テーマ:海外トピックス

We Can Do It!

前回,朝ドラから,直接戦闘に加わらない一般国民を表す「銃後」という言葉について書きました。 ブロガーのあきあかねさんからアメリカの国防婦人会や勤労奉仕について質問がありました。 私はそのことは詳しくないのですが,当時のアメリカの「銃後」の労働意欲を高揚するためのポスターについて書きます。 そのポスターとはこれで,We Can …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

踊る歩行者信号機!?

前回,日本の歩行者用の音響装置付信号機について書きました。 これは仙台市内のある歩行者用信号機。現在。赤(止まれ)です。 もし,この赤信号の人が踊り出したら,どうですか? そんなことはないって? 実は世の中には人物が踊り出す信号機があるんです。 2014年7月,ポルトガルのリスボン・・・ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ある日 森の中 クマさんに出会ったら・・・

先週,中国の貴州省の村で起きている不思議な出来事について書きましたが,谷間から聞こえてくる龍の鳴き声のような音はその後どうなったか,伝わってきません。 このニュース,ラジオで爆笑問題の田中さんが言っていたんですが,今週また,田中さんがおもしろいニュースをラジオで話していました。 森の中でクマに出会ってしまった女性たち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中国貴州省で龍の鳴き声?

あるラジオで聞いた珍事件です。 中国の貴州省の堅強村という村の谷間から奇妙な音が聞こえてくるというのです。 牛の鳴き声のような奇妙な音は先月,6月26日から聞こえるようになり,たいていはお昼ごろから始まるそうです。 まずは動画をご覧ください! 堅強村の村人たちが,この怪音について政府に報告すると,政府関係者だ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

If you build it, he will come. 

前回,原田マハさんの小説について書きましたが,その中で映画「フィールド・オブ・ドリームス」について触れました。 フィールド・オブ・ドリームス [DVD] - ケビン・コスナー, エイミー・マディガン, ジェームズ・アール・ジョーンズ, フィル・アルデン・ロビンソン ケヴィン・コスナー主演のこの映画,ケヴィン演じるレイ・キンセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スニーカーに漢字!?

前回は宮城県の観光PRキャラクターのむすび丸について書きました。 むすび丸は伊達政宗の兜を模した三日月の兜をかぶっています。 この三日月って,どこかナイキのマークに似ていないですか? ちょっと強引な導入ですみませんが(笑),こちらはナイキのスニーカー。 漢字が書いてありますが,「輪」と「道」。なぜ漢字? …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スパイ大作戦とビートルズがコラボ!?

今年のGWはコロナ対策で学校に詰めた日もありましたが,買い物以外は家にいるのが基本でした。 そこで自宅で何本か映画を見ました。 今年のアカデミー作品賞を受賞した「パラサイト 半地下の家族」は受賞前と受賞後に2度見ましたが,その後コロナ禍で映画館は閉鎖。そこでこの映画の監督のポン・ジュノ作品をDVDで2つ見ました。 また,先日は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ボノボの能力 カンジ,妹のパンバニーシャ,その息子ニョタ

前回から日にちが開いてしまいました。忙しい1週間でした。 前回の続きで,前回のテレビ番組から7年後の2000年に放送された番組から。 番組名は「カンジとパンバニーシャ 天才ザルが見せた驚異の記録」。 (この動画がいつまでアップされているかはわかりません。) この番組では前回取り上げた類人猿ボノボで英語を理解するカンジ,そ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ボノボのカンジ 言葉を持った天才ザル

前回はゴリラのココの手話について書きましたが,今週書いてきた動物の能力の話も終わりです。 最後に書くのはアフリカ中央部に棲む霊長類ボノボ,別名ピグミーチンパンジー。 人間にもっとも近いサルとも言われます。 カンジ(Kanzi)というオスのボノボがいます。 これは,私の本棚にある本,「カンジ 言葉を持った天才ザル」…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

手話を使うゴリラのココ(2)

1000語以上の手話と2000語の英語を理解するというゴリラのココに関する英文の続きです。 Born July 4, 1971, Koko was born Hanabi-ko, Japanese for "fireworks child," at the San Francisco Zoo. Researcher Franc…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

手話を使うゴリラのココ(1)

人間が動物の中で最高の知能を持つとすれば,それは言語を獲得し,感情や思考を表現できるようになったからだと思われます。 では他の動物には言葉を操ることは不可能なのでしょうか? 私はアメリカで育ったゴリラのココが手話を用いたことを,地元のFMラジオでレギュラー番組を持つ僧侶の塩沼亮潤大阿闍梨の話の中で知りました。 手話を操ると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファウルボールをとった少年

大谷選手の緊急手術とかイチローさんの引退セレモニーとかメジャーリーグの大きなニュースが入ってきています。 私は毎日BSで放送している「ワースポ×MLB」という番組を録画してチェックしています。 あまり報道されていないと思われる先週のおもしろトピック。 この少年,ブランドン君は野球観戦に来てファウルボールをキャッチしたんですが,…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

仮装大賞「ピンポン」とペプシのCM

前回,ブルース・リーのヌンチャク卓球(?)の記事を書いて あることを思い出しました。 それはテレビ番組の「仮装大賞」の第69回(2003年)の優勝作品 「ピンポン」です。 この作品はあまりにも優れているということで,公式HPだけでなく 海外では映画「マトリックス」の名前をとって Matrix Ping Pong と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北斎! Hokusai!(4) ロンドンの路地裏の壁画

前回は北斎の「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」について少し 書きましたが,この絵は海外では Great Wave と呼ばれ, 世界で最も複製された絵画とも言われているそうです。 ロンドンのテムズ川の南,キャンバウェルのドミニク・ソーズ氏宅 には20年前から,裏の壁一面に北斎の 「大浪」が描かれています。 ドミニク・ソー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ママチャリ」 in USA

ロンドンの「ママチャリ」について過去2回書きましたが, アメリカの「知恵袋」のようなサイトにこんな質問を見つけました。 Where can I buy a mamachari in the US and Canada? アメリカやカナダでは,どこでママチャリを買うことができますか? 普通に「ママチャリ」を使ってい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ママチャリ」 in London(2)

前回,ロンドンに「Mamachari」という自転車屋さんがあることを 書きました。もちろん日本語の「ママチャリ」から来ています。 「柿の種」のパッケージの裏側の「こばなしのたね」で知りましたが, もう少し詳しく調べて,複数のサイトからわかったことです。 前回,Mamachari Ltd が2012年に設立されたこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ママチャリ」 in London(1)

自転車の話を続けています。今日は「ママチャリ」の話です。 日本ではシティ・サイクルがよく「ママチャリ」と呼ばれています。 ・・・その前に「柿の種」の話(笑)。 亀田製菓の「柿の種」ってありますね。スーパーで購入できます。 新潟に行ったとき,いろんな味のものを売っていて驚きました。 現在,「柿の種」の裏には「こば…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ETが乗った自転車は日本製!

前回に続き,道路交通法のことですが,今年の6月には自転車の 危険防止のための講習などの規定が整備されました。 少しだけ自転車の話題を続ける予定です。今日は映画から。 自転車が出てくる映画で思い出すのは古くは「自転車泥棒」。 ハラハラしました。 でも,私のいちばんはスピルバーグ監督の「E.T.」です。 自転車は…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

ALL RISE!!

BSの「ワールドスポーツMLB」という番組を録画してみています。 今年のメジャーリーグ(MLB)は新人が大活躍しています。 中でもニューヨーク・ヤンキースのこの新人選手は, 現在ホームラン50本で,新人としての新記録の打ち立てました。 彼の名前は,アーロン・ジャッジ。 彼が打席に入ると,こんな文字がスタンドに掲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (264) 慌ててもハナミズキ散るニューヨーク

日曜日は俳句の紹介と英訳。 ニューヨークの自由の女神から記事を書いてきましたが, ニューヨークと俳句は少しばかり関係があります。 まず,鷹羽狩行氏のニューヨークで読んだ一句は代表的な海外吟。 「摩天楼より新緑がパセリほど」 これについては過去記事で → こちら そして,ニューヨーク市交通局が交通安全キャンペーンとして…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

immaculate inning とは,どんなイニング?

高校野球に世界陸上にスポーツ観戦は楽しいものです。 毎日のようにチェックするのがBSのメジャーリーグのまとめ番組。 先週,ボストン・レッド・ソックスのポーセロ投手が記録を作りました。 これは,その試合に関する記事の見出し。 Porcello turns in immaculate inning vs. Rays …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナバホ族と日本の意外な関係

前回はアメリカの先住民,ナバホ族の言葉について書きました。 ナバホ族の言葉では,「ものを渡す」という動詞は,渡すものの形状 によって11種類に変化するのです。 ナバホ族の聖地,モニュメントバレー。映画「駅馬車」を思い出します。 モニュメントバレーはユタやアリゾナなど」の州をまたいで広がります。 タイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「時間」という概念がないアモンダワ族

前回書いた「サピア=ウォーフの仮説」は「言語が思考を規定する」 ということです。 つまり人の考え方は,その人の言語によって違う,というのです。 映画「メッセージ」でこの言葉を知ったあとで,あるラジオで, ブラジルのアマゾン流域にすむアモンダワ族を知りました。 調べていくうちに,こんな海外のサイトに出会いました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アメリカにある地名 Japan の意外な由来

前回はその名前が世界的に知られ,英単語にまでなった日本人 について書きました。そこで思いついたのが・・・ アメリカには「Japan」という地名はないのか? もちろん世界にあちこちにある「チャイナタウン」同様の 「ジャパンタウン」は除きます。これはけっこうあるようです。 単なる「Japan」という地名はないのか? …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

素朴な疑問(8) 大リーグがピンク一色に?

これは大リーグの審判の写真ですが,マスクやリストバンドがピンク! 派手好きな主審なんでしょうか? と思いきや・・・ この写真ではピッチャーもキャッチャーもバッターも主審もピンク! こんなユニフォームの大リーグありましたっけ? よく見ると,シューズやバットもピンクですね。 ピンクのバット。 ボール…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3枚のDVD(1) 「イルカと少年」

最近忙しいというか慌ただしいというか,やっと記事を更新します。 今年に入って(もう3月も終わりですが)見たDVDについて書きます。 今日は「イルカと少年」(原題 Dolphin Tale)です。 イルカと少年 [DVD]ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 2015-12-16 Amazonアソシエイト by な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「八十日間世界一周」の旅 (7)エリザベス・ビスランドが見た日本

前回,「八十日間世界一周」の旅をネリー・ブライと競った エリザベス・ビスランドが書いた本から富士山についての文章と 後の小泉八雲,ラフカディオ・ハーンとの交流について書きました。 時間がなくて,エリザベスが描いた日本については書けなかったので, 彼女の旅行記「In Seven Stages: A Flying Trip Ar…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「八十日間世界一周」の旅 (6)エリザベス・ビスランドと日本と

「八十日間世界一周」の旅に挑んだ2人の記事も今日が最後です。 ネリー・ブライとエリザベス・ビスランドの競争は4日の差で ネリーが先に世界一周を成し遂げました。 ネリーがその旅行記を本にしたことは前回紹介しましたが, 今日はエリザベスのその後の話です。 エリザベスもまた,彼女の旅行を一冊の本にしました。 In Se…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「八十日間世界一周」の旅 (5)ネリー・ブライと日本と

小説の「八十日間世界一周」よりも短く,72日間という驚異の速さで 世界一周を成し遂げたネリー・ブライが熱烈な出迎えを受けたことは 言うまでもありません。もちろん当時の世界記録だそうです。 ネリーはその旅行記を本にまとめました。 その名もずばり「72日間世界一周」 (Around the World in 72 Days)。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「八十日間世界一周」の旅(4) ネリーとエリザべスの「競争」

ジュール・ヴェルヌの小説「八十日間世界一周」にように本当に 80日間で世界一周ができるかを競った2人の女性。 ネリー・ブライはニューヨーク・ワールド紙の願いを背負い, エリザベス・ビスランドはコスモポリタン誌の威信を背負い ニューヨークを旅立ちました。 時は1889年11月14日。 ネリーは東回りで船で,エリザベスは西回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more