人名 James 考(3) ジェームズ・スチュアート

記事の更新が遅れていますが,前回はアメリカ人俳優のジェームズ・スチュアートの日本語表記について書きました。

ケーリー・グラントと並んでヒッチコックの映画に最多出演しているジェームズ・スチュアート。
その4作の日本語ポスターを時代順に見てみます。

「ロープ」(1948年)

james18rope.jpg
james19.jpg

ジェーム・スチュアートと表記しています。

「裏窓」(1954年)

james5.jpg

ジェイム・スチュアート。やはり「ス」ですね。


「知りすぎていた男」(1956年)

james11.jpg

james10.jpg

ジェイム・スチュアートに変わりました!

2年間の間に映画会社の中で何があったのでしょう!?

「めまい」(1958年) ちょっと妖艶なポスターですが。

james6.jpg

ジェイム・スチュアート


まとめると・・・

 ジェーム・スチュアート(1948年)
→ジェイム・スチュアート(1954年)
→ジェイム・スチュアート(1956年)


これは日本の映画会社の宣伝部による表記の選択だと思いますが,1955~1956年あたりに何かあったのでしょうか?

次回はずっと「ジェームス」の俳優です。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント