「ものもらい」って何て言う?

前回,切り傷などに貼る「バンドエイド」の呼び方について書きました。 今回は目のデキモノ「ものもらい」についての短い記事です。 「ものもらい」は病名では「麦粒腫」と言うようです。 大辞林から・・・ もの-もらい【物貰い】 瞼(マブタ)にできる小さな腫れ物。麦粒腫(バクリユウシユ)。 東日本では「ものもらい」…
コメント:2

続きを読むread more

指を切ったら何を貼る?

前回,包丁でトマトを切るという俳句について書きましたが,誤って指を切ってしまったら何を貼りますか? きっとこれですよね。 みなさんは,上のものを何と呼んでいますか? 私は仙南(宮城県南部)の出身ですが,子どものころは「カットバン」という言い方が一般的で,「リバテープ」という言い方もした記憶があります。 でも,…
コメント:10

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (414) 注文の包丁届きトマト切る

日曜日は俳句の紹介と英訳。 今年の梅雨は長く,また局地的に大雨をもたらしたりしています。 これは1週間ほど前の仙台で,梅雨らしい空が広がっています。 でも,「梅雨晴間」という季語があるように,時として夏らしい空や雲を見せることもあります。 これは7月1日の夕暮れ。 これは3日前,23日の空。夏らしい入道…
コメント:2

続きを読むread more

D言葉って・・・?

日本のプロ野球に遅れること約1か月,メジャーリーグも無観客ですがやっと開幕しました。 プロはともかく,このコロナ禍で高校ではインターハイが中止になっています。 甲子園やインターハイ中止をあの段階で決定したのは,私はやむを得ずある意味当然だと思います。 それでも・・・ということで代替の大会や試合が行われ,部活動の締めくくりが…
コメント:0

続きを読むread more

「飲み回し」って言う?

私の好きな飲食店のシステムに「ドリンクバー」があります。 一定の料金でいろいろな飲み物が飲み放題! (写真はイメージでネット上から) とは言っても,ほとんどコールドの「紅茶花伝」しか飲まないんですが(笑)。 先日ある中華系の全国チェーンに行ったら,ドリンクバーについて,こんな注意書きが・・・。 「飲…
コメント:2

続きを読むread more

ある日 森の中 クマさんに出会ったら・・・

先週,中国の貴州省の村で起きている不思議な出来事について書きましたが,谷間から聞こえてくる龍の鳴き声のような音はその後どうなったか,伝わってきません。 このニュース,ラジオで爆笑問題の田中さんが言っていたんですが,今週また,田中さんがおもしろいニュースをラジオで話していました。 森の中でクマに出会ってしまった女性たち…
コメント:2

続きを読むread more

街の中の異国

ちょっとした記事です。 前回,仙台にあるコーヒー豆屋さんについて書きましたが,その看板はオランダの芸術運動につながっていました。 今回は今まで撮った写真の中から,異国情緒あるものを紹介します。 日本人はカレー好きだからか,インド料理はよく見かけます。 インドとネパールの両国名を書いているお店も。 …
コメント:2

続きを読むread more

「デ・ステイル」とは?

仙台市青葉区の大町というところを通るたびに気になる店構えの店舗があります。 青に黄色に赤の看板,何のお店なんでしょう? 6月末の写真です。 何か文字が書いてあります。 DE STIJL KOFFIE 英語っぽくないですね。ドイツ語? 拡大して見てみましょう。 「デ・スティル コーフィー」 …
コメント:2

続きを読むread more

ポール・オースターと村上春樹 ~「嘘のような本当の話」について~

最近,新潮文庫から新刊が出たことで,アメリカの作家,ポール・オースターに興味を持ちました。 ブルックリン・フォリーズ (新潮文庫) - ポール・オースター, 柴田 元幸 現在平日は忙しく,長編はなかなか読めないので,いろいろ調べてみるとエッセイ集「トゥルー・ストーリーズ」の中の「赤いノートブック」というエッセイが名作らしい。…
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (413) 校庭に映画はじまるまでの蝉

日曜日は俳句の紹介と英訳。 映画音楽の巨匠モリコーネ氏のことについて書いてきましたが,私は映画は総合芸術だと思っていますし,今でも娯楽の王様ではないかと思うのです。 でも,昨今のコロナ禍でその営業は厳しいものがあるのではないかと想像できます。 そんな中,密を避けるために,屋外のドライブイン・シアターが見直されているようです…
コメント:4

続きを読むread more

エンニオ・モリコーネ(3) I Knew I Loved You

映画音楽の巨匠,エンニオ・モリコーネ氏ですが,なぜかずっとアカデミー賞の受賞はありませんでした。 でも,それはあんまりだということでしょうか,2007年の第79回アカデミー賞で名誉賞を受賞しました。 名誉賞を受賞するほどのマエストロですが,彼の音楽を愛してやまないクエンティン・タランティーノ監督はぜひ巨匠に「作曲賞」をとらせ…
コメント:0

続きを読むread more

エンニオ・モリコーネ(1) セルジオ・レオーネ作品

先週7月6日,映画界の悲しいニュースが入ってきました。 セルジオ・レオーネ監督の西部劇(いわゆるマカロニウエスタン)の「荒野の用心棒」の音楽などで知られる,エンニオ・モリコーネ氏 Ennio Morricone が亡くなりました。 6月末に転倒し大腿骨を骨折し,ローマの病院に入院していたそうです。91歳でした。 モ…
コメント:2

続きを読むread more

中国貴州省で龍の鳴き声?

あるラジオで聞いた珍事件です。 中国の貴州省の堅強村という村の谷間から奇妙な音が聞こえてくるというのです。 牛の鳴き声のような奇妙な音は先月,6月26日から聞こえるようになり,たいていはお昼ごろから始まるそうです。 まずは動画をご覧ください! 堅強村の村人たちが,この怪音について政府に報告すると,政府関係者だ…
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (412) 美しい数式になるみずすまし

日曜日は俳句の紹介と英訳。 前々回,数学の「xの2乗」について書きましたが,「数式」という言葉を用いた数学的な俳句もあります。 美しい数式になるみずすまし  中山 美樹 (うつくしいすうしきになるみずすまし) 中山美樹氏は1947年新潟生まれ。1990年紫の会入会。1995年「紫」新鋭賞受賞。1997年「紫」山紫賞受賞。…
コメント:0

続きを読むread more

local news(3) ホテルメトロポリタン仙台イースト その後

短い記事です。 5月にJR仙台駅東口にあるホテルメトロポリタン仙台イーストの壁面について書きました。 このホテルは新型コロナウイルス感染拡大の影響で臨時休業中で,5月12日から客室のカーテンの開閉で,宮城県の観光PRキャラクターのむすび丸を描いていました。 これは私が5月15日に撮った写真。 これがむすび丸。…
コメント:2

続きを読むread more

xのジジョウ?

まず,みなさんはこの数式を何と呼びますか? 一般的には「xの2乗」(xのニジョウ)と読むのではないでしょうか。 教科書でも「2乗」と書いています。 なぜ,こんなことを書いたかというと,先日ある授業で数学の先生がこんなことを言ったんです。 「昔の先生は,これを『xのジジョウ』という人もいたんですが,…
コメント:4

続きを読むread more

映画「カセットテープ・ダイアリーズ」

昨日の日曜日,緊急事態宣言解除後,初めて映画館に行きました。 映画館はポン・ジュノ監督の「パラサイト」を2度見て以来でしょうか。 映画館はシネコンではなく,どちらかというとマイナーな映画を上映している「フォーラム仙台」。 原田マハさんの小説「キネマの神様」に出てくるような映画館です。 マスクをして中に…
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (411) 飛石のごとくに蓮の浮葉かな

日曜日は俳句の紹介と英訳。 現在は郡市によっては感染対策の一定の基準を満たせば部活動の練習試合が可能です。 昨日は福島県との県境のある中学校に練習試合に行ってきました。 その帰り道には蓮池があります。 蓮はインド原産の多年草。仏教では極楽に咲くとされます。 中には蓮の花が咲いているところもありました。 「蓮の…
コメント:2

続きを読むread more

local news(2) 神割崎に倒木

前回に続きローカルの話題です。 宮城県に神割崎という,まさに神が岩を2つに割ったような名所があります。 これは2013年の6月4日に私が撮った写真です。 この神割崎は石巻市と南三陸町の間にあり,その裂け目が行政区の境ということになります。 この名所に先月21日に珍事が発見されました。 岩の間に松と思われ…
コメント:4

続きを読むread more

local news(1) 資福寺のアジサイ

7月に入って何とか記事を毎日更新しようと思ったのですが,睡眠優先で日が開いてしまいました。 書きたいことはたくさんあるのですが,とりあえずローカルニュース。 「ローカル」は「ユニーク」や「ナイーブ」と同じように日本語の意味が本来の英語と微妙に違う言葉です。 日本語では「地方の」「いなかの」の意味で使われることが多いのですが…
コメント:4

続きを読むread more