テーマ:人物

Haiku in English on Sunday (426) 漬物桶に塩ふれと母は産んだか

日曜日は俳句の紹介と英訳。 前々回,タモリさんや萩本欽一さんの「仕事」に対する考え方について書きました。 ショービジネスの世界ではチャンスをつかめる人はごくわずかだと思います。 仕事についてこんな一句があります。 自由律俳句の代表のような尾崎放哉の句で,彼の句はおそらく3度目です。 漬物桶に塩ふれと母は産んだか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タモリさんの仕事論

最近ある研修会でタモリさんの言葉を聞きました。 最近のタモリさんは肩の力を抜いた芸風で「ブラタモリ」で活躍中です。 ブラタモリ 3 函館 川越 奈良 仙台 - NHK「ブラタモリ」制作班 タモリさんは「笑っていいとも!」で「同一司会者による生放送バラエティ番組の最多エピソード数」Most live TV episo…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3ボールから始まった完全試合

前回,日本プロ野球初の完全試合について書きました。 それは1950年6月28日,青森市営野球場で行われた巨人・西日本戦(4対0)で巨人の藤本英雄投手によって達成されました。 残念ながら,この試合の写真は残っていませんが,記念碑が建っています。 西日本という球団は翌年西鉄に吸収合併された球団。 北海道遠征から青森入りし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野球と完全数

前回,元プロ野球選手の江夏豊さんの俳句について書きました。 Wikipedia によれば,江夏さんは阪神タイガース入団時のみ背番号71を着けましたが,後に球団から1,13,28のどれかを自身の背番号として着けることを勧められました。 1は「ライバルの鈴木啓示と番号が被る」,13は「なんとなく縁起の悪い数字」という理由…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (425) 浜風に一喜一憂若き日々

日曜日は俳句の紹介と英訳。 昨夜から何度もパソコンがシャットダウンし,やっと回復しました。 短く書きます。 浜風に一喜一憂若き日々  江夏 豊 (はまかぜにいっきいちゆうわかきひび) 元プロ野球選手,江夏豊さんの俳句を取り上げるのは2度目。 過去記事は → こちら 今日の一句は坪内稔典著「俳句い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (424) 秋の雲ちぎれちぎれてなくなりぬ

日曜日は俳句の紹介と英訳。 10月に入って秋を感じることが多くなってきました。 以下はすべて昨日私が撮った写真。 本来は秋の季語らしく自然の朝顔は今でも盛りです。 カンナも秋の季語。 彼岸は過ぎましたが彼岸花(曼殊沙華)。 コスモス。和名は秋桜(あきざくら)。 すすき(薄…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (423) 人それぞれ書を読んでゐる良夜かな

日曜日は俳句の紹介と英訳。 最近,盛岡に行く機会がありました。これは岩手銀行赤レンガ館。 今回初めて訪れた石川啄木新婚の家。 歩いていける距離にマスクをした宮沢賢治がいました。 盛岡出身の俳人と言えば山口青邨です。 私は青邨の流れをくむ結社の句会で俳句を勉強していたので,私にとっては大先…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (422) 涼新た居間に広がる子の線路

日曜日は俳句の紹介と英訳。 最近は朝晩,涼しさ感じます。 「涼し」は夏の季語で,暑さの中に一点の涼しさを求めて使われますが,本当に涼しいのは秋。 秋の季語としては「新涼」「涼新た」「秋涼し」などがあります。 涼新た居間に広がる子の線路  谷口 摩耶 (りょうあらたいまにひろがるこのせんろ) 谷口摩耶(たにぐちまや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (421) 稲妻や白き茶わんに白き飯

日曜日は俳句の紹介と英訳。 厳しい残暑が落ち着いたかと思ったら不安定な天気が続いています。 急に稲光が光ったり,豪雨の中運転するのはちょっと怖いです。 俳句では「雷」は夏の季語で雷鳴がとどろき,よく雨を伴います。 「稲妻」「稲光」はその光が稲を実らせるとされ,秋の季語とされます。 稲妻や白き茶わんに白き飯 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (420) 街燈は夜霧にぬれるためにある

日曜日は俳句の紹介と英訳。 9月に入ったと思ったら,近くのツタヤでは夏の文庫本フェアが取り払われ,そこには来年の手帳が並び始め,ちょっと驚きました。 夜になると涼しさを感じるし,虫の声も聞こえてきます。 先日,昼と夜の気温差のせいか,ビルの上の方が霧にかすんで見えました。 微細な水滴が空中に浮いているものを霧と言…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (419) 西瓜食べながら語れるほどの恋

日曜日は俳句の紹介と英訳。 最近スーパーからスイカ(西瓜)が日ごとに少なくなっているように感じたので,聞いてみるとスイカの旬はもう終わったのだそうです。 ですからあまり入荷もせず,売っているものも値段は高めです。 でも,仙台から山形へ向かう県道沿いのある店では,まだまだスイカの名産地・尾花沢市のスイカがたくさん売られています。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (418) 秋暑しあとひとつぶの頭痛薬

日曜日は俳句の紹介と英訳。 まだまだ暑い日が続いています。 暦の上では秋でも,まだこんな夏らしい雲が見られます。 「残暑」「秋暑し」は秋の季語ですが,実際は秋分あたりまでが本格的な夏と言っていいでしょう。 秋暑しあとひとつぶの頭痛薬  岬 雪夫 (あきあつしあとひとつぶのずつうやく) 「俳句」(2013年…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

斎太郎節と桑田佳祐 「君への手紙」

前回,ビートルズの「I Am the Walrus」の最後に,ジョン・レノンは日本で聞いた民謡「斎太郎節」を取り入れたのではないかという話を書きました。 「斎太郎節」はいろいろな民謡歌手が歌っているので,ジョンが日本のホテルで聞いていたのがどんな「♪エンヤトット(またはエンヤドット)」かはわかりませんが,その場に居合わせた星加ルミ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「斎太郎節」とビートルズ

8月9日にNHKのFMで4時間にわたる特番「ディスカバー・ビートルズ・サマースペシャル」がありました。 その中で,ビートルズマニアでも知られるミュージシャンの杉真理さんが音楽評論家の星加ルミ子さんと対談するコーナーがあり,とても興味深い話ばかりでした。 星加ルミ子さんは日本人で初めてビートルズの単独会見に成功するなど,現役時…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (417) 玉音を理解せし者前に出よ

日曜日は俳句の紹介と英訳。 昨日は日本にとっての終戦日でした。アメリカ人にとってはドイツとの戦いもあり,また常にどこかの国と戦闘状態にあるので「終戦日」という概念がないと聞いたことがあります。 この時期になると,第二次世界大戦や太平洋戦争を特集した番組がよく放送されます。 今年はNHKのETV特集「“焼き場に立つ少年”をさがし…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (416) マリが住む地球に原爆などあるな

日曜日は俳句の紹介と英訳。 今日は奇しくも長崎原爆投下の日と日曜日が重なりました。 長崎にはこれまで2度訪れたことがあります。 2014年に家族で行ったときは山王神社の近くに宿をとりました。 山王神社は爆心地から800~900メートルの高台にあり,これは朝の散歩途中で撮った鳥居。 この鳥居は一本柱鳥居と呼ば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「じゃ」「じゅ」「じょ」のローマ字表記について(2)

今回,「じゅ」のローマ字表記について言いたかったことを,3日に分けた体裁で書いています。 今日はその3回目,最終回です。 今日は「じょ」のローマ字表記について,ある野球選手の話です。 その選手とは以前もちらっと書いたことがありますが新庄剛志選手。 新庄選手は阪神時代背番号の上に「SHINJYO」とローマ字表記していました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (415) 大杉の真下を通る帰省かな

日曜日は俳句の紹介と英訳。 早いもので8月というのにまだ授業は続き,東北地方は梅雨も明けないのに間もなく7日に立秋を迎えます。 一応基本的には今日が最後の夏の句ということになります。 俳句には不思議な夏の季語「帰省」があります。 実家には正月にも帰るし,お盆は秋にあたります。 でも,進学や就職で郷里を離れた子どもが初め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (413) 校庭に映画はじまるまでの蝉

日曜日は俳句の紹介と英訳。 映画音楽の巨匠モリコーネ氏のことについて書いてきましたが,私は映画は総合芸術だと思っていますし,今でも娯楽の王様ではないかと思うのです。 でも,昨今のコロナ禍でその営業は厳しいものがあるのではないかと想像できます。 そんな中,密を避けるために,屋外のドライブイン・シアターが見直されているようです…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

エンニオ・モリコーネ(3) I Knew I Loved You

映画音楽の巨匠,エンニオ・モリコーネ氏ですが,なぜかずっとアカデミー賞の受賞はありませんでした。 でも,それはあんまりだということでしょうか,2007年の第79回アカデミー賞で名誉賞を受賞しました。 名誉賞を受賞するほどのマエストロですが,彼の音楽を愛してやまないクエンティン・タランティーノ監督はぜひ巨匠に「作曲賞」をとらせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンニオ・モリコーネ(1) セルジオ・レオーネ作品

先週7月6日,映画界の悲しいニュースが入ってきました。 セルジオ・レオーネ監督の西部劇(いわゆるマカロニウエスタン)の「荒野の用心棒」の音楽などで知られる,エンニオ・モリコーネ氏 Ennio Morricone が亡くなりました。 6月末に転倒し大腿骨を骨折し,ローマの病院に入院していたそうです。91歳でした。 モ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (411) 飛石のごとくに蓮の浮葉かな

日曜日は俳句の紹介と英訳。 現在は郡市によっては感染対策の一定の基準を満たせば部活動の練習試合が可能です。 昨日は福島県との県境のある中学校に練習試合に行ってきました。 その帰り道には蓮池があります。 蓮はインド原産の多年草。仏教では極楽に咲くとされます。 中には蓮の花が咲いているところもありました。 「蓮の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (410) 髪洗ふ静かに暮らすとはこんな

日曜日は俳句の紹介と英訳。 このシリーズもお陰様で410回目を迎えますが,この時期は梅雨やアジサイの俳句に偏り気味です。 ということで,これまで扱ったことがないと思われる季語の句について書いてみます。 髪洗ふ静かに暮らすとはこんな  夏井 いつき (かみあらうしずかにくらすとはこんな) 「俳句発想法 歳時記 夏…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (408) 靴買へば米買ひかねつ梅雨の雲

日曜日は俳句の紹介と英訳。 暦の上では立春から135日目が「入梅」で,今年は6月10日が入梅でした。 気象庁の発表でも日本列島の多くがちょうどそのころ梅雨に入ったようです。 こちら仙台(東北南部)は6月11日に梅雨入りしたと見られ,これは昨日の河川敷の様子。 今にも降り出しそうな雲が広がっています。 これも昨日…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (407) 福耳と母がいふ也更衣

日曜日は俳句の紹介と英訳。 昨日,村上春樹さんの新刊「村上T」を買いました。 これは村上家の段ボールに積み上がった膨大なTシャツから108枚の写真と18のエッセイが収められています。 肩の力を抜いた文章がまたとてもいいです。 村上T 僕の愛したTシャツたち - 村上春樹 6月に入り暑い日が続いています。Tシ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (406) てんと虫一兵われの死なざりし

日曜日は俳句の紹介と英訳。 コロナ禍が完全に終息したわけではありませんが,こちらは予備登校を経て,明日から授業が始まるところが多いと思われます。 6月に入学式,新学期なんて経験したことはありませんが,1つ心配なのは暑い中,小学1年生は4月に着る予定だったおしゃれ着を入学式だからと着るのかなあということ。もうTシャツでじゅうぶんです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウクレレの話(2) CDと高木ブーさん

ウクレレの話の後半です。 前回も書いた,私が普段使っている2本のウクレレ。 前回は右側のウクレレについて書きましたが,今回は左側の1本。 これは信頼できる国内メイカーの Famous 社製のものです。 私が2番目に買ったのがこのフェイマス社製。Made in Japan. 初めて弾く人に2万円くらいのフ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ウクレレの話(1) ジェイク・シマブクロ!

ウクレレの話が続いたので,今朝ウクレレの話を改めて書こうとして愕然としたことがあります。 私が敬愛するウクレレ・プレイヤーのジェイク・シマブクロさんについて書こうと思い,写真を撮ったりして記事の構成まで頭の中で出来上がっていました。 もしかして,過去に少し書いたことがあるんじゃないかと心配になって,検索してみて愕然! 2013年の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (404) 目には青葉尾張きしめん鰹だし

日曜日は俳句の紹介と英訳。 次の2枚の写真を見てください。 同じ通称・熊ヶ根鉄橋を撮った写真ですが,上が4月25日,下が5月9日,たった2週間で木々の葉が濃くなったことがわかります。 これは,仙台の朴沢というところにある石碑群の昨日の写真。 藤の花が咲いています。もう少しでもっと濃い色になることでしょう・…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more