テーマ:出来事

アメリカンレーキ?

世の中には「アメリカン○○」なるものがあります。 「アメリカンフットボール」「アメリカンドリーム」,ネコの「アメリカンショートヘア」,和英英語ですが「アメリカンコーヒー」。 先日,PTAの奉仕作業で除草作業をしたのですが,「アメリカンレーキ」なる言葉を初めて知りました。 全体像はこんな感じ。 「レーキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エスカレーターに・・・これ何語?

先日,仙台市内のあるデパートに行ったところ,エスカレータに乗ったらこんな表示を見ました。 「お会計は各フロア毎にお願いします」 そんなこと書かなくてもわかるのに,と思いますが,英語表記もあります。 Please pay each floor. が正しい英語かは別として,これは外国人観光客のためにも書かれたようです。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

朝ドラ 「じゅうご」とは?

朝ドラの「エール」がやっと再開し,先日撮りだめた分を見ていました。 ドラマの時代は太平洋戦争に突入し暗い時代となりました。 私はこの時代のドラマを見ると心臓が締め付けられるような気持ちになります。 家族が兵隊として戦地に行き,生活は困窮し,戦争は最悪の結末へと向かうことがわかっています。 二階堂ふみさん演じる古山音が初め…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (424) 秋の雲ちぎれちぎれてなくなりぬ

日曜日は俳句の紹介と英訳。 10月に入って秋を感じることが多くなってきました。 以下はすべて昨日私が撮った写真。 本来は秋の季語らしく自然の朝顔は今でも盛りです。 カンナも秋の季語。 彼岸は過ぎましたが彼岸花(曼殊沙華)。 コスモス。和名は秋桜(あきざくら)。 すすき(薄…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バスガイドさんと弁慶の慣用句

10月に入りましたが,9月に岩手に行く機会がありました。 人には不思議な出会いがあるもので,あるバスガイドさんに出会いました。 若いバスガイドさんなのですが,その仕事ぶりは素晴らしいものでした。 この人はただ者ではないとすぐにわかりました。 失礼ながら,家に帰ってからお名前を検索すると,日本で数名の最優秀バスガイドに選ば…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (423) 人それぞれ書を読んでゐる良夜かな

日曜日は俳句の紹介と英訳。 最近,盛岡に行く機会がありました。これは岩手銀行赤レンガ館。 今回初めて訪れた石川啄木新婚の家。 歩いていける距離にマスクをした宮沢賢治がいました。 盛岡出身の俳人と言えば山口青邨です。 私は青邨の流れをくむ結社の句会で俳句を勉強していたので,私にとっては大先…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (422) 涼新た居間に広がる子の線路

日曜日は俳句の紹介と英訳。 最近は朝晩,涼しさ感じます。 「涼し」は夏の季語で,暑さの中に一点の涼しさを求めて使われますが,本当に涼しいのは秋。 秋の季語としては「新涼」「涼新た」「秋涼し」などがあります。 涼新た居間に広がる子の線路  谷口 摩耶 (りょうあらたいまにひろがるこのせんろ) 谷口摩耶(たにぐちまや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Teachers plant seeds ...

やっとパソコンの環境に戻ってきました。 出先のある店に入ったら,冷蔵庫に貼るようなこんなマグネットが売っていたので思わず買ってしまいました。 文庫本と比べるとこんな大きさです。 Teachers plant seeds of knowledge that will last forever. (教師とは永遠に続く知識…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

UFO型信号機を追え!

前々回,ホテル白萩近く仙台市青葉区錦町2丁目空堀丁交差点にあった「懸垂型交通信号機」について書きました。 世にも珍しい4方向の信号が一体化したこの信号機は,ブロガーのあきかねさんを始め「UFO(型)信号機」と呼ぶ人が多いようです。 残念ながら一昨日の土曜日に見に行ったときはもうありませんでした。 信号がないどころか,一…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (420) 街燈は夜霧にぬれるためにある

日曜日は俳句の紹介と英訳。 9月に入ったと思ったら,近くのツタヤでは夏の文庫本フェアが取り払われ,そこには来年の手帳が並び始め,ちょっと驚きました。 夜になると涼しさを感じるし,虫の声も聞こえてきます。 先日,昼と夜の気温差のせいか,ビルの上の方が霧にかすんで見えました。 微細な水滴が空中に浮いているものを霧と言…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (419) 西瓜食べながら語れるほどの恋

日曜日は俳句の紹介と英訳。 最近スーパーからスイカ(西瓜)が日ごとに少なくなっているように感じたので,聞いてみるとスイカの旬はもう終わったのだそうです。 ですからあまり入荷もせず,売っているものも値段は高めです。 でも,仙台から山形へ向かう県道沿いのある店では,まだまだスイカの名産地・尾花沢市のスイカがたくさん売られています。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏の読書と(2) 「デルフトの眺望」

前回記事を書いてから暑さのためか気力と体力が続かず,気づいたら朝,の毎日で,パソコンから遠ざかっていました。 この夏に読んだ本からの話の続きです。 今日は原田マハさんの短編集「常設展示室」から。 原田マハさんの小説について書くのは2度目だと思います。 1度目は → 「キネマの神様」読了 原田さんはニューヨー…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

夏の読書と(1) 皿屋敷?

この夏はコロナ禍の中,遠出もせず,ショッピングセンター以外はひたすら家にいて過ごしました。 そんな中,こんな本を読みました。 この本は,図書館から予約して借りた本で,五味弘文著「お化け屋敷になぜ人は並ぶのか」。 お化け屋敷になぜ人は並ぶのか 「恐怖」で集客するビジネスの企画発想 (角川oneテーマ21) - 五味 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (418) 秋暑しあとひとつぶの頭痛薬

日曜日は俳句の紹介と英訳。 まだまだ暑い日が続いています。 暦の上では秋でも,まだこんな夏らしい雲が見られます。 「残暑」「秋暑し」は秋の季語ですが,実際は秋分あたりまでが本格的な夏と言っていいでしょう。 秋暑しあとひとつぶの頭痛薬  岬 雪夫 (あきあつしあとひとつぶのずつうやく) 「俳句」(2013年…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

斎太郎節と桑田佳祐 「君への手紙」

前回,ビートルズの「I Am the Walrus」の最後に,ジョン・レノンは日本で聞いた民謡「斎太郎節」を取り入れたのではないかという話を書きました。 「斎太郎節」はいろいろな民謡歌手が歌っているので,ジョンが日本のホテルで聞いていたのがどんな「♪エンヤトット(またはエンヤドット)」かはわかりませんが,その場に居合わせた星加ルミ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「斎太郎節」とビートルズ

8月9日にNHKのFMで4時間にわたる特番「ディスカバー・ビートルズ・サマースペシャル」がありました。 その中で,ビートルズマニアでも知られるミュージシャンの杉真理さんが音楽評論家の星加ルミ子さんと対談するコーナーがあり,とても興味深い話ばかりでした。 星加ルミ子さんは日本人で初めてビートルズの単独会見に成功するなど,現役時…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

TBSからの贈り物

短い記事です。 先日,TBSラジオから郵便物が届きました。 中には月刊のパンフレット,番組「赤江珠緒たまむすび」からの礼状,番組ステッカー,景品のガムテープが入っていました。 実は7月末にこの番組で,私の投書メールが読まれたのです。 私もラジコのタイムフリーで聞いたときは採用されたことがうれしかったです。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (416) マリが住む地球に原爆などあるな

日曜日は俳句の紹介と英訳。 今日は奇しくも長崎原爆投下の日と日曜日が重なりました。 長崎にはこれまで2度訪れたことがあります。 2014年に家族で行ったときは山王神社の近くに宿をとりました。 山王神社は爆心地から800~900メートルの高台にあり,これは朝の散歩途中で撮った鳥居。 この鳥居は一本柱鳥居と呼ば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「白鯨」が「Emoji Dick」に

前回,「絵文字」という日本語が「emoji」として英語化され,さらに絵文字だけで小説を翻訳,つまり絵文字訳が行われています。 私がこのことを知ったのは先月放送されたBS世界のドキュメンタリー「人類2.0 新人類の夜明け」という番組です。 前回は「不思議の国のアリス」の絵文字訳を少し見てみましたが,今回はこの長編小説,メルビルの「…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「じゃ」「じゅ」「じょ」のローマ字表記について(1)

前回,仙台駅前PARCOの「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」リアルガチショップのことを書きました。 そこで買ったキーホルダーがこれ。 表には「充電させてもらえませんか?」の文字。 裏返すと・・・ JHU-DEN PLEASE! ???? おそらく「ジュウデン,プリーズ!」と読ませる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」リアルガチショップ

日曜日,仙台駅前のPARCOに行ってきました。 入口には中止になった仙台七夕まつりを惜しむように七夕の吹き流しが飾られていました。 なぜ,PARCOに行ったかというと,今月10日まであるイベントが行われているからです。 それは「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」リアルガチショップ。 これはテレビ東京で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (415) 大杉の真下を通る帰省かな

日曜日は俳句の紹介と英訳。 早いもので8月というのにまだ授業は続き,東北地方は梅雨も明けないのに間もなく7日に立秋を迎えます。 一応基本的には今日が最後の夏の句ということになります。 俳句には不思議な夏の季語「帰省」があります。 実家には正月にも帰るし,お盆は秋にあたります。 でも,進学や就職で郷里を離れた子どもが初め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (414) 注文の包丁届きトマト切る

日曜日は俳句の紹介と英訳。 今年の梅雨は長く,また局地的に大雨をもたらしたりしています。 これは1週間ほど前の仙台で,梅雨らしい空が広がっています。 でも,「梅雨晴間」という季語があるように,時として夏らしい空や雲を見せることもあります。 これは7月1日の夕暮れ。 これは3日前,23日の空。夏らしい入道…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

D言葉って・・・?

日本のプロ野球に遅れること約1か月,メジャーリーグも無観客ですがやっと開幕しました。 プロはともかく,このコロナ禍で高校ではインターハイが中止になっています。 甲子園やインターハイ中止をあの段階で決定したのは,私はやむを得ずある意味当然だと思います。 それでも・・・ということで代替の大会や試合が行われ,部活動の締めくくりが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「飲み回し」って言う?

私の好きな飲食店のシステムに「ドリンクバー」があります。 一定の料金でいろいろな飲み物が飲み放題! (写真はイメージでネット上から) とは言っても,ほとんどコールドの「紅茶花伝」しか飲まないんですが(笑)。 先日ある中華系の全国チェーンに行ったら,ドリンクバーについて,こんな注意書きが・・・。 「飲…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

街の中の異国

ちょっとした記事です。 前回,仙台にあるコーヒー豆屋さんについて書きましたが,その看板はオランダの芸術運動につながっていました。 今回は今まで撮った写真の中から,異国情緒あるものを紹介します。 日本人はカレー好きだからか,インド料理はよく見かけます。 インドとネパールの両国名を書いているお店も。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「デ・ステイル」とは?

仙台市青葉区の大町というところを通るたびに気になる店構えの店舗があります。 青に黄色に赤の看板,何のお店なんでしょう? 6月末の写真です。 何か文字が書いてあります。 DE STIJL KOFFIE 英語っぽくないですね。ドイツ語? 拡大して見てみましょう。 「デ・スティル コーフィー」 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ポール・オースターと村上春樹 ~「嘘のような本当の話」について~

最近,新潮文庫から新刊が出たことで,アメリカの作家,ポール・オースターに興味を持ちました。 ブルックリン・フォリーズ (新潮文庫) - ポール・オースター, 柴田 元幸 現在平日は忙しく,長編はなかなか読めないので,いろいろ調べてみるとエッセイ集「トゥルー・ストーリーズ」の中の「赤いノートブック」というエッセイが名作らしい。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (413) 校庭に映画はじまるまでの蝉

日曜日は俳句の紹介と英訳。 映画音楽の巨匠モリコーネ氏のことについて書いてきましたが,私は映画は総合芸術だと思っていますし,今でも娯楽の王様ではないかと思うのです。 でも,昨今のコロナ禍でその営業は厳しいものがあるのではないかと想像できます。 そんな中,密を避けるために,屋外のドライブイン・シアターが見直されているようです…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

中国貴州省で龍の鳴き声?

あるラジオで聞いた珍事件です。 中国の貴州省の堅強村という村の谷間から奇妙な音が聞こえてくるというのです。 牛の鳴き声のような奇妙な音は先月,6月26日から聞こえるようになり,たいていはお昼ごろから始まるそうです。 まずは動画をご覧ください! 堅強村の村人たちが,この怪音について政府に報告すると,政府関係者だ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more