リアルETの英語学習 高校入試&TOEIC

アクセスカウンタ

zoom RSS 言葉尻をとらえる(4) 足もとをすくわれる?

<<   作成日時 : 2018/01/12 20:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 5

飯間浩明さん著「小説の言葉尻をとらえてみた」から,前回に続き,
今日の小説も小川洋子さんの「猫を抱いて象と泳ぐ」です。

猫を抱いて象と泳ぐ (文春文庫)
文藝春秋
2011-07-08
小川 洋子


Amazonアソシエイト by 猫を抱いて象と泳ぐ (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


チェス人形の中に入り,相手と対戦するリトル・アリョーヒンは
相手が弱くても,相手を見下したような手は打ちません。
このような文章があります。

彼は,相手の足元をすくい鈍重さをあからさまに晒すような手ではなく,新たな風を巻き起こし視界を広げるような手でお返しをする。

飯間さんは「足元をすくう」という言葉に注目します。
画像



平成19年度の文化庁による「国語に関する世論調査」では・・・

「卑劣なやり方で,失敗させられること」をどう言いますか?
(a)足下をすくわれる
(b)足をすくわれる


みなさんはどちらですか?


調査結果は以下の通り。

「卑劣なやり方で,失敗させられること」を
(a)足下をすくわれる・・・・・・・・・74.1%
(b)足をすくわれる・・・・・・・・・・・16.7%
(a)と(b)の両方とも使う・・・・・・・1.6%
(a)と(b)のどちらも使わない・・・5.5%
分からない・・・・・・・・・・・・・・・・・2.1%


年代別にみると・・・
画像


この調査では,「足をすくわれる」が本来の言い方としています。
つまり「足下をすくわれる」は誤用ということです。

「足下」「足元」とは辞書的には「足の下の周囲の部分」。
確かに体の一部ではないんですね。

でも,「足下をすくわれる」は本当に誤用なんでしょうか?

飯間さんは自分の調査結果を載せています。
画像


「足をすくう」は1919年から例が確認されているそうです。

「足下をすくう」は30年ほど遅れ,1950年代だそうです。
川端康成の「千羽鶴」(1952年)にも出てきます。

他にも「足下をすくう」を使う作家に,瀬戸内寂聴,司馬遼太郎,
城山三郎,田辺聖子,筒井康隆らがいるとのこと。

「犬が足下にじゃれつく」は足の周辺ではなく,足のこと。
ですから「足下をすくわれる」は意味が通じており,
これからも使われ続けるのではないでしょうか。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

 私は「足元を…」派ですね。
 でも、「足をすくわれる」という言葉を聞いても、それほど違和感を感じていません。本やテレビなどで目にしたり聞いたりする機会が多いからでしょうか。
あきあかね
2018/01/13 08:21
再びすいません。

 家事をしながら、つらつら考えたのですが…
 「足をすくわれる・足元をすくわれる」の意味ですが、『卑劣なやり方で,失敗させられること』とはニュアンスがちょっと違うように感じました。
 私としては、「思わぬ手抜かりや裏切りによって失敗や敗北に陥る」というようなニュアンスに思われました。
あきあかね
2018/01/13 09:22
我が家の「広辞苑」(昭和55年版・第2版補訂版)には「足元」「足下」「足」はもちろん載っていますが「〜をすくわれる」「〜すくう」は載っていませんでした。
第7版の「新語」も興味があります。
面白いことに使わなくなった言葉を外したそうです。
先日のテレビでも新語として「上から目線」「加齢臭」「自撮り」、、外した言葉に「基本値段」「給水ポンプ」「スーパー特急」。。
人名地名など含めると膨大な数になるようです。
久しぶりに広辞苑を出しましたが重い…。孫の電子辞書はいっぱい言葉が詰まっています。
のぶちゃん
2018/01/13 15:35
あきあかねさん
こんばんは。私も「卑劣な」と言うところは気になっていました。自分側の落ち度の場合も「足(もと)をすくわれる」と言うような気もします。
普段何気なく使っている言葉を考える面白い本ですね。
リアルET
2018/01/13 20:00
のぶちゃんさん
こんばんは。新語のニュースは見ましたが,その陰で確かに消える単語もあるんですね。「基本値段」って何でしょう?
広辞苑は60周年を迎えたときは赤いちゃんちゃんこならぬ,赤いケースで販売されていました。そういうところもおもしろいです。でもネット検索や電子辞書もあり,紙の辞書は減るんでしょうか。
リアルET
2018/01/13 20:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
言葉尻をとらえる(4) 足もとをすくわれる? リアルETの英語学習 高校入試&TOEIC/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる