テーマ:豆知識

踏切の名前の謎(3) コンニャク屋踏切~長野の不思議な名前の踏切

前回書いた「パーマ踏切」がある長野県の飯山線には「コンニャク屋踏切」があるんだそうです。 でも,この踏切がある飯山市大字照岡にはコンニャク屋は確認できず,どこかの民家が昔は店をやっていたのではないか,ということです。 さすがに珍名踏切全部を実地踏査するわけにはいきませんね。 また,同じ長野県内の篠ノ井線村井駅の南側…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

踏切の名前の謎(2) パーマ踏切!?

前回に続き,踏切についた名前の話です。 少なくとも私は,全ての踏切に名前がついているなんて思ってもいませんでした。 全国の駅に名前があるように,その3倍以上と言われる3万を超える踏切には名前があるのです。 そして,その名前には消えてしまった地名や,笑ってしまうようなエピソードが残されています。 それを教えてくれたのが,ラ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

広辞苑に載っていない言葉「てっそん」?

正月には親戚が一堂に会して,なんていう家庭もあったことでしょう。 おじ,おば,甥,姪あたりまでは自分との関係も名前もわかるけど,親戚の集まりとか結婚式で,この人は自分の何にあたる人だっけ,なんてときがあります。 今年になってラジオで知った言葉があります。それは「てっそん」。 実はこの言葉,広辞苑には載っていないんで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

祝 サザエさん新年1回目の放送 26連続チョキ達成!

前回の記事で書いた通り,昨日のフジテレビ系のアニメ「サザエさん」の最後のじゃんけんで,サザエさんは「チョキ」を出しました。 これで新年1回目の放送のじゃんけん,26年連続チョキ達成です! 1995年以来26年連続サザエさんはチョキを出しています! ここ数年も書いてきましたが,これまでの歴史です。 1991.10.20…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

サザエさん 26年連続チョキ達成なるか?

去年もそうなんですが,肝心なことを予告するのを忘れていました。 今日はアニメ「サザエさん」の新年1回目の放送日。 これまで番組の最後に行われるサザエさんのじゃんけんが 「新年1回目の放送はチョキ」が25年連続で続いているのです! これは去年,2019年1月6日のじゃんけんでチョキ。 今回は「令和初のじゃんけん」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「子年」のこと

元日の昨日は大きなショッピングセンターに寄りましたが,今年は大物芸人さんが来るわけでもなく,私は家族のドライバーのようなもの。 また,年賀状もいただき,多くの年賀状にはネズミのイラストが。 干支が一巡し,干支の始まり「子年」(ネズミ年)が始まりました。 なぜ「子」が「ネズミ」を意味するのかは,不明な点もあるようです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

世界のオモシロ年越し

前回は年の暮れの俳句について書きましたが,今年も残すところあと2日。 日本では大晦日に除夜の鐘をつきますが,最近は騒音だとクレームが来たりと大変なようです。 日本では年末に大掃除をして新年を迎えますが,カリブ海の国,プエルトリコでも掃除をするんだそうですが,先日ラジオで聞いた話では,そのあとおもしろい習慣があるんだそうです。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マネ作「フォリー・ベルジェールのバー」 (3)不思議な鏡像の謎

パリで生まれ育った画家,エドゥアール・マネの「フォリー・ベルジェールのバー」について書いてきましたが,この絵のもっとも不思議なところは,この構図,バーメイドの後ろにある鏡に映った像ではないでしょうか。 バーメイドの後ろ姿の鏡像は本人から右に離れて描かれ,しかも謎の男性! 普通なら,鏡の手前にこの男性もまたいないとおかしいので…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マネ作「フォリー・ベルジェールのバー」 (2)鏡の中の世界とジャポニスム

印象派の誕生につながる絵画を多く残したフランス・パリ生まれの画家,マネ最晩年の「フォリー・ベルジェールのバー」についてシリーズで書いています。(このシリーズの話のもとになっているのは東大の三浦篤教授の講演です。) この絵の構図は中央にこのミュージックホールのバーカウンターで働くバーメイドが印象的に配置されています。 「バーメ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マネ作「フォリー・ベルジェールのバー」 (1)どんな絵なの?

前回はパリの18区のモンマルトルにあるショー劇場「ムーラン・ルージュ」について書きました。 現地ガイドさんの話では,パリを時計に例えると,セーヌ川は4時から8時へ向かってへの字型に流れ,18区は12時の方角にあるということでした。 その南に接しているのが9区で,そこにもまた有名な劇場(ミュージックホール)「フォリー・ベルジェール」が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

三毛猫たけしの冒険

私にとっては年賀状をどうしようかと悩む時期となりました。 この季節に意識するものが,「来年の干支」で来年は子(ね)。 ネズミは干支の最初だし,某テーマパークの人気キャラでもありますが,現実にはあまり好かれてないような気がします。 特に船舶ではネズミは嫌われ者で,せっかく積んだ食料を食べてしまうので,昔からよくネコも船に乗せ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「無礼講である」とは?

仙台では冬の風物詩「光のページェント」が始まりました。 昨日は金曜日だからか,帰宅するときは中心部はけっこう混んでいました。 (この写真は昨日のものではありませんが) そろそろ忘年会のシーズンなんですね。 忘年会と言うと,よく「今日は無礼講でいきましょう」と言ったりします。 また,歴史ドラマで「今日は無礼講である」なん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都の「ほっこりしたわぁ」って?

最近よく聞く言葉に「ほっこり」があります。 でも,岩波国語辞典をはじめ一般的な国語辞典にはこの言葉は載ってません。 大辞林では,次のような意味として載っています。 ほっこり ■一■ (副) (1)ほかほかと暖かいさま。「―(と)した芋」 (2)色つやがよく鮮やかなさま。また,ほっとしたさま。「―と息つきたいが/滑…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

風の和声漢字

体調が悪く,病院と仕事以外は睡眠の生活を送っています。書ける範囲で書きます。 先週,東京の木枯らし1号がまだ吹かないことについて書きましたが,今日は11月の末日,今日中に定義に当てはまる風が吹かないと去年に続き,今年も木枯らし1号は吹かなかったことになります。 仙台には「木枯らし1号」の定義はありませんが,ときおり強い北風が…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

知らなかった!(11) 小夏日和?

立冬を越え,めっきり寒くなりましたが,昨日は天気も良く暖かい一日でした。 授業中,半袖ジャージの生徒が3人いました(笑)。 冬なのに,春のような陽気を感じさせる,そんな暖かい日を俳句では「小春」「小春日」「小春日和」「小六月」などと言ったりします。 でも,最近ラジオで聞いたのですが,沖縄では11月でも25度を超える「夏日」…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

知らなかった!(10) ルパン三世の素顔?

最近,ラジオで知ったことです。 マンガ,テレビアニメ,映画に「ルパン三世」のシリーズがありますが,その主人公ルパン三世のことです。 これは名作の誉れ高い,宮崎駿監督の劇場映画。 ルパン三世 カリオストロの城 実はこのルパン三世の顔,素顔ではないんだそうです! ルパンはあの大怪盗アルセーヌ・ルパンの孫の設定ですが,そ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

知らなかった!(9) 「前門の虎,後門の狼」の意味?

今日は勘違いしていた故事成語の意味です。私だけかもしれません。 それは「前門の虎,後門の狼」という言葉。 みなさんは,どのような意味で使われていますか? 私はてっきり「挟み撃ちの状態,身動きが取れないピンチの状態」だと思っていました。 まあ,実際にこの言葉を使うことはないのですが。 図にするとこんな状態。 で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知らなかった!(8) ムックはガチャピンの弟子!?

最近宝くじの一種のCMにガチャピンとムックが出ています。 これはコンビニに張られていたポスター。 この2つのキャラクターは息の長いキャラクターで,自分が小さいときには「ポンキッキ」で活躍していました。 でも,最近知ったことですが,初期の設定では,ムックはガチャピンの「弟子」として設定されていたそうです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

知らなかった!(7) リモコンの「巻戻し」!?

この「知らなかった!」シリーズは日常生活やラジオで聞いたことを書いていますが,今日は毎日使っているのに,今まで気づかなかったことです。私だけ? 今はもう使うことはないのですが,我が家には一台だけVHSのビデオデッキが残っています。 リモコンは見つからなかったのですが,これが本体の操作ボタン。 「再生」「停止」の他に…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

知らなかった!(6) ラグビーの「ノーサイド」は日本のみ!?

ラグビーのワールドカップ熱戦の記憶がまだ新しいところですが,そのラグビーで最近知ったことです。 ラグビーで試合終了のことをよく「ノーサイド」と言います。 試合が終われば,敵も味方もない,という意味でよくテレビでも言っています。 でも,これはどうも日本だけの言い方なんだそうです! Wikipedia で「ノーサ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

知らなかった!(5) サッカー台?

スーパーマーケットには週に最低1回は行きますが,最近は自分専用のカゴに入れてもらって,そのまま帰ったりします。 また,専用のカゴがないときは,袋詰めカウンターで買ったものを入れます。 最近知ったのは,その袋詰めの台の名前が「サッカー台」だということ。 これは「サッカー台」を販売している会社のカタログ。 …
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

知らなかった!(3)「ラーメン大好き小池さん」の苗字は?

「幸楽苑」というラーメンチェーン店をご存知ですか? 福島県に本店があり,東北から近畿まで517店舗あるそうです。 安くておいしいので,休日はいつも混んでいます。 でも,これは4日の休日の夕方の幸楽苑。普通なら家族連れで混雑しているのに,店が開いておりません。 こちらの店も,ずっと店を閉じたままです。 実は台…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

知らなかった!(2)「のりたま」にこしあん!?

短い記事です。 ふりかけの代名詞的な存在,丸美屋の「のりたま」。   パッケージの裏にその成分が載っていますが,その中に意外なものが含まれています。 それは「こしあん」。 この話は定期的にネット上で話題になるそうですが,知りませんでした。 のりたまにあんこのような甘さを感じることはないので,隠し味なんでしょう…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

祝日「メロンの日」?

今週は今年だけの祝日がありましたが,世界には変わった祝日があるものでトルクメニスタンには「メロンの日」という祝日があるそうです。 ここが旧ソ連構成国の1つ,中央アジアのトルクメニスタン。 その初代大統領はニヤゾフ大統領(1940 - 2006)。 大統領としての在位は1991年~2006年。 独裁者として知られれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初孫は「ういまご」「はつまご」?

今日は秋分の日で3連休の最終日です。 店先の商品はハロウィーン色が強くなり,一部クリスマスの置物まで。 さらに来年のカレンダーと手帳まで売っています! 話変わって,これはお隣の山形県の酒田市にある山居倉庫。2015年撮影。 その酒田市には「初孫」という地酒があります。 この「初孫」ですが,何と読むの…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

天狗にさらわれた少年 寅吉(3) 寅吉の移動手段

ペリーの黒船が来航する30年以上も前の文政3年(1820年)の3月,浅草観音堂(浅草寺本堂)の前に現れた不思議な少年。天狗の世界で修行してきたと話す寅吉の話です。 国学者の平田篤胤は寅吉から聞き取った話を「仙境異聞」にまとめました。 「仙境異聞」には寅吉が話した天狗の世界の絵も載っています。 これが寅吉の顔。 また,…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

天狗にさらわれた少年 寅吉(2) 平田篤胤と寅吉

平田篤胤(ひらたあつたね)は現在の秋田市生まれの江戸時代後期の国学者,思想家,医者。 本居宣長らとともに国学四大人にも数えられる彼は,幽冥界やこの世の不思議な出来事にも強い関心があり,こんな書物を残しました。 仙境異聞・勝五郎再生記聞 (岩波文庫) amazon の内容紹介,および本の帯の裏側にはこんな文章が。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

天狗にさらわれた少年 寅吉(1) 「仙境異聞」2冊の文庫本

「ハーメルンの笛吹き男」の話を書きましたが,きっかけは「神隠し」についてある動画を見て関心を持ったからです。 日本でも「遠野物語」やアニメ「千と千尋の神隠し」など,人が急にいなくなったり,別世界に行ってしまう話はありますが,その中でも異彩を放っているのが,平田篤胤著「仙境異聞」ではないでしょうか。 ここに2つの文庫本があります。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハーメルンの笛吹き男(6) 消えた130人の行方

第5回の記事で,阿部謹也氏の著書「ハーメルンの笛吹き男」から,12~13世紀にはドイツ東部やさらに東欧へ,オランダや西部ドイツから大量の人口移動が見られ,多くの農民や市民が「植民請負人」に誘われ,東部に移住し新しい村や町を建設した,と書きました。 ハーメルンの笛吹き男―伝説とその世界 (ちくま文庫) 阿部氏はヴォルフガング・ヴァ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ハーメルンの笛吹き男(4) ハーメルンの町

ドイツ,ハーメルンの町から1284年,130人もの子どもが消えた物語は事実として,「事件」として扱っていいのではないか,と前回の記事を書いて思います。そうでなければ人々は必死になって記録に残そうとはしないと思うのです。現代の世でも戦争や自然災害の記録を人々は忘れないために,文章を書いたり碑を建立したりして残し続けています。 さて,…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more