映画「パラサイト 半地下の家族」アカデミー賞受賞なるか!?

第92回アカデミー賞の授賞式が間もなく,日本時間の2月10日(月)の午前中に始まります。
今回はある韓国映画が作品賞にノミネートされ,作品賞を受賞するのではと話題になっています。

その映画とはポン・ジュノ監督の「パラサイト 半地下の家族」

4para1.jpg

話題になるのには理由があります。なんとこの映画,韓国映画初,カンヌ国際映画祭で最高の賞・パルムドールを満場一致で受賞したのをはじめ,様々な映画の賞を受賞しているのです。
例えば・・・LA映画批評家協会賞(作品賞),NY映画批評家協会賞(外国語映画賞),ゴールデン・グローブ賞(外国語映画賞),英国アカデミー賞(作品賞)などなど。

さらに,アカデミー賞においては全編韓国語の映画なので,国際映画賞(かつての外国語映画賞)にもノミネートされているのはわかるんですが,なんと主要の作品賞監督賞をはじめ編集賞,美術賞,脚本賞にもノミネートされているのです。

私は韓国映画はほとんど見たことがなく,劇場で見たのは1999年の「シュリ」以来だと思います。

シュリ [DVD] - キム・ユンジン, ハン・ソッキュ, カン・ジェギュ
シュリ [DVD] - キム・ユンジン, ハン・ソッキュ, カン・ジェギュ

「パラサイト 半地下の家族」は日本では2020年1月10日に公開になりましたが,あまりにも評判がいいので,私は1週間前に見に行ってきました。

4para.jpg

私は仙台駅前の映画館で見たのですが,席はほぼ満員
もし,アカデミー賞作品賞でもとった日には混雑必死でしょう。

はじめ,これは前年度に同じカンヌのパルムドールを受賞した「万引き家族」じゃないか,と思って見ていたら途中から驚愕のストーリー展開に!
これ以上は何も言いません。

これは予告編ですが,何も情報を入れたくない人はこれすら見なくてよいでしょう。



でも,この映画,PG12指定になっていますので,大人の人でもそれなりに覚悟してください。

この週末にいかがですか。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント