人名 James 考(4) ジェームス・ディーン

前回,ジェームズ・スチュアートの名前の表記が1955~1956年あたりに映画のポスターの日本語表記が変わったことについて書きました。

一方,今日はジェームス・ディーンについてです。
彼は一般的に「ジェームス」とよく表記されます。

彼は数作の映画に出演しましたが,残念ながら24歳の若さで交通事故のために亡くなってしまいました。

中でも次の3作は代表作とされます。

「エデンの東」(1955年) ジェイム

james3.jpg

「理由なき反抗」(1955年) ジェーム

james1.jpg

「ジャイアンツ」(1956年) ジェーム

james4.jpg

この「ジャイアンツ」公開前の1955年にジェームス・ディーンは亡くなってしまうんですが,前回のジェームズ・スチュアートの名前表記がちょうど変わる頃です。

推測するに,1955年頃にジェームズが一般化する前にジェームス・ディーンは亡くなってしまったために,「ジェームス・ディーン」という名前が墓標のように固定してしまったのかもしれません。

(自分で書いていてこの一致に驚いています。)

日本の歌にも「ジェームス・ディーン」はよく出てきます。

james15.jpg

佐野元春さんのデビュー曲「アンジェリーナ」。

james14.jpeg

♪今晩ひとり 情熱だけほえて
 ジェームス・ディーン気取りのティーンエイジ・ブルース



もう一人「ジェームス」がよく使われる人がいます。

それはソウルシンガーのジェームス・ブラウン

james13.jpg

彼も1955年から活動を始め,1956年デビューのようですが,それは偶然でしょう。

でも,日本のレコード会社が「ジェームス」で表記したために,固定していったと思われます。


少しだけつづく。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2020年06月28日 09:00
おはようございます。

 投稿中にエラーになってしまいましたので、同様の内容で再度アップします。もしかするとダブるかもしれません。

 ジェームス・ディーンは衝撃的なデビューでしたので、その名は広く知れ渡っていました。なので、その名に引きずられて、というのは的を得ているように思います。先生のご指摘の様に時期もぴったり合っていますしね。
 それにしても、「エデンの東」は良い映画でしたね。自分の出自に悩む青年をジェームス・ディーンは見事に演じていましたし、その容貌にもよくマッチしていました。

 と、ジェームス・ブラウンと言えば、『ゲロッパ』ですね(笑)。「○○X MACHINE」(スパム・コードに引っかかるようなので伏字にしました)という曲の中の「get on up」という、歌詞というか、掛け声です。我々の間でも結構はやった”流行語”です
2020年06月28日 13:24
あきあかねさん
こんにちは。再度書いていただきすみません。
実は…ジェームス・ディーン(ジェームズ・ディーン)の作品は見ていないんです。食わず嫌いならず,見もせず嫌いというか,どこか避けていたところがあります。「理由なき反抗」なんて見たら人生変わっちゃうんじゃないかって勝手にタイトルだけで避けていました。時間が出来たらゆっくり見てみたいです。
ジェームス・ブラウンでいちばん馴染みがあるのは Living in America かなあ。