テーマ:英作文

six words たった6語の物語(2)

先週書いた記事の「6語詩」の続きです。 6語で1つの物語なり,意見なり,批評なりを表すのがこの six words。 オンライン雑誌 Smith Magazine をはじめ,いろんなところで 見ることができます。 俳句は5・7・5の17音を基本としますが six words は6語の分け方はいろいろあります。 3…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

英語の授業(学習)の小ネタ(5) If でしりとり作文

みなさんは3億円,急に手に入ったら何をしますか? (すでにお持ちの方はすみませんが) 3億円の宝くじが当たった男の話を今読んでいます。 実話ではなく小説ですが,川村元気さんの「億男」という本です。 億男マガジンハウス 川村 元気 Amazonアソシエイト by 川村さんの本は以前 Blue Wind さんの紹…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

西日本新聞 世界最速の新聞配達

毎日,新聞を配達してくれるなんて素晴らしいシステム。 私の家には毎朝5時台に新聞が届きます。 そう言えば,私も小学生のとき新聞配達をしたことがありました。 懐かしいです。 新聞配達をする人は (news)paper carrier 。 特に少年のときは paperboy a boy who delivers new…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

形には意味がある(6) 企業名ロゴ

すべての物の形には意味があるシリーズですが 今日は意味があると言うよりは「秘密がある」という感じです。 前回ウォルマートの会社名とロゴについて書きましたが 今回は企業のロゴについてです。 これは,世界中どこにでも急いで配達しますという FedEX。 実はこのロゴの中にサブリミナルな効果が隠されています。 どこかに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソチ五輪の陰で「やまがた樹氷国体」

ソチ五輪が閉幕しました。 連日,その話題で持ちきりのためか 冬季国体が開かれていることを隣の県ながら知りませんでした。 昨日,山形県上山市にあるスキー場へ向かう途中見た看板。 やまがた樹氷国体 あちこちに競技会場を示す看板や駐車場の案内。 これは関係ないと思いますが道ばたの雪の灯籠。 駐車場の看…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「私は川に泳ぎに行った」を英語で言うと

昨日は I went snowboarding. という英文を書きました。 go + ~ing で「~しに行く」。 ここに入る動詞は娯楽性のある動作や買い物など 何かを探したり集めたりする動作に限られます。 ある日本人が同僚のアメリカ人に Where shall we go drinking?  と聞きました。 ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Looking back on 2013

大晦日です。 早いもので,また一年が終わろうとしています。 過去2年間,大晦日は英語で1年を振り返ってみました。 今年も自分の学習のために英文で書いてみます。 受験生の方にはいい勉強になると思います。 I like movies. I like both Japanese movies and overseas ones.…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

病院の待合室と同姓同名

昨日,人生2度目の胃カメラを体験しました。 最初に書いておきますが,結果はOKでした。 胃カメラ・・・この世にあれほどの苦行がありましょうか(笑)。 車を運転するため安定剤を使わなかったせいもあります。 さて,病院の待合室では結構長く自分の順番を待ちます。 写真はイメージ。 名前を呼ぶ病院が多いと思いますが …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「日本のマチュピチュ」竹田城 ピンチ

昨日見たニュースにはちょっと驚きました。 去年あこがれの兵庫県朝来市の竹田城趾に行くことができましたが その竹田城趾がピンチだというのです。 これは去年の8月に私が撮った竹田城跡。 石垣しか残っていませんが「天空の城」と呼ばれたり 私が勝手に「日本のマチュピチュ」と呼んでいたら 他にもけっこうそう呼ぶ人がいるようです。 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (29) バスを待ち大路の春をうたがはず

日曜日は俳句の紹介と英訳。 こちら仙台も春と冬が拮抗するような でも少しずつ春に近づいているような感じを受けます。 今日は春だと気づいた瞬間の一句です。 バスを待ち大路の春をうたがはず  石田波郷 (ばすをまちおおじのはるをうたがわず) 石田波郷は大正2年,愛媛県松山市生まれ。 明治大学入学,水原秋桜子に師事。「馬…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

manner について

前回は小学生が公共マナーを守った話を書きましたが 公共マナーで思い出すことが一つあります。 それはもうだいぶ前のことですが,カナダでの出来事です。 私は日本からの中学生20人と一緒に バンクーバーからビクトリアに行く大型フェリーに乗っていました。 その旅行は中学生のホームステイが目的で 生徒たちにとってカナダはバ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

新幹線「ごみ一つ落ちてなくて感激」 感謝の手紙

今日はちょっとした話題から。 朝のテレビ番組でも取り上げられていた東京新聞の記事から。 東京新聞  2013年2月13日 埼玉 「ごみ一つ落ちてなくて感激」  清掃担当の女性 手紙で謝意 ごみ一つ落ちていない車内に感激した様子がていねいに書かれた手紙 =毛呂山町で 一月下旬、毛呂山町立川角(かわかど)…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2分の1成人式

「2分の1成人式」という言葉を聞いたことがありますか? 最近,よく小学校で行われているようです。 成人式は20歳を祝う式ですが,その半分の10歳 小学校4年生に将来の目標を持たせるのが主な目的のようです。 はじめこの言葉を聞いたときは,おもしろい企画だなと思いました。 でも,何か引っかかるものもありました。 自分の子…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ロバート・キャパ 「崩れ落ちる兵士」

NHKスペシャルというドキュメンタリー番組があります。 今月の3日,忘れられないNHKスペシャルがありました。 今日は,ずっと書こうと思っていた記事を書きます。 番組名は 「NHKスペシャル 沢木耕太郎推理ドキュメント 運命の一枚 "戦場"写真最大の謎に挑む」 これは,写真家ロバート・キャパの出世作であり代表作で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (28) 春風や闘志いだきて丘に立つ

日曜日は俳句の紹介,英訳。(2週間ぶりです)。 東北は本格的な春はまだですが,日差しに春を感じるときもあります。 今日は,教科書にも載っている有名な一句。 春風や闘志いだきて丘に立つ  高浜虚子 (はるかぜやとうしいだきておかにたつ) *「しゅんぷう」と読む説もあり 人間には本気で立ち向かわないときが人生で何度かある。…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

「東京物語」(3) 紀子三部作 原節子さんのこと

「東京物語」も趣味の世界に入ってきたので最終回。 余談ですが,小津作品には「紀子三部作」というものがあります。 「晩春」「麦秋」「東京物語」。 この3作品に原節子さんが「紀子」という名前で登場するのです。 (もちろん,名前だけで別々の人物です。) 晩春 (1949) 麦秋 (1951) 東京物語 (…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

「東京物語」(2) 蚊取り線香の謎

前回に続き,映画「東京物語」のこと。 小津安二郎監督のこの名作は世界中の人々の心をつかんで離しません。 それは誰もが抱える問題・・・「家族」の問題だからです。 まるで日本の核家族化を予見したような作品。 監督本人は,こう語っています。 「親と子の成長を通じて,日本の家族制度が どう崩壊するかを描いてみたんだ」 …
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

ドナルド・リチーさんと「東京物語」

一昨日のネット上の掲示板で 「ドナルド・リチーさん死去」のニュースが流れました。 はじめ,どこかで聞いたことがあるな,誰だっけ? と思いましたが 記事を読んで,映画評論家だとわかりました。 本棚をさがして納得。 私は彼の本を2冊持っていました。 (普段はカバーを掛けているので表紙は綺麗です。) 増補黒澤明の映画…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

新しいヒロイン 高梨沙羅さん

国内外で話題の女子スキージャンパー高梨沙羅さんについて。 海外のメディアから。 今日の英文記事は比較的読みやすいので 中学生にはいい勉強になりますよ。 Takanashi clinches World Cup title Tuesday, Feb 19, 2013 高梨沙羅 ワールドカップのタイトル確定 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

こんなところにトトロ

この連休中に映画を見ました。 その映画は「ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日」 原題 Life of Pi 。 内容は副題の通り。 トラと漂流した227日の話ですが,そこに至るまでがちょっと長かった。 映像は美しいのですが,ほとんどがCGだとか。 さて,映画つながりで・・・ これまでも何度か記事の中…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (27) 鎌倉を驚かしたる余寒あり

毎週日曜日は俳句の紹介(英訳)。 節分,立春が過ぎ,暦の上では寒が明けたことになります。 でも,それでも襲ってくる寒さのことを余寒と言います。 では,さっそく・・・ 鎌倉を驚かしたる余寒あり  高浜虚子 近現代俳句の巨人,高浜虚子の作品。 余寒というと思い出すのがこの句です。 この写真は去年の5月に私自身が撮っ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Goodbye MD.

今週,時代の流れを感じさせるニュースがありました。 それはソニーがMDの録再生機の出荷を終了するというニュースです。 こちらが,3月をもって最後の出荷となるソニーのMD機器。 SONY MD搭載オールインワンコンポ CMT-M35WM W ホワイトソニー 2007-11-21 Amazonアソシエイト by MDの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Haiku in English on Sunday (24) はにかんだ笑みは変らず成人日

日曜日は俳句の紹介(英訳)。 明日は祝日で成人の日です。 でも,ここ仙台市をはじめ多くの市町村では今日おこなわれるようです。 おそらく式後には同級生が集まり旧交をあたためるのでしょう。 次の日に仕事や学校と考えると,やはり今日がベストなのでしょう。 はにかんだ笑みは変らず成人日  岡敏恵 作者の岡敏恵さんは存…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

Looking back on 2012

今日で2012年が終わります。 去年に続き,英作文の練習を兼ねて 英文で1年を振り返ろうと思います。 中学生(受験生)には英文解釈の練習になると思います。 Last year we had a terrible disaster. At that time I thought that the government wou…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

J.K.ローリングさんの名前の秘密

この時期,私は本屋さんに行くのがとても楽しみ。 それは,この本が発売されるからです。 そしてこの週刊誌も。 通称「このミス」2013年版 このミステリーがすごい! 2013年版宝島社 Amazonアソシエイト by 週刊文春 週刊文春2012年12月13日号文藝春秋 文藝春秋 Amazonアソシエイト …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

星野富弘さんのこと(3) 道徳の授業

星野富弘さんの話の続きです。 本業が忙しく,間が開いてしまいました。<(_ _)> 今日は星野富弘さんの本「愛,深き淵より」 の文章を用いた道徳の授業の話。 さて,本物の(直筆の)星野さんの絵を群馬県まで見に行った私は 宮城に戻り,道徳の授業をしました。 当日は文部省(当時)指定の研究とあって宮城県内外か…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

おはよう靴下

昨日の宮古島の言葉に続き,今日はここ宮城の言葉(方言)。 それは おはよう靴下 ! こんなふうに使います。 「えーっ。今日の宴会はお座敷! 俺,今日,おはよう靴下だよ・・・」 「おじゃまします。 あっ,わたし今日,靴下おはようしてる!」 これは宮城県だけで使われる言葉だそうで 以前,テレビ番組「秘密のケンミン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校受験英作文 「~することは・・・だ」

このブログに来てくれる中学生はどれくらいいるのでしょう。 今日は英作文の考え方です。 「~することは・・・だ」という英作文問題をよく見ます。 そんなときは次の3つを思い浮かべましょう。 問題文 英語を勉強することは大切だ。 まずは2年生で習う不定詞( to +動詞の原形)を使って。 To study Engli…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディズニーのおもてなし

観光地に行ったりホテルに泊まったりする人が多い季節です。 接客業の方は忙しいのではないでしょうか。 よく「おもてなし」の心という言葉を聞きます。 また,昨日はNHKで押切もえさんが 老舗旅館で「おもてなし」とは何かを体験するという 番組を放送していました。 1ヶ月ほど前,新聞の広告につられて,こんな本を読みました。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more