空想地図の世界(5) 中村駅と平川駅

今和泉隆行さんが想像の世界で作り上げた中村市の地図。
そこには地理学だけでなく歴史や経済の人の動きも関係します。
これは,これまで書いてきた中村市の歴史ある平川市街地
画像


この平川地区は城下町として発展したことは前に書きましたが,
最も歴史があるはずなのに,おかしいことがあります。

この西側に「中村駅(なごむるえき)」があるのですが,
そちらのほうが駅の規模も大きいし,新幹線まで通っています!
画像


中村駅前には大きな駅ビルまで建っています。
もはや,こちらが中村市の中心地のようです。
(官庁街は平川市街地にあるのに・・・)
画像


どうして歴史ある地区ではないほうに大きな駅があるのでしょう?

これについて,この地図を作った今和泉さんは,
ラジオでこう説明していました。
画像


「鉄道の駅ができ始めた明治・大正は市街地の端にできたんです。
当時は,鉄道は場所も取るし,蒸気機関車なので町が汚れる。
つまり迷惑施設だったんです。」


なるほど・・・。
これは明治18年の蒸気機関車(品川駅)。
煙も真っ黒だったことでしょう。
画像


仙台駅は明治20年に開業。これは初期の駅舎。
画像


これは現在の仙台駅。去年撮影。
画像


今和泉さんが言うように仙台駅は,仙台の繁華街の一番町や
国分町,または官庁街(役所街)から離れています。
画像


ラジオでは今和泉さんは,
このような街の中心部から離れて駅ができた例として
2つの例を挙げていました。

京都駅と四条河原
画像


名古屋駅と栄
画像



話を中村市に戻すと,歴史ある平川市街地にも今では電車が
通っています。これは「平川駅」です。
画像


この駅は私鉄の「中村電鉄」の路線にあり,もちろん電鉄ですから
電車の時代になってからできた路線なのでしょう。

ちなみにこれは中村電鉄のロゴ。
画像


もちろん,このロゴも今和泉さんが生み出した想像の産物です(笑)。




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
今日の書き換え問題。中級問題。(H24仙台市内共学私立高)

If you hurry up, you will catch the last train. 

→ Hurry up, or you will (  ) the last train.



ヒント
「もし君が急げば,最終電車に間に合うでしょう。」
→「急ぎなさい。そうしないと最終電車を(  )でしょう。」


別の表現を用いるパターン。
「そうしないと」なので「間に合う」ではないですね。



正解は 
Hurry up, or you will ( miss ) the last train.
「急ぎなさい。そうしないと最終電車を(逃す)でしょう。」

命令文+ or は「そうしないと・・・」。

命令文+ and は「そうすれば・・・」。


覚えておきましょう。


↓よろしければブログランキングにご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
自分のこと
空想地の世界,来週まで続きそうです。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2017年12月02日 08:17
おはようございます。

 『明治20年に開業した仙台駅の様子』とされた写真ですが、これは明治27年に建てられた二代目駅舎ですね。初代の駅舎は木造平屋建てで、絵は残っていますが、写真は残っていません。
 また、この写真には大正15年に敷設された仙台市電の線路が写っています。おそらく昭和初期の写真だと思われます。

 仙台駅も、当初の案は市街地を離れた場所(現在のコボスタの南隣、宮城野貨物駅付近)に造られる予定でした。しかし、それでは当時市街地の中心だった一番丁からは離れすぎで、繁華街が宮城野の方に移ってしまうのではないか、と恐れを抱く商人達も多くいました。
 そんな機運が高まり、鉄道駅誘致の市民運動が起きて、官との交渉の結果、当時の市街地の端ぎりぎりだった東五番丁と東六番丁の間に仙台駅が出来ました。
 と、いうことで、東京駅や横浜駅などとは少し経緯が異なります。
 結果的には、鉄道線路によって東方向への街の拡大が制限され、「駅前」、「駅裏」という、大正・昭和期の仙台市街地特有の景観が作られた訳です。
2017年12月02日 19:53
あきあかねさん
こんばんは。詳しいコメントありがとうございます。確かに初代の駅舎ではなさそうです。文章も多少変えます。
仙台駅の候補が2つあったのは聞いたことがあります。あきあかねさんの当時の市街地の端ぎりぎり,というところに納得しました。
それにしてもまたおそるべし今和泉さんです。

この記事へのトラックバック