見た目と味覚 逆転ホームランバー

今日は「見た目と味覚」について書いてみます。 前回のウルトラセブンのタイトル風に題字を作ってみました(笑)。 これはよくコンビニで売っているアイス「ホームランバー」。 ミルク感たっぷりのおいしいバニラ味。 そんな協同乳業(メイトー)製品で,最近こんなアイスを食べました。 「逆転ホームランバー…
コメント:6

続きを読むread more

「ウルトラセブン」の「フロデューサー」?

先日,ウルトラセブンのDVDを見ていて気になったことです。 私は中古で買ったDVDを2枚持っているのですが,何気なくこの4巻を見ていました。 DVD ウルトラセブン Vol.4 - 特撮(映像), 特撮(映像) この第4巻には第14話から第17話までが収録されているんですが,気になったのがこの2つ。 第14話「ウルトラ警…
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (391) ちぐはぐな挨拶かはし浅き春

日曜日は俳句の紹介と英訳。 これは昨日の仙台市役所と広場で行われていたイベントの様子です。 暖かい早春の一日で,家を出るとき何を着るか迷ったほどです。 これは定禅寺通りと三越。道行く人々の服装も様々です。 季語の「早春」「春浅し」は立春を過ぎて2月末ぐらいまでのこの時期。 春めいてきたとはいえ寒さが戻っ…
コメント:2

続きを読むread more

「停留所」を何と読む?!

最近「東大王」というクイズ番組で難しい漢字に関する問題を楽しく見ています。現役東大生も芸能人の方々も難漢字を読んでいく姿はさすがです。 自分でもちょっと漢字を勉強しようかなと思い,こんな本を買いました。 できる大人の教養 1秒で読む漢字 (青春文庫) - 話題の達人倶楽部 この本の中で,意外なことがわかった漢字の読み方…
コメント:10

続きを読むread more

四大陸ってどこ?

先日,「2020年四大陸フィギュアスケート選手権」を見て,ちょっと疑問に思ったこと。 シングルでは男女ともに日本の選手が金メダルを獲得して活躍しました。 でも,そもそも「四大陸」ってどこ? 5大陸ならわかるけど。 この大会の英語名は「Four Continents Figure Skating Championships …
コメント:0

続きを読むread more

都道府県を代表する企業で日本地図を作った人がいる

最近,ネット記事で知ったことですが,「都道府県を代表する企業で日本地図」を作った人がいるようです。 その話を聞いて,まず考えたことは自分の地元は何だろう? ということ。 私は住んでいる宮城県は「アイリスオーヤマ」かなあ,と思ったら,案の定そうでした。 みなさんのお住まいの都道府県を代表する企業は何ですか? これはヒローキ…
コメント:2

続きを読むread more

映画「パラサイト 半地下の家族」アカデミー賞・作品賞受賞!

前々回,韓国映画「パラサイト 半地下の家族」がアカデミー賞の作品賞をとるのではないか,という記事を書きましたが,予言(?)通りに英語以外の映画としては初めて作品賞を受賞しました。 作品賞の他に,監督賞,国際映画賞,脚本賞の4冠で,アジア映画としても快挙です。 アカデミー賞受賞者にはオスカー像が渡されますが,台座にはあ…
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (390) 小田原の町まち見えて空に凧

日曜日は俳句の紹介と英訳。 立春を過ぎてから非常に寒い日が続いています。前回映画の話を書きましたが,先日,書店でこんな本を見つけ買ってしまいました。 「文藝別冊 小津安二郎 永遠の映画 増補新版」。 小津安二郎: 永遠の映画 (文藝別冊) - 河出書房新社編集部 小津監督の映画は大好きで関連する本も持っていますが,なぜこ…
コメント:2

続きを読むread more

映画「パラサイト 半地下の家族」アカデミー賞受賞なるか!?

第92回アカデミー賞の授賞式が間もなく,日本時間の2月10日(月)の午前中に始まります。 今回はある韓国映画が作品賞にノミネートされ,作品賞を受賞するのではと話題になっています。 その映画とはポン・ジュノ監督の「パラサイト 半地下の家族」。 話題になるのには理由があります。なんとこの映画,韓国映画初,カンヌ国際映画…
コメント:0

続きを読むread more

husbank!?

地名の話から一転します。 2年前に「wife の反対語!?」という記事を書きました。 ある女子生徒が,wife の反対語を書く欄で悩んでいるので 「習ったばかりの単語だよ」と教えてあげると 「あー,そっちの意味?」と言いました。 どうも聞いてみると,彼女は「妻ではない女性」をどう表現したらいいか悩んでいたのです(笑)。…
コメント:2

続きを読むread more

山口県周南市徳山駅周辺の地名の謎

これまで今尾恵介さんの「ゆかいな珍名踏切」(朝日新書)から文字通りの珍名踏切についていくつか書きましたが,近くの図書館から今尾さんの他の著書を借りてみました。 その中から著作「日本地図のたのしみ」にある,興味深い話。 (今では文庫本になっているようです。) 日本地図のたのしみ (ちくま文庫) - 恵介, 今尾 …
コメント:2

続きを読むread more

地名と地図にまつわる過去記事

踏切についた名前について4回にわたり書きましたが,過去にも地名や地図について書いたことがけっこうあることを思い出しました。 どうも,普段は意識しませんが,私には地名や地図好きなところがあるようです。 2015年の10月末に3回連続で書いたのは,アメリカのニューヨーク州の「存在しないはずの町 Agloe」について。 …
コメント:0

続きを読むread more

踏切の名前の謎(4) 夕張のファッション通り踏切

先週から書いてきた踏切の名前の話ですが,キリがないし,この本のネタバレになるので,今日を最後にします。 興味を持たれた方はぜひ,2020年1月30日発刊の今尾恵介著「ゆかいな珍名踏切」(朝日新書)をご購読することをお勧めします。 ゆかいな珍名踏切 (朝日新書) - 今尾 恵介 踏切の名前には住所表示変更で消えてしまった地名…
コメント:6

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (389) 踏切の向かふにあれば冬の顔

日曜日は俳句の紹介と英訳。 暖かい雪の降らない冬が続いていますが,明日はもう節分。春はすぐそこ。 でも,2月に寒気が来るのではとも言われています。 ここ数日,「踏切」について書いてきたので踏切の一句です。 踏切の向かふにあれば冬の顔  中村 菊一郎 (ふみきりのむこうにあればふゆのかお) 中村菊一郎氏は「青芝」の…
コメント:2

続きを読むread more

踏切の名前の謎(3) コンニャク屋踏切~長野の不思議な名前の踏切

前回書いた「パーマ踏切」がある長野県の飯山線には「コンニャク屋踏切」があるんだそうです。 でも,この踏切がある飯山市大字照岡にはコンニャク屋は確認できず,どこかの民家が昔は店をやっていたのではないか,ということです。 さすがに珍名踏切全部を実地踏査するわけにはいきませんね。 また,同じ長野県内の篠ノ井線村井駅の南側…
コメント:2

続きを読むread more

踏切の名前の謎(2) パーマ踏切!?

前回に続き,踏切についた名前の話です。 少なくとも私は,全ての踏切に名前がついているなんて思ってもいませんでした。 全国の駅に名前があるように,その3倍以上と言われる3万を超える踏切には名前があるのです。 そして,その名前には消えてしまった地名や,笑ってしまうようなエピソードが残されています。 それを教えてくれたのが,ラ…
コメント:2

続きを読むread more

踏切の名前の謎(1) 「第1勘太踏切」の勘太って誰!?

ある踏切を通るたびに気になっていたことがあります。 その踏切の名前は「第1勘太踏切」。 勘太って誰? 通るたびに思っていました。 まさか,昔々の駅長さんの初孫の名前を踏切につけたとか(笑)? 検索してみると「第2勘太踏切」があることがわかりました。 と言うことは,駅長の初孫の名前説はないなあ。 この辺だろ…
コメント:2

続きを読むread more

映画「ラストレター」見ました。(ネタバレなし)

日曜日,岩井俊二監督の映画「ラストレター」を見てきました。 これは仙台出身の岩井監督が仙台と県の南部の白石(しろいし)市を舞台に撮った最新映画です。 「ラストレター」というタイトルから,1995年の「Love Letter」を思い出す人も多いと思いますが,これはある意味,その映画のアンサームービーですし,中山美穂さんも再…
コメント:4

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (388) スキー列車に乗合せたるふしあはせ

日曜日は俳句の紹介と英訳。 昨日は部活動のある大会で県の南部に行ってきました。 これはその途中で撮った蔵王(連峰)の写真です。 麓はもちろん,蔵王自体に雪があまりありません。 右側のスキー場にやっと白い部分を見ることができます。 今年の雪不足は全国的だそうで,雪深い地域の人々にとっては助かっているようですが,スキー…
コメント:4

続きを読むread more

石巻のマンガッタン島へ(3) ショーン・タンの世界展

石巻市の石ノ森萬画館を訪れた話の最終回です。 今回,このミュージアムに行った目的はもう1つあり,それは2階企画展示室で行われている「ショーン・タンの世界展」を見ることです。 これは館内に貼ってあるポスター。 これは私が感動した絵本(グラフィック・ノベル)「アライバル」(2006年)。 作者のショーン・タン(Sha…
コメント:2

続きを読むread more