テーマ:教授法

authentic!

以前に先月に参加した研修会について書きましたが, その研修会でキーワードだったのが authentic でした。 authentic つまり「本物」を授業で使うということです。 例えば,What's this? を教えるとき,こんな導入をしたりします。 こんな写真を見せて What's this? Wha…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

現在進行形にまつわる笑い話

前回,現在進行形の教材となる本について書いたので, 現在進行形にまつわる実際授業で起こった短い話です。 現在進行形は・・・ be動詞 + 動詞のing形 で表されます。 中1にとっては,やっと「be動詞」と「一般動詞」の区別がついたのに, それがいっしょに使われるなんてショックです! そんなある日,英作文の時間…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

現在進行形に GALLOP!

前回はある自作教材について書きましたが,今回は中1の文法, 現在進行形を教えるときに使っているある本についてです。 現在進行形は日本語では「○○しています」という意味で, その動作が今行われているという状況を説明するもの。 それまで学習している「現在形」と区別するために,こんな本を 使って説明しています。 (現在形と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

自作教材~電話番号を名詞で伝えよう!

前回は1から100までの数字をいかに反復練習させるかの一提案をしましたが,今日は0から9までの数字をいかに正確に相手に伝えるかの授業の自作教材です。 ある研修会で得たヒントを,自分なりに発展させてみました。 1.まず0~9の数字を1回ずつ使って10桁の電話番号を作ります。 例えば・・・ 012-345-6789 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Snakes and Ladders サイコロを使った授業

今年に入って書いてきたサイコロの話も終わりです。 これは私が職場のデスクにキープしているサイコロ。 別にすごろくばかりして遊んでいるわけではありません(笑)。 中1の授業で数字を100まで言えるか確認するときに使います。 これはその授業でサイコロと一緒に使うすごろく的なゲーム。 英語では Snakes and La…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Three Rabbits で比較級,最上級

教員は誰かが開発した教材が魅力的であればあるほど 使いたくなるし,紹介したくなります。 これは昔,イギリス人のALTが作った教材。 比較級,最上級のまとめなんかで有効です。 いったい,この3つの丸は何なのか? 生徒は説明を読みながら絵を描いていきます。 説明文は以下の通り。 もし,この教材をお使いになるとき…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

教科書に隠された秘密(1)

前々回,英語の教科書に思わず突っ込みを入れてしまいましたが この教科書は全国でも3分の1くらいの学校が使っているようです。 そして,今日と次回は教科書に隠された素晴らしい秘密です。 まず,去年の4月から使われている1年生の教科書の一場面です。 文法的には現在進行形を学ぶところです。 中華街のレストランでくつろいでい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ハロウィーンで三単現を覚えよう

前回は中1の関門ともいえる「三人称単数現在形」を どう教えるか,の一例について書きました。 今日は,その三単現をどう定着させるかですが, この文法は10月頃に習うので,ハロウィーンと結び付けた一例です。 ハロウィーンは今や経済効果ではバレンタインデーを抜いたとか。 まあ,この流れを使わない手はないということで・・・ …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

三単現のsをいかに教えるか

中学校の英語を教えていて1つの関門があるとすれば 中学校の1年生で学ぶ「三人称単数現在形」ではないでしょうか。 かつてはこの言葉,教科書では使っていなかったのですが 最近では,教科書でも見かけます。(教師側の要望だとか。) 「三人称単数現在形」にはいわゆる「三単現のs」がつきます。 I play tennis. H…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

現代版「鳴かぬなら・・・」

先日,ある研修会でおもしろい話を聞きました。 それは現代版「鳴かぬなら・・・」の話です。 信長,秀吉,家康の3人の戦国武将の性格を例えた有名な言葉がありますね。 織田信長 「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」 豊臣秀吉 「鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス」 徳川家康 「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

曜日の英語名を覚えよう

中学1年生に曜日の名前を教えていますが 最近は小学校の外国語活動で曜日と月の名前を覚えてくるので 中学校では書けるようになることを目的としています。 日本語では太陽(日),月,火星・・・というふうに 天体と関係がありますが,英語もそうなっています。 でも,もともとは北欧の神様の名前から来ているので ちょっとなじみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Do を使った疑問文の導入

中学1年生のこの時期は,一般動詞を習い始めるころです。 それまで習った be動詞との違いに戸惑う生徒もいます。 ですから,こんな英文を言ってしまうことがあります。 × Are you play tennis? 正しくは ○ Do you play tennis? ですね。 でも,生徒にとっては,「この Do…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Show me your passport, please!

私が使っている教科書では,中2で入国審査の英会話があります。 これまでもイースター島,ニュー・ジーランド,イギリスなど 訪れる国は変わっても,この場面は必ず扱われています。 文法的には「2つの目的語を取る動詞」が初めて扱われます。 Show me your passport. 「私にあなたのパスポートを見せてくだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電話番号をもので伝えよう!

英語の学習と言えば,昔は中学1年生からが普通でしたが 今では,小学校で外国語活動をしてきているので 基本的なものの名前,数字,曜日名などが中1の最初で言えます。 ですから,そんなことを中1でもう一回学習したのでは 生徒は飽きてしまいます。 そんな生徒のために,こんな教材を考えました。 英語の基礎的な発音がいかに大事か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

How are you? の現在完了形は?

昨日は9月1日。 こちら宮城県内はすでに夏休みは終わっていますが 全国的には昨日から授業が再開したのではないでしょうか。 以前にも,ちらっと書いたことがあることを書きます。 普段の授業は How are you? で始まります。 「元気?」「調子はどう?」という意味ですね。 1年生にはこのようなプリントを渡して,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校生の英語力と矢沢永吉さん

先日,新聞紙上で高校3年生の英語力について 国が行った調査結果が公表されました。 その結果,7~8割が目標に届いていないと言うことです。 小学校,中学校を含めて,授業がいけないのか 生徒の英語に対する意識がそこまで高くないのか 国の要求が高すぎるのか? 国(文科省)は高校卒業時の目標を「英検準2級~2級程度」 としてい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

英語のテストは問題の指示文も英語で?

昨日は宮城県の公立高校後期選抜(入試)が行われました。 これまでの,リスニング,長文,英作文に加え, センター試験の第1問やTOEICのパート5のような選択問題の 新傾向も見られます。 先月,ある英語教育の研修会に出たとき こんなことを言われました。 「英語の試験からなるべく日本語を排除していくように」  もし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Who is the tallest teacher?

現在各中学校は学年末の考査の季節でしょうか。 中学校2年生だと,比較表現が試験範囲だったりします。 今日は自分が作ったワークシートについて書きます。 比較級,最上級を一通り学習した後に使う自作教材です。 名づけて Who is the 最上級 teacher? 生徒は教師によって評価されますが たまには,その逆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9歳の壁 仙台のM幼稚園の取り組み

「9歳の壁」という言葉を聞いたことがありますか? 心理学,教育,子育て・・・いろいろなところで使われるようですが 子どもが成長する上で,9歳には1つ乗り越えなければならない 壁があるというのです。 英語学習においては,9歳を過ぎるとネイティブの発音が 徐々に聞き取れなくなる,真似できなるというのです。 つまり,9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほめることは本当にいいのか?

前回書いた「No, David!」は母親が「だめだよ」としかりながら 子どもを温かい目で育てようという姿勢が感じられます。 最近は,ほめて育てようというのが流れのように感じますが ほめることは本当にいいのか? NHKラジオ第2放送,毎週金曜日20:30~21:00 カルチャーラジオ 科学と人間 「中高年のための脳トレーニン…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

英語の授業(学習)の小ネタ(6) Our Town 地図を完成させよう

このシリーズもあと2回かな・・・。 小中学校で行われる活動に「グループエンカウンター」があります。 意見を交換したり,一緒に解決することで 相手やグループの人間関係を深める活動です。 今日はもともとある活動を英語の授業に取り入れた 半分オリジナルの活動です。 目的は4~5人で街の地図を完成させること。 これが自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語の授業(学習)の小ネタ(5) If でしりとり作文

みなさんは3億円,急に手に入ったら何をしますか? (すでにお持ちの方はすみませんが) 3億円の宝くじが当たった男の話を今読んでいます。 実話ではなく小説ですが,川村元気さんの「億男」という本です。 億男マガジンハウス 川村 元気 Amazonアソシエイト by 川村さんの本は以前 Blue Wind さんの紹…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

英語の授業(学習)の小ネタ(4) Beginning with ...

単語の数を増やしたり,正しい綴りを覚えさせたいとき こんな活動をします。 あるいは時間割変更などで1日に2時間英語の授業があるとき 1時間はこんな活動もおもしろいです。 それはチーム戦「Beginning with...」。 写真は Beginning with B 。 ルールは以下の通り。 1.教室を5~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語の授業(学習)の小ネタ(3) 時差とスカイプ

時刻を尋ねたり,答える言い方は中学校では1年生で学習します。 もちろん,時計を見たりして基本的な練習はしますが それだけでは,おもしろくないですね。 そこで,こんな小道具が有効です。 それは時差早見表。 日本の時刻にダイヤルを合わせると, 一瞬にして世界の時刻がわかるという優れもの。  What time …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語の授業(学習)の小ネタ(2) 月の名

前回の曜日に続いて,月の名前についてです。 人名・地名と同じで,これも名前なので そのまま覚えるしかありません。 月の名前は,今では小学校で学習します。 Hi, friends! 2 の Lesson 2 When is your birthday? です。 Hi,friends! 2東京書籍 文部科学省 Amazon…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

英語の授業(学習)の小ネタ(1) 曜日

先週,助動詞 can について書いて以来 あまり英語学習的なことを書いていなかったので 原点に戻って,英語学習について書きます。 どちらかというと,教える側(教師側)の記事です。 曜日については,今では小学校の外国語活動で学習します。 ですから中学校の教師は,生徒は知っているものとして教えます。 ただ,小学校ではあく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Can 「できる」ことは素晴らしい

前回,英語を話すことができる火星人の俳句を書きました。 「できる」を表す助動詞 can は中学1年生の後半に学習しますが 単に「泳ぐことができる」という以上に, 今日の詩は「できる」ということがいかに素晴らしいことなのか 私たちに教えてくれます。 私はこの詩を,ある先輩英語教師のホームページで知りました。 もともとは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more