テーマ:人物

Haiku in English on Sunday (439) 天の下人の小さきとんどかな

日曜日は俳句の紹介と英訳。 先日14日には宮城県では「どんと祭」と呼ばれる行事が行われ,多くの神社で松飾りなどを燃やす行事がありました。 これは近所のどんと祭の様子。 俳句の新年の季語としては主に「左義長」と呼ばれ,他には「どんど」「とんど」「飾り焚く」「注連焚く」などがあります。 松飾りや注連飾り,書初めなどを集め…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (438) 朝凍つるあの日に戻る心あり

日曜日は俳句の紹介と英訳。 明日は成人の日ですが,多くの式典は今日行われるようですが,コロナ禍のために中止や延期もあるようです。 素朴な疑問なのですが,市町村は成人の日の式典を必ず行わなければならないものなのでしょうか? どこかに明文化されているのでしょうか? 成人の日の句はこれまでに何度か書いてきたので,今回は今年の異…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

5万回斬られた男 福本清三さん 亡くなる

まだ松の内ですが,残念なニュースが入ってきました。 8年ほど前に記事にした役者「5万回斬られた男」こと福本清三さんが元日に亡くなりました。 こちらがニュース映像。 「探偵ナイトスクープ」で取り上げられ,その後「徹子の部屋」や「にんげんドキュメント」などにも出演します。 詳しくは私の過去記事で → 5万回斬られた男…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (437) 売初や町内一の古暖簾

日曜日は俳句の紹介と英訳。 今日3日は日曜日なので,明日はもう仕事始めです。 みなさんはどのような三が日をお過ごしでしょうか。 これは元日の東北最大級のショッピングセンターの「初売り」。 けっこう人が出ていました。 通常,仙台中心部の初売りは昨日の1月2日。 今年はコロナ禍で福袋を予約制にしたり密を避けている…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (436) 下駄買うて箪笥の上や年の暮

日曜日は俳句の紹介と英訳。 年の瀬ですね。言うまでもなく「年の瀬」「年の暮」「年末」「年の果」はこの時期の季語です。 これは昨日のコストコ富谷店。富谷は仙台の隣の市。 開店間もないのに,もう駐車場はいっぱいです。 (妊婦さんとご高齢者は開店前に買い物ができる時間帯があります。) 店内は年末年始の買い物で大賑…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

黙字の名字(2) 服部

前回の「伊達」の「伊」にような,書くのに発音しない文字「黙字」について書きましたが,そのときに書いた支倉常長は別の名前を支倉六右衛門とも言います。 「六右衛門」は「ろくえもん」と読みますが,この「右」も黙字で発音しません。 大泥棒「石川五右衛門」の「右」も発音しません。 昔は「ごうゑもん」で「ゴウウェモン」のように…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

黙字の名字(1) 伊達

英語を教えていて,生徒が苦労すること,そして教える側も説明に苦労するものに「黙字」があります。 「黙字」とは書くのに発音しない文字のことです。 例えば, know, Wednesday, write, climb, island, psychology, receipt.... 挙げればキリがありません。 1つ1…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (435) 夕焼けてなほそだつなる氷柱かな

日曜日は俳句の紹介と英訳。 去年は雪かきをするほどの降雪はほとんどなかったと記憶しているのですが,仙台の特に西部では,今年はいきなり大雪の1週間です。 今日も降っています。何度雪かきしていることか。 近所ではさっそくこんなつらら(氷柱)を見ました。 (氷柱はもっと寒くなる1月や2月という印象があるのですが。) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (434) 遠山に日の当りたる枯野かな

日曜日は俳句の紹介と英訳。 天気予報によると,こちら仙台も今晩,あるいは明日以降,雪が舞うかもしれません。 これは11月末の泉ヶ岳の様子。 自分のいるほうは曇っていますが,泉ヶ岳のほうには少し日が当たっています。 遠山に日の当りたる枯野かな  高浜 虚子 (とおやまにひのあたりたるかれのかな) 俳句界の巨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (433) 人参を抜き大山を仰ぎけり

日曜日は俳句の紹介と英訳。 最近,スーパーには年中同じ野菜が並び,季節の野菜という感覚が薄れてきています。 「にんじん」(人参)は冬の季語ですが,年中カレーに入れるし,いつ行っても行儀よくスーパーに並んでいます。 こちらはとれたてニンジン。(Wikipedia からお借りしました。) 人参を抜き大山を仰ぎけり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (431) 金網にボールがはまり冬紅葉

日曜日は俳句の紹介と英訳。 昨日朝早く,仙台市青葉区花壇というところを通ったら,7時台にもかかわらずグランドで何かしています。 銀杏はまだまだきれいで,山には冬紅葉,テレビ塔も見えます。 いったい何をしているのでしょうか? 手に持っているものから考えるとラクロスでしょうか。 このグランドは東北大学評定河…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (430) 落葉無心に降るやチエホフ読む窓に

日曜日は俳句の紹介と英訳。 仙台市泉区古内に賀茂(かも)神社という神社があります。 これは先週の賀茂神社の鳥居。 真っ赤になった楓の葉がきれいです。 これは昨日の別の通り。歩道や路上には落葉が積もっています。 季語で言えば,「紅葉」は秋の季語。「落葉」は冬の季語です。 落葉無心…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

江崎玲於奈氏の5か条

先週,ノーベル物理学賞を受賞した益川敏英さんについて書きました。 子どものころはノーベル賞を受賞した日本人の名前は全員言えたのですが,今はもう何人受賞したのか,そしてそれぞれの名前も覚えきれません。 しかも,受賞した時点で外国籍だったり,日本人というくくりはあまり意味がないのかもしれません。 一応こういう言い方をしますが,日本…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (429) 生きるの大好き冬のはじめが春に似て

日曜日は俳句の紹介と英訳。 今年も残すところあと2か月を切り,昨日は立冬でした。 仙台から見える蔵王連峰には雪が積もりました。 立冬からしばらくの時期は「初冬」ですが,俳句の世界では「しょとう」という言い方は収まりがよくないので,「はつふゆ」と読むことが多いです。 他にも季語としては「冬初め」「冬浅し」などがあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「す」のローマ字表記(3) チャゲ&飛鳥,そして・・・

前回は,ノーベル物理学賞を受賞された益川敏英教授が自分の英語論文における名前の表記を Masukawa ではなく Maskawa としていることを書きました。 益川氏の名前は「マ・ス・カ・ワ」というよりは「マス-カワ」という風に一気に発音され,「ス」については Maskawa という表記のほうが理にかなっている気がします。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「す」のローマ字表記(2) 益川敏英教授

前回,安川電機のローマ字表記 YASKAWA について書きました。 これは仙台にある東北支社の看板。 一方これは偶然見つけた仙台市内の贈り物の店「ナスカワ」。 NASUKAWA と通常のローマ字表記 をしています。 安川電機の YASKAWA のように,「す」SU の U を表記しない例は他にあるのでしょ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (428) 行く秋や思ひ返して出さぬ文

日曜日は俳句の紹介と英訳。 早いもので今日から11月。今度の土曜日は立冬です。 でもここ仙台はこれからが紅葉が見ごろで,秋が深まるという感じです。 そんな中,昨日部活帰りに宮城県美術館に行ってきました。 「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」が今日11月1日で終了。 1度来たのに休館日で,ぎりぎり間に合いました。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (427) 父がつけしわが名立子や月を仰ぐ

日曜日は俳句の紹介と英訳。 1週間前は尾崎放哉の自分と母に関する句について書いたので,今日は父との関係についての句です。 高浜虚子の次女として生まれ,ときには「天才」とまで称される星野立子の一句です。 父がつけしわが名立子や月を仰ぐ  星野 立子 (ちちがつけしわがなたつこやつきをあおぐ) 「現代俳句 上」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (426) 漬物桶に塩ふれと母は産んだか

日曜日は俳句の紹介と英訳。 前々回,タモリさんや萩本欽一さんの「仕事」に対する考え方について書きました。 ショービジネスの世界ではチャンスをつかめる人はごくわずかだと思います。 仕事についてこんな一句があります。 自由律俳句の代表のような尾崎放哉の句で,彼の句はおそらく3度目です。 漬物桶に塩ふれと母は産んだか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タモリさんの仕事論

最近ある研修会でタモリさんの言葉を聞きました。 最近のタモリさんは肩の力を抜いた芸風で「ブラタモリ」で活躍中です。 ブラタモリ 3 函館 川越 奈良 仙台 - NHK「ブラタモリ」制作班 タモリさんは「笑っていいとも!」で「同一司会者による生放送バラエティ番組の最多エピソード数」Most live TV episo…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3ボールから始まった完全試合

前回,日本プロ野球初の完全試合について書きました。 それは1950年6月28日,青森市営野球場で行われた巨人・西日本戦(4対0)で巨人の藤本英雄投手によって達成されました。 残念ながら,この試合の写真は残っていませんが,記念碑が建っています。 西日本という球団は翌年西鉄に吸収合併された球団。 北海道遠征から青森入りし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野球と完全数

前回,元プロ野球選手の江夏豊さんの俳句について書きました。 Wikipedia によれば,江夏さんは阪神タイガース入団時のみ背番号71を着けましたが,後に球団から1,13,28のどれかを自身の背番号として着けることを勧められました。 1は「ライバルの鈴木啓示と番号が被る」,13は「なんとなく縁起の悪い数字」という理由…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (425) 浜風に一喜一憂若き日々

日曜日は俳句の紹介と英訳。 昨夜から何度もパソコンがシャットダウンし,やっと回復しました。 短く書きます。 浜風に一喜一憂若き日々  江夏 豊 (はまかぜにいっきいちゆうわかきひび) 元プロ野球選手,江夏豊さんの俳句を取り上げるのは2度目。 過去記事は → こちら 今日の一句は坪内稔典著「俳句い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (424) 秋の雲ちぎれちぎれてなくなりぬ

日曜日は俳句の紹介と英訳。 10月に入って秋を感じることが多くなってきました。 以下はすべて昨日私が撮った写真。 本来は秋の季語らしく自然の朝顔は今でも盛りです。 カンナも秋の季語。 彼岸は過ぎましたが彼岸花(曼殊沙華)。 コスモス。和名は秋桜(あきざくら)。 すすき(薄…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (423) 人それぞれ書を読んでゐる良夜かな

日曜日は俳句の紹介と英訳。 最近,盛岡に行く機会がありました。これは岩手銀行赤レンガ館。 今回初めて訪れた石川啄木新婚の家。 歩いていける距離にマスクをした宮沢賢治がいました。 盛岡出身の俳人と言えば山口青邨です。 私は青邨の流れをくむ結社の句会で俳句を勉強していたので,私にとっては大先…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (422) 涼新た居間に広がる子の線路

日曜日は俳句の紹介と英訳。 最近は朝晩,涼しさ感じます。 「涼し」は夏の季語で,暑さの中に一点の涼しさを求めて使われますが,本当に涼しいのは秋。 秋の季語としては「新涼」「涼新た」「秋涼し」などがあります。 涼新た居間に広がる子の線路  谷口 摩耶 (りょうあらたいまにひろがるこのせんろ) 谷口摩耶(たにぐちまや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (421) 稲妻や白き茶わんに白き飯

日曜日は俳句の紹介と英訳。 厳しい残暑が落ち着いたかと思ったら不安定な天気が続いています。 急に稲光が光ったり,豪雨の中運転するのはちょっと怖いです。 俳句では「雷」は夏の季語で雷鳴がとどろき,よく雨を伴います。 「稲妻」「稲光」はその光が稲を実らせるとされ,秋の季語とされます。 稲妻や白き茶わんに白き飯 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (420) 街燈は夜霧にぬれるためにある

日曜日は俳句の紹介と英訳。 9月に入ったと思ったら,近くのツタヤでは夏の文庫本フェアが取り払われ,そこには来年の手帳が並び始め,ちょっと驚きました。 夜になると涼しさを感じるし,虫の声も聞こえてきます。 先日,昼と夜の気温差のせいか,ビルの上の方が霧にかすんで見えました。 微細な水滴が空中に浮いているものを霧と言…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (419) 西瓜食べながら語れるほどの恋

日曜日は俳句の紹介と英訳。 最近スーパーからスイカ(西瓜)が日ごとに少なくなっているように感じたので,聞いてみるとスイカの旬はもう終わったのだそうです。 ですからあまり入荷もせず,売っているものも値段は高めです。 でも,仙台から山形へ向かう県道沿いのある店では,まだまだスイカの名産地・尾花沢市のスイカがたくさん売られています。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (418) 秋暑しあとひとつぶの頭痛薬

日曜日は俳句の紹介と英訳。 まだまだ暑い日が続いています。 暦の上では秋でも,まだこんな夏らしい雲が見られます。 「残暑」「秋暑し」は秋の季語ですが,実際は秋分あたりまでが本格的な夏と言っていいでしょう。 秋暑しあとひとつぶの頭痛薬  岬 雪夫 (あきあつしあとひとつぶのずつうやく) 「俳句」(2013年…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more