husbank!?

地名の話から一転します。
2年前に「wife の反対語!?」という記事を書きました。

ある女子生徒が,wife の反対語を書く欄で悩んでいるので
「習ったばかりの単語だよ」と教えてあげると
「あー,そっちの意味?」と言いました。


どうも聞いてみると,彼女は「妻ではない女性」をどう表現したらいいか悩んでいたのです(笑)。

詳しくは過去記事で → こちら

もちろん,wife の反対語は husband

4husband.jpg

wife は「女性」を表す古英語から来ているそうですが,
husband は house (家)を band (束ねる)から来ているそうです。

そして,先日,その「夫」husband に関して,単語テストでこう書いた生徒が登場しました。

husbank !!?

4husbank.jpg

お父さんは銀行勤めなんでしょうか?

または,父親なんて所詮,「家を束ねる」どころか「お金を持ってくる」だけの存在なんでしょうか(笑)





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

2020年02月07日 08:57
おはようございます。

 先生の所には面白い生徒さんがたくさんいらっしゃるのですね(笑)。

 「husbank」 おもしろうて やがて悲しき名前かな
などと…(-_-;)
2020年02月09日 07:50
あきあかねさん
おはようございます。生徒の誤答にハッとさせられることがあります。それは人間が間違える傾向だとか,指導法の改善の必要性だとか。
人間は間違えることこそ学習の基本とすれば大切なことですよね。私も中学時代に三単現のsを落として×をもらったことが,その後のテスト時の慎重さにつながりました。