Haiku in English on Sunday (240) 老犬も吾も涙目花粉症

日曜日は俳句の紹介と英訳。
私は今のところ無縁なのですが,周囲では花粉症に苦しむ人
ちらほらと出てきました。どの薬がいい,などと話題にしています。
画像


俳句の世界では「花粉症」を新しい季語として取り入れている歳時記
もありますし,「杉の花」の傍題に載せているものもあります。
画像


ちなみに,私が持っているこの歳時記では季語として扱っています。
今日はこの歳時記からの一句です。

新版・俳句歳時記
雄山閣出版
桂 信子


Amazonアソシエイト by 新版・俳句歳時記 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



老犬も吾も涙目花粉症  天沼良江
(ろうけんもわれもなみだめかふんしょう)

天沼良江さんは存じ上げませんが,このような句集を出している
俳人のようです。
画像


Amazon の解説では,このような文章で紹介しています。

「見落としてしまいがちな日常の優しい風景。その音までも鮮やかに甦る―。さりげなく人生の機微を織り込んだ言葉の玉手箱。」

どうも花粉症は人間だけではなく,花粉症のサルもいるようです。
画像


作者も花粉症で悩んでいるようですが,おもしろいのは
飼っている老犬も花粉に悩まされ涙目になっているところです。
画像


スギ花粉症は昭和30年代終盤に発見された新しい疾患名だとか。
私は大学のときに英語の授業で「Hay Fever」(枯草熱,花粉症)
という演劇を原文で読んだのが,この言葉との最初の出会いです。
画像



では,英訳してみます。

老犬も吾も涙目花粉症  天沼良江

Eyes of my old dog
And mine are full of tears
Hay fever



「花粉症」には have a pollen allergy という言い方もありますが
病名で堅苦しいので,一般的な hay fever を使いました。
画像


もちろん病名を使った方が深刻さが増すような気もしますが。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
今日の書き換え問題。初級問題。(H22仙台市内女子私立高)

My dog is not as big as yours. 

→ Your dog is (  ) than mine.



ヒント
「私の犬はあなたの犬ほど大きくない。」
→「あなたの犬は私の犬より(  )。」

主語を置き換えるパターン。
後ろに than があるから比較級ですね。



正解は 
Your dog is ( bigger ) than mine.
「あなたの犬は私の犬より(大きい)。」

not as ~ as ・・・ 「・・・ほど~でない」です。

↓よろしければブログランキングにご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
自分のこと
どうも花粉症ではないようですが,春先はくしゃみが出ます。
予備軍でしょうか。












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2017年03月26日 08:37
おはようございます。

 マスクをしたパグ犬の写真、何処から見つけてきたのですか(笑)?
 いや、笑い事じゃないですよね。花粉症で苦しむ人には深刻な問題ですから。
 幸いにも、私は杉林を歩いても何の症状も起こらないのですが…
 「枯草熱」という言葉は私も聞いていました。中学生の頃だったと思うのですが、学校の中で先生たちが話しているのをしばしば聞きました。それがいつごろから「花粉症」という呼び名になったのかは…、記憶をたどってみたのですが、判然としません。
2017年03月26日 13:37
今月の結社の俳句誌に
花粉症の1句を投稿の予定です。

みなとの歳時記にも出て居ませんが
結社では、どうとらえるか?
以前 黄金週間を季語として詠みましたら
季語としては、駄目!と言われてしまい
添削されました(^_^;)
2017年03月27日 05:47
あきあかねさん
おはようございます。犬の画像は,「犬 花粉症 画像 無料」で検索しました…。
大学で「Hay Fever」を読んだとき,「花粉症」という訳はしなかったような気がします。文字通り「枯草熱」と訳していたような記憶があります。
2017年03月27日 05:59
みなとさん
おはようございます。花粉症,黄金週間,…新しい季語を認めるかどうかは,結社や歳時記編集者の根本思想に関わりそうです。採ってもらえるといいですね。

この記事へのトラックバック