Haiku in English on Sunday (509) 南部富士近くて霞む花林檎

日曜日は俳句の紹介と英訳。
前回まで岩手・秋田にまたがる八幡平について書きましたが,帰路には晴れて岩手山がきれいに見えました。

4gosho13.jpg

岩手山は八幡平側からみると,こんな形が見えるんですね。

4gosho14.jpg

いずれにしても,岩手山は「南部富士」とも呼ばれ,岩手の人に愛されています。

盛岡出身の俳人と言えば,山口青邨です。


南部富士近くて霞む花林檎  山口青邨
(なんぶふじちかくてかすむはなりんご)

山口青邨.jpg

季語の「花林檎」は「林檎の花」のことで,春の季語が基本ですが,夏の季語としている書物もあります。

春から夏にかけて,南部富士が近くに見えて,そして一面薄く霞んでいたのでしょう。

同じ岩手出身の石川啄木の歌を持ち出すまでもなく「ふるさとの山のむかひていふことなし」ですが,それをあえて言葉にするのが俳人・歌人の仕事です。


では,英訳してみます。

南部富士近くて霞む花林檎俳句  山口青邨

Mt. Iwate looks
Very close and hazy
Blossoms of apple trees



昭和10年の作だそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2022年05月22日 08:07
おはようございます。

 岩手山は見る方角によってさまざまに姿を変えるんですよね。盛岡に住んでいた時は毎朝の様に岩手山を眺めていました。
 或る時は雄々しく、或る時は嫋やかに。或る時は叱りつけるようであり、或る時は励ますようであり…
 岩手県民にとっての岩手山は正に『ありがたきかな』ですね。
2022年05月23日 05:12
あきあかねさん
おはようございます。
盛岡に行くと街なかからこんなにきれいに岩手山が見えるんだと驚きます。こんな山を少年・青年期に毎日見ていたら啄木や賢治や金田一京助や山口青邨や新渡戸稲造が育っていくのもわかります。総理大臣も何人も出るはずです。