り返されています。 ちょっと違うけど,「スクラップ・アンド・ビルド」という言葉があります。 広辞苑では…
コメント:2

続きを読むread more

浮世絵 江戸にタンチョウヅルがいたの?

鶴は千年,亀は万年。 前回,広重の亀を描いた浮世絵について書いたので,今回は同じ広重の鶴を描いた浮世絵です。 広重の「名所江戸百景 蓑輪金杉三河しま」。 今で言えば,東日暮里あたりだそうです。 頭が赤く,これは鶴の中で最大の丹頂(タンチョウ)。 一般的には「ツル」と言えばタンチョウヅルをさすほど。 タンチ…
コメント:2

続きを読むread more

浮世絵 なぜ亀は吊るされているの?

前回,永井荷風の小説「濹東綺譚」について少し書きました。 これは,私の本棚にあった新潮文庫で,発行は昭和で180円(笑)。 タイトルに使われている「濹東」とは? 「濹」は「さんずい」に「すみ」で「隅田川」を表す江戸時代の造語。 つまり「濹東」とは「隅田川の東岸」という意味です。 そんな隅田川の東側に…
コメント:3

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (400) 傘さゝぬ人のゆきゝや春の雨

日曜日は俳句の紹介と英訳。 お陰様で,このシリーズも400回目を迎えることができました。 昨日の仙台は大雨で,花散らしの雨となってしまったようです。 季語としては「春雨」はしとしと降る小糠雨のイメージ,「春の雨」は春の雨全般を指します。 「春霖」は春の長雨で,菜の花が咲くころの長雨は「菜種梅雨」で陰鬱な印象があります。 …
コメント:2

続きを読むread more

`感染者ゼロ・岩手県にまつわる過去記事より

ここ宮城県は昨日の時点で新型コロナ感染者が79人を超えたようです。 退院された方も多いと聞きますが,お見舞い申し上げます。 不思議なのはお隣の岩手県は全国で唯一感染者ゼロを続けています。 日本で一番大きい県なのに,ウィルスをシャットアウトしています。 聞こえてくる話によると,ここまできたら県内で最初の感染者になら…
コメント:2

続きを読むread more

social distancing` 社会距離拡大戦略

`日曜日にどうしても家電店に行かなければならず,店に入ろうとしたらミシンを買って出て来る家族を見ました。 きっと,そのミシンでマスクを作るのかな,なんて勝手に想像しました。 ` 最近は新型コロナ感染対策としてマスク以外にもいろいろな対策がとられています。 私が時々ラジコで聞くラジオ番組ではスタジオのパーソナリティーの…
コメント:2

続きを読むread more

絵本「なまえのないねこ」

前回,絵本の「きつねのおきゃくさま」について書きました。 きつねのおきゃくさま (創作えほん) - あまん きみこ そう言えば,絵本について書くのは今年は2回目でしたでしょうか。 1月にショーン・タンの「アライバル」という素晴らしい絵本について書きました。 アライバル - ショーン・タン, 小林 美幸 過去記事…
コメント:2

続きを読むread more