ミツバチのダンス

カラスとニホンザルの行動から,動物の文化について考えてみましたが,今回はミツバチの意思の伝達についての短い話。

ミツバチがダンスによって蜜や花粉があるところを教えることはけっこう知られていることです。
私はかなり前に,どこかの高校の入試問題か何かで英文で読んだことがあります。

ミツバチはダンスは蜜のある場所などの目的地が「どの方向」に,そして「どれくらい」かかるのかを教えます。

これは Wikipedia からの図です。
2bee.jpg

ミツバチはダンスによって,太陽に対する角度が方向を示し,尻を揺する時間が距離を示すそうです。

これを発見したのが,動物行動学者であるカール・フォン・フリッシュで,彼はノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

あんなに小さいミツバチもコミュニケーションの手段をもった生き物ということになります。
次回も動物のコミュニケーションに関する話です。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント